(Baubiologie)          (Architetktur)       (Umwelt medizin)
<<バウビオロギー建築環境医学B.A.U.)会議 in 日本>>
―バウビオロギー―3.11後のライフスタイルの指針としての―
開催のお知らせ
 
 

私たち日本バウビオロギー研究会は、ドイツ・バウビオロギー+エコロジー研究所ノイボイエルン(IBN)の後援を得て、東北大震災後の私たちの価値観の変化と、バウビオロギーの思想を今後のライフスタイルの指針として広く日本の方々に向けて提言するための会議を開催いたします。

 

◆と き:20121123(祝日・金)~25日(日) ※当日の詳細なプログラムは下記をご覧ください。

◆ところ:軽井沢・恵みシャレー(宿泊・食事もこちらです)

住所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1374-5  電話 0267-42-2302

主 催:日本バウビオロギー研究会(BIJ)

後 援:ドイツ・バウビオロギー+エコロジー研究所ノイボイエルン(IBN)

 

◆講師
 ヴィンフリート・シュナイダー(建築家&ドイツ・バウビオロギー+エコロジー研究所ノイボイエルン代表)
 ヨアヒム・エブレ(ヨアヒム・エブレ建築設計事務所)
浦尾 弥須子(日本鋼管病院、こうかんクリニック耳鼻咽喉科部長)

 土田 直樹 (理事/株式会社レジナ代表)

 坊垣 和明 (理事/東京都市大学教授)

 石川 恒夫 (理事/前橋工科大学大学院教授)

 その他

 

◆参加費: 会 員                  20,000円

   通信講座バウビオロギー受講生   10,000円

      一 般                   30,000円

      早割り(1015日までの申込)  17,000円

 ※3日間のご都合がつかない方は、1日券をお買い求めください。

 <1日券(会員/受講生/一般の別なし)> 10,000円

       ※参加費は、全て事前振り込みです。

      ※宿泊費は2泊6食付きで別途20,000円いただきます。

 

◆申し込み方法
  「住所・氏名・年齢・勤務先・電話・メールアドレス・会員/受講生/一般の別」を記入の上、郵便・FAX、又はメールにて事務局まで送信下さい。
  ページ下部にある申し込み用紙をご利用ください。
 
◆お申し込みから受講までの流れ
  1)お申し込みをいただきましたら、メールにて、参加費用と振込先をお知らせいたします。 
  2)ご入金の確認が取れ次第、受講票をお送りいたします。受講票は、会場への入場券となりますので、当日は忘れずお持ちください。
  3)受講票は、参加者氏名入りです。参加される方が変わった場合は、その旨事務局までお知らせください。
 
 
************************************************************
 
◆プログラム(内容に変更がある場合があります)

 

11月23日 金曜 (祝日)

14:00  開会

14:30     【講演1】住まいにおける電磁波対応の現在(土田直樹)

15:30  コーヒー・タイム

16:00     【講演2】環境医学(浦尾弥須子)

17:00     【講演3】エネルギーの未来(坊垣和明)

18:00  夕 食 

19:30     【基調講演1】講師:ヴィンフリート・シュナイダー(通訳あり)
B.A.U.会議の日本開催の意味~環境医学的な視点から

 

11月24日 土曜

09:00     【基調講演2】講師:ヴィンフリート・シュナイダー(通訳あり)
建築デザインとバウビオロギー~

10:30  コーヒー・タイム

11:00     【プロジェクト紹介1】 

12:00  昼 食

14:00     【特別講演1】講師:ヨアヒム・エブレ (通訳あり)
東北の都市再生のために 低炭素都市プロジェクト紹介

15:30  コーヒー・タイム

16:00     【プロジェクト紹介2】 

17:00     ディスカッション・質疑応答 

18:00  夕 食

19:30     フリー・タイム

          *通信教育講座バウビオロギー受講生はW・シュナイダー氏との懇談

 

11月25日(日曜)

09:00     【特別講演2】 講師:ヨアヒム・エブレ(通訳あり)

                  タイトル未定

10:30  コーヒー・タイム

11:00     ディスカッション

食事の後 終了  (恵みシャレーでの日程は終了)

 

午   後 :見 学 会 (費用別途)

 

 

 

 

 

 

【講師紹介】

ヨアヒム・エブレ(1944年生)

19721976 シュトゥットガルト工科大学グートブロート教授、

カメラー教授の助手

19761980 シュトゥットガルト工科大学建築設計講師

1981~   チュービンゲンに事務所開設

1986    ベルリン工科大学客員教授

1991~   ヨアヒム・エブレ・アーキテクチャー

(チュービンゲン&ベルリン)

1994    ヴィンフリート・ブレンネと作業共同体

ARGEQ.Brenne-J.Eble Berlin

19982001 カールスルーヘ工科大学 住居建築のエコロジー

と経済 研究室

 

ヴィンフリート・シュナイダー(1962年生)

建築家、1983年よりIBNの常勤スタッフ。アントン・シュナイ

ダー博士の長男として、研究所の活動に当初より関わる。

家具制作を学び、ミュンヘンの工科専門大学で建築を学び、1990

年より妻、カリンとともにローゼンハイムに設計事務所を設立。

基本設計から監理まで行う。設計活動と並行して、IBNにおけ

る公開・出版事業、教育活動、コンサルタント活動を行う。

実務(設計事務所)と理論(IBN)が理想的に互いを補う。

 創造的な職人仕事の支援、建設現場での明るい雰囲気の創出、

自然と結ばれた、精神的、社会的な建築文化・生活文化の促進を

積極的に行う。

現在、弟ルペルト・シュナイダーと研究所の共同代表。
 
SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser
Ċ
表示 ダウンロード
BAU会議のご案内と申し込み用紙です。ダウンロードしてご利用ください。   296KB v. 2 2012/06/25 3:14 石川恒夫