バジリカ建設

バジリカ建設は、元々古代ローマ時代に公共建築物に用いられた建築様式でした。
バジリカ建設は、その後多くの教会堂の基本構成となった建築様式です。
バジリカ建設は、ゴシック建築やルネサンス建築でも基本構成として見られます。
バジリカ建設は、ローマにおける最も重要な公共建築でもありました。
バジリカ建設は、紀元前2世紀に建設されたポンペイの遺構が現在見られる最も古いものとされています。
古代ローマ時代に公共建築物の建築様式として用いられたのは、バジリカ建設です。
多くの教会堂の基本構成となった建築様式は、バジリカ建設です。

バジリカ建設は、長方形の平面を持ち、内部に採光用の高窓と列柱のアーケードを持つ点が特徴的な建築物です。また、バジリカ建設は古代ローマにおける公共建築と、初期キリスト教の教会堂の建築で用いられてきました。

その他に、特権を付与された教会堂として「バジリカ」と呼称する場合もありました。この様に、バジリカ建設は古代ローマやキリスト教と深い関係にあるのです。


バジリカ建設

バジリカ建設建築様式 バジリカ建設教会 バジリカ建設ローマ建 バジリカ建設キリスト教 バジリカ建設東方教会 バジリカ建設円蓋式 バジリカ建設ミストラ型 バジリカ建設長堂式 バジリカ建設basilica バジリカ建設クロスドーム