Hilary Hahn

ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン) Hilary Hahn 

アメリカ、ヴァージニア州レキシントンで生まれたヒラリー・ハーンは、1983年ボルティモアに移り、そこで初めて地元の子ども音楽教室でヴァイオリン・レッスンを受ける。1985年からボルティモアにて、クララ・ベルコヴィチ女史の元で5年間レッスンを受ける。オデッサ(ウクライナ)出身のクララ・ベルコヴィチ女史は、ボルティモアに移住する前、25年間にわたりレニングラード英才音楽学校で音楽に優れた生徒に教えていた。1990年、ボルティモアのLeakin Hallで、彼女は初めてのリサイタルを行う。弱冠10才フィラデルフィアのカーティス音楽院に入学、83歳のヤッシャ・ブロツキー氏に師事する。ブロツキー氏はウジェーヌ・イザイの生存する最後の生徒であった。同年、彼女は初めてラジオ出演も果たす。

  • 1991年:12月、バルティモア交響楽団と、メジャー・オーケストラ・デビューを果たす。

  • 1992年:カーティス音楽院の、教養学科と外国語の学部課程を履修。

  • 1993年:ハンガリーのブダペスト祝祭管弦楽団とヨーロッパ・オーケストラ・デビュー。シュリー・シュル・ロワール・フェスティバルで、のちのリサイタル・パートナーとなるナタリー・シューと共演、ヨーロッパ室内楽デビューを果たす。

  • 1994年:クリーブランド、ニューヨーク・フィルハーモニック、プッツバーグ交響楽団など、アメリカの一流オーケストラと初共演。

  • 1995年:その後4年続くこととなる学業の最初の夏を過ごし、アメリカ ヴァーモント州のマルボロ音楽祭に参加し、講習会や室内楽コンサートに出演。

  • 1996年:J.S.バッハ:無伴奏ソナタ・無伴奏パルティータ集のソロ演奏収録をリリース、この作品は、1997年のディアパゾン・ドール賞に選ばれ、ビルボード誌クラシックチャートを何週にもわたって賑わすヒット作となった。フィラデルフィア管のソリストとしてカーネギーホールにもデビューした。バッハ:ブランデンブルグ6協奏曲をニューヨーク、リンカーン・センター室内楽協会と演奏。

  • 1998年:ボルティモア交響楽団、デヴィッド・ジンマン指揮、ベートーベン:ヴァイオリン協奏曲と、バーンスタイン:セレナーデの録音がグラミー賞ノミネート、ディアパゾン・ドール賞受賞、そして、その数ヵ月後、ドイツのエコー・クラシック賞を受賞。

  • 1999年:カーティス音楽院卒業、音楽学士号取得。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニック、サンフランシスコ交響楽団と初共演。エドガー・メイヤーが彼女のために作曲、彼女にささげたヴァイオリン協奏曲を演奏、録音。

  • 2000年:バーバー、メイヤーによる協奏曲の1999年録音が、ドイツ・シャルプラッテン賞と、カンヌ・クラシカル・アワードを受賞。ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで、BBCプロム「ラスト・ナイト」に、主演ソリストとして初出演。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と日本ツアー。

  • 2002年:ドイツ・グラモフォンと独占契約を結び、ロサンゼルス室内管弦楽団、ジェフリー・カハーン指揮によるJ.S.バッハの4つの協奏曲を録音。
  • アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズとの録音、ブラームスとストラヴィンスキーの協奏曲が、ル・モンド・ラ・ミュージックのショック・アワード受賞、翌2003年

  • グラミー賞受賞。メンデルスゾーンとショスタコヴィッチの作品録音をリリース。

  • 2003年:ドイツ・グラモフォンよりJ.S.:バッハ協奏曲集が秋にリリースされ、高い評価を得る。

  • 2004年:ロンドン交響楽団、サー・コリン・デイヴィス指揮による、エルガーのヴァイオリン協奏曲、ヴォーン・ウィリアムズのあげひばり(2003年末録音)収録の、ドイツ・グラモフォンからのセカンド・アルバム発売。ナタリー・シューとの、モーツアルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナタの録音が控えている。

