イタズラ入札対応手順

取り引き連絡がこなくてイタズラ入札?だと思っても…
1.最初の取引連絡から最長5日間は待ちましょう (落札後の急な事故や、病気、急用など考えられます)
※この間、取引ナビにて何度も呼びかけてください。

↓それでも連絡が無ければ…

2.連絡掲示板から呼びかけます(イタズラ目的でなかった場合ここで、取引連絡が来る場合が多いようです)
※2日間、計3回ほど呼びかけてください。
※連絡掲示板とは 連絡掲示板が取引ナビと異なるのは、投稿内容が公開される点です。
連絡が取れない状況を、ほかの落札者などに伝える手段としても利用できます。


↓それでも連絡が無ければ…

3.評価にて、呼びかける。
連絡用に評価のコメント欄だけを使いたい場合でも評価をつける必要があります。
付けた評価は変更できますが、過去の評価は履歴として残ります。
良い→どちらでもない→悪いと評価を落としていく方法も効果的かもしれません。
オークション終了から120日以内なら、評価を変更できます。
評価を見ると、同じ評価者からの評価は常に最新の評価だけが表示されますが、評価の詳細(過去の履歴)も掘り下げて見る事ができます。

↓それでも連絡が無ければ…(落札から8~10日後)

最終手段です…
4.ここでも反応がないようでしたら落札者の削除をします。
そして即座に、オプションからブラックリストへの登録をしておきましょう
(いたずら入札をしたYahoo! JAPAN IDだけでなく、自動的に同一人物が使っていると推測される別のIDもブラックリスト登録が可能です)
相手に報復評価されるおそれはありますが、冷静に対応しましょう。
※この時落札者都合と出品者都合での削除がありますが、操作を間違えないようにしてください。
誤って出品者都合で削除すると、落札者からという形と、auction_masterからの2つの「非常に悪い」が入ってしまいます。
尚ここでの操作ミスでの評価の変更はできません。
イタズラ入札だと判断した場合は落札者都合での削除を実行してください。
「落札者都合」による落札者の削除〈画像クリックで拡大表示〉
                ↓↓↓↓↓

 落札者を削除しブラックリストへ登録後、補欠落札者を繰り上げました。 〈画像クリックで拡大表示〉

※落札者削除が可能な期間は、落札後42日間となります。

もしも報復評価を受けてしまったら…
明らかにイタズラ入札の場合、Yahooに削除依頼を出せば
オークションページが消える120日以内まで悪い評価を消してくれる可能性はあるようです。

イタズラ落札された商品はどうすればいいの?

①補欠落札者を繰り上げる
落札候補者は落札するか、拒否するかを選択できます。落札する場合、落札価格は落札候補者が入力した最高入札額になります。
補欠落札者が拒否する場合、補欠落札者と出品者のいずれにも評価はつきません。

②何事も無かったかのように再出品
以前は補欠落札者を繰り上げないとYahooより非常に悪いがついていました。
しかし、このシステムによる欠陥で詐欺などが横行し
身勝手なキャンセルのために出品者に重い負担となったため
2009年3月11日より、補欠落札者を繰り上げなかった場合に、出品者へ自動でついていた「非常に悪い」の評価はつかなくなりました。

Yahoo!オークションヘルプ 落札者の削除・繰り上げに関する評価

もしもイタズラじゃなく、落札者の切実な事情だった場合の対処法…
落札者都合の削除を実行後、ヤフオク!より自動的に付いてしまった「非常に悪い評価」は消すことができませんが
この評価を「非常に悪い」から「悪い」までは変更することができます。後はコメントでカバーしてあげて下さい。
落札者の削除をした場合「マイ・オークションのご利用明細→オークションID」からそのオークションページを開くことができます。

もしも落札者から再度取り引きしたいとの連絡があった場合は…
一度付けてしまった評価「非常に悪い」から「非常に良い」に変える方法はあります。
一度付けた評価は消える訳ではありませんが、
ヤフオク!のシステムでは評価は常に最新の情報が一番上に更新されます。
「すべてのコメント・返答を見る 」から掘り下げて見ない限り、表面上の評価は綺麗にすることができます。
このシステムを利用して同じ落札者と再度、取り引きをし「非常に良い」評価を付け合うという方法があります。

参考補足:落札システム利用料について
ヤフオク!は商品が落札された場合
落札価格から5.40%の利用料が出品者にかかるシステムとなっています。
イタズラ入札だった場合でも落札システム利用料締め日までに落札者の削除を行わなかった場合
取引が無事に完了したと見なされYahoo!により強制的に落札総額の5.40%(税込)の落札システム利用料が徴収されてしまいます。

落札システム利用料は、前月16日~当月15日までの落札分を当月分として、翌月1日時点の落札価格で計算します。
落札システムが発生するまでに最短で15日程、最長で45日程と
短いサイクルですので、出品者には早急な判断が求められる場合があります。
<参考例>
4/16~5/15落札分は2月1日
5/16~6/15落札分は3月1日 が締め日ですから、
5/15に落札された分は6月1日までに削除すれば落札システム利用料はかかりません。
5/16に落札された分は7月1日までに削除すれば落札システム利用料はかかりません。