Home‎ > ‎印判手‎ > ‎

印刷技術の変遷

日本陶磁の印刷技術の変遷

陶磁器への印刷絵付け「明治印判手」が窯業生産に大きな変革をもたらしたのは、手工業的な大量生産を可能にした事だと思う。
その中でも代表的な技法は「型紙絵付け」(型紙摺絵)、「銅版絵付け」(銅版転写)である。
さらに、「吹付絵付け」(吹絵)、「ゴム判絵付け」、「石版印刷」による大量生産が普及し、その後「スクリーン印刷」、「イングレーズ」と印刷技術は手作業による印刷絵付けから機械印刷に変遷し現代に至る。

主な明治期以降、工業的に発展した印刷手法の種類

1.型紙絵付け

文様を切りぬいた型紙を器面にあて、絵具をふくんだ刷毛(はけ)ですりこむ技法です。
耐水性のある紙ですから何度も使用できます。
この技法は江戸時代には既に用いられていますが、継続して使われたわけではなく、江戸後期には中断しているようです。
しかし明治前期に復興され、明治時代を通じて全国の磁器窯で盛んに用いられました。
文様の特色として、長い線は破線で表現されていること、全面をおおう文様には必ず継目の重なりがみられることなどがあげられます。

- 関連資料・書籍(1)「近代の九州陶磁展」から抜粋転記 -  

近代の九州陶磁展から染付型紙摺絵大皿

- 関連資料・書籍(2)「塩田のやきもの」第2回特別展 展示図録から転載 -  

2.銅版絵付け

陶磁器用絵具を用いて銅版印刷し、紙に刷られた文様を器面に写しとる技法です。
この技法は工程を①銅板に彫刻する、②紙に印刷する、③文様を紙から器面へ転写する、の3つに分けられます。
我国での銅版絵付けは、江戸末期に瀬戸や美濃で試みられていますが、大量生産まではいたらず短期間で終わっています。
しかし明治中期に再興され、型紙絵付けと同様に各地の磁器窯で盛んに行われました。
銅版絵付けの文様の特色は、均一な輪郭線による陰影、写しむらなどがあげられます。

- 関連資料・書籍(1)「近代の九州陶磁展」から抜粋転記 -  

銅版絵付け 大阪北野凌雲閣隅切角皿

3.吹付絵付け・吹絵(ふきえ)

絵具を噴霧状にして絵付けする技法です。
道具は金網(かなあみ)と刷毛を利用する簡単なものから、圧縮空気によるスプレー式まで様々です。
しかしいずれもむらのない濃淡の調子を表現するもので、明治後期ごろから手描きと組みあわせて精巧な作品が作られるようになりました。
噴霧によって文様の表現をする場合、その文様以外の部分に絵具がかからないよう型紙などによってふせておく必要があります。

- 関連資料・書籍(1)「近代の九州陶磁展」から抜粋転記 -  

美濃における吹絵は、トタンや銅板を切抜いた文様の型板を器面にあて、その上から金網と吹き刷毛を使って施文を行いました。
これを「振掛け」または「吹き」と言い、明治20年頃には行われていました。
機械吹きによる絵付技法は、明治38年頃西浦氏が米国よりエアーグラフ3本を購入し、機械吹の絵付けを行ったのが始まりとされています。
大正13年頃には関東大震災の復興期にあたり、国内の陶磁器需要は増大し、また東南洋向けの輸出も活況を呈しました。
美濃の陶業界は手描職人の不足による賃金の高騰を呼び、機械吹きによる絵付技法を開発、導入してこれに対応しました。
電気式コンプレッサーによる絵付けが普及するのは、昭和15年以降といわれます。

- 青木 本吉 -  

4.ゴム判絵付け

文様の彫られたゴム印に絵具をつけて押印する絵付け技法です。
上絵付け(うわえつけ)と下絵付け(したえつけ)の両方に用いられます。
我国では明治中期に一部の企業で試用されたようですが、実例は少なく、ワグネルの創始した旭焼には皿の裏にゴム版による上絵付けがみられます。
しかし一般に普及するのは、大正末期から昭和初期です。
ゴム版絵付けは一般に線の部分をゴム印で行ない、このあと面の部分を手描きで絵付けされます。

- 関連資料・書籍(1)「近代の九州陶磁展」から抜粋転記 -  

 明治26年(1893)、大蔵孫兵衛(東京)は、ゴム判(スタンプ)絵付技法を欧米より導入しました。
大正2年(1913)、日本陶器の大蔵和親は欧州視察後、ゴム判の緩衝材として海綿質体の使用法を伝えました。
以来、曲面部絵付への簡易、迅速な対応が可能になり、手描では不可能な精妙な細線による文様が得られる特質を生かして、大正5年頃には、ゴム判絵付技法による生産が各事業所で行われる様になりました。
特に陶磁器産業界の、戦時統制下と復興期の上、下絵付の主流を占めました。
しかし、昭和30年代に入ると、スクリーン転写絵付に転化してゆき、昭和37年をピークにして減少し始め、50年代末頃には最盛期の30%の利用度となりました。