  • ヒラリー・ハーンの使用ヴァイオリン: J.B.ヴィヨーム1864年製作のヴァイオリン。
  • ヒラリー・ハーン 日本語公式ホームページ
  • ヒラリー・ハーン 英語公式ホームページ
  •    
  • American Hilary Hahn was born in Lexington, Virginia, moved to Baltimore in 1983, violin lessons at music school where local children first. In Baltimore since 1985, under 5 years of lessons Berukovichi Miss Clara. Odessa (Ukraine), Ms. Clara was born in Berukovichi, before moving to Baltimore, had taught music at a music school for gifted students with excellent Leningrad 25 years. 1990, Leakin Hall in Baltimore, she performed the first recital.Entered the Curtis Institute of Music in Philadelphia, he was only 10 years old, a pupil of Jascha Brodsky said 83-year-old. Mr. Brodsky was the last surviving student of Eugene Ysaye. That same year, she also plays the first radio appearance.


    1991: In December, the Baltimore Symphony Orchestra, a major orchestra debut.

    1992: The Curtis Institute of Music, enroll undergraduate liberal arts and foreign languages.

    1993: European orchestral debut with the Budapest Festival Orchestra in Hungary. Sully sur Loire Festival, performing with a partner Natalie shoes after the recital, chamber music debut in Europe.

    1994: Cleveland, New York Philharmonic and Symphony Orchestra Puttsubagu, America's leading orchestras and played first.

    1995: spent the first summer school will be followed four years later took part in the Marlboro Music Festival in Vermont in the United States, appeared in chamber music concerts and workshops.

    Year 1996: JS Bach: Partitas released recording of a collection of solo unaccompanied solo sonata, this work is chosen to award the 1997 Dole Diapazon hit week after week enliven the Billboard classical charts was made. Carnegie Hall debut as soloist of the tube even Philadelphia. Bach: 6 Brandenburg Concertos in New York, playing with the Lincoln Center Chamber Music Society.

    1998: Baltimore Symphony Orchestra, David Zinman conducting, Beethoven: Violin Concerto and Bernstein: Serenade of the Grammy-nominated recording, Diapazon Dole Award, and several months later, the German Echo Classic Award .

    1999: Graduated from Curtis Institute of Music, Bachelor of Music. Berlin Philharmonic, the Los Angeles Philharmonic, San Francisco Symphony Orchestra and played first. Edgar Meyer has composed for her, she played a violin concerto dedicated to the recording.

    2000: Barber's concerto recordings by Mayer in 1999, and Germany Sharupuratten Award, Cannes Classical Award. London's Royal Albert Hall, BBC Prom Night "last", and starring debut as a soloist. Berlin Philharmonic Orchestra Tour and Japan.

    2002: signed an exclusive contract with Deutsche Grammophon, the Los Angeles Chamber Orchestra, conducted by Jeffrey Kahan JS Bach's four concertos recorded.
    Recording and Academy of St. Martin in the Fields, concertos of Brahms and Stravinsky, LA Music Awards shocks Le Monde, in 2003 the next day

    Grammy Award. Works of Mendelssohn and Shosutakovitchi released recordings.

    2003: From the Deutsche Grammophon JS: Concertos was released in the fall Bach, high reputation.

    2004: London Symphony Orchestra, conducted by Sir Colin Davis, Elgar's Violin Concerto, Vaughan Williams's lark give (recorded December 2003) on recording their second album release from Deutsche Grammophon. Natalie and Matthew, Mozart: Sonata is going to record for violin and piano.

    Hilary Hahn, violin Use: JB Production Violin Viyomu 1864.
    Japanese official website Hilary Hahn
    English official website Hilary Hahn



Comments