AutoHotkey_L

概要

AutoHotkey_Lは Lexikos による AutoHotkey の機能拡張版で、以下のような特徴を持っている。

  • オブジェクト(拡張可能な連想配列)
  • 対応クライアントを利用しての対話可能なデバッグ機能
  • ネイティブユニコード対応(ユニコード版のみ)
  • 64ビットサポート(x64版のみ)
  • COMコンポーネント連携機能
  • #If(式) - #IfWinActiveに似ているが、任意の式で条件を指定できる
  • カスタムメニューへのアイコン表示、及びアイコン描画性能の向上

上記を含めたAutoHotkey_Lの機能一覧はこちら

まずは、通常版と比較しての互換性について目を通すのが良いと思われる。

補足

Lexikosによる派生版で公式のものではないが、彼の手による拡張で以下は本家に取り入れられた経緯がある。

  • 関数の動的呼び出し
  • 関数: IsFunc()
  • ホットキーおよびSendの対象としてのWheelLeft, WheelRight
  • ステートメント: While
  • 組み込み変数: A_IsPaused, A_IsCritical
  • 関数内の変数をデフォルトで static にする機能
Comments