- 青木 本吉 -  

5.石版印刷

多孔質石灰石の吸水性と、水と油の反発性を利用した石版印刷は1798年(寛政10年)ドイツで発明されました。
陶磁器への転写絵付技法として石版印刷を研究、開発したのは、明治34(1901)年、美濃(多治見)の小栗国次郎であるといいます。
銅版のことを「凹版」と呼ぶのに対して、石板は「平昄」といいます。当初はドイツ産の天然の石灰岩が最適の素材として用いられてきましたが、昭和30年以後には軽量で取扱い易い亜鉛板,アルミ板が使われる様になりました。

石版印刷 FINE CHINA FLOWER MEMORY MINAKO
- 青木 本吉 -  

6.スクリーン印刷

この陶磁器上絵印刷技法は、「シルク印刷」、米国では「シルク・スクリーン・プロセス・プリンティング」とも呼ばれており、昭和31年頃から研究開発が行なわれました。
当初は、絹(シルク)をスクリーンに使用(謄写版の原理)して印刷された為にこの名が付いたのですが、やがてナイロン、テトロン等の合成繊維や金網を用いる様になり、シルクを省略して「スクリーン印刷」、「スクリーン転写」が通称となりました。
石版転写が「平昄」と呼ぶのに対してスクリーン転写のことを「孔昄」ともいいます。
昭和37年には、平昄に較べて多色重ねが可能で、画像をより鮮明華麗にする為のアクリル性樹脂で絵具を被覆するカバーコート方式が導入されました。
この転写紙は水に浸すだけで簡単に台紙から絵をスライドさせて器面に貼り付けられるようになり「カバーコート転写」「スライド転写」とも呼ばれ、昭和45年になると、美濃の絵付製品の85%がスクリーン印刷による絵付けが行なわれたといいます。

スクリーン印刷
- 青木 本吉 -  

7.イングレーズ

イングレーズ仕様とは、釉中に拡散して沈む顔料を用いた釉上絵付けの転写を言います。
生釉上への直貼(一度焼イングレ、生イングレ)と、本焼済の製品上に貼る(二度焼イングレ)絵付方法とがあり、本焼成または、それに近い温度(1,100~1,200℃)で絵付焼成を行います。
昭和40年頃より本格生産に入り、耐酸性、耐磨耗性に優れ、食品衛生上の安全性も高い評価を得ていましたが、高温度による二度焼工程は、経費的なハンディを持っていました。

- 青木 本吉 -  

8.タコ(パッドプレス)印刷

この印刷技法が考案されたのは明治40年頃(1907~)といわれ、時計の文字盤印刷等に用いられたといいます。
タコ印刷の機械は「転写体」、「版」、「印刷台」からなり、転写体の形が蛸の頭によく似た、軟らかくて弾力性のあるシリコン樹脂製パッドを使用して「版」から「台上の器物」に文様を印刷することから、通称「タコ印刷」と呼ばれています。
昭和47年(1972)に瑞浪市窯業技術指導所と美濃地域の製陶所と機械メーカーが技術開発に取組み、50年代にはタコ印刷の実用段階に入りました。
曲面、段差加工の器への対応性の良さと、ボカシ、多色刷も可能となり、上絵、下絵付が可能な機械もあり、銅版絵付より数工程が省略できる高能率の絵付のシステムとして完成されました。

- 青木 本吉 -  

9.その他、特殊な絵付け技法

  ・墨弾き
  ・写真印刷

    xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 印刷絵付けの関連情報

  印刷技術が学べる施設・資料館

   ・瑞浪市陶磁資料館  (別ページで開きます)

     地元瑞浪市や東農地方で工業化した近代陶磁の生産技術資料を多数収蔵。

   ・駄知印判館

     地元の駄知村で明治時代に焼かれた印判手を展示した「駄知印判館」がある。
     陶芸家 河合竹彦の清山窯ギャラリーに併設している。
     貴重な陶磁器用型紙や銅版の原版・銅版転写紙・その絵皿を見ることが出来る。

          清山窯・駄知印判館のご案内  (PDF)

          清山窯ホームページ  (別ページで開きます)

 印刷技術の説明関連ホームページ(ウェブサイト)

   ・セラミック九州 やきものの技法 VOL.1 印版(1)-コンニャク版-

   ・セラミック九州 やきものの技法 VOL.2 印版(2)-型紙絵付け-

   ・セラミック九州 やきものの技法 VOL.3 印版(3)-銅版絵付け-

   ・セラミック九州 やきものの技法 VOL.4 印版(4)-ゴム版絵付け- 
                     以上 佐賀県立九州陶磁文化館 鈴田由紀夫

   ・清山窯 駄知印判館の説明パンフレット            清山窯 河合竹彦

   ・皿山遠景・II 移し絵の世界から 先端技術の転写技法
                            有田町歴史民俗資料館 尾崎葉子

 関連資料・書籍

   (1) 明治/大正/昭和 近代の九州陶磁展 佐賀県九州陶磁文化館 
                                                                  1983年10月29日~12月4日

   (1) 明治/大正/昭和 塩田のやきもの 第2回特別展 展示図録 
                                                  塩田町歴史民俗資料館 平成3年11月1日

サブページ (1): 清山窯 駄知印判館