2.グーグルアドセンスの審査体験談 ~1次審査1回目編~

2013/07/30 8:25 に t noe が投稿   [ 2013/08/09 15:13 に更新しました ]

目次

  1. 1 googleアドセンスから自動的に送られてきた1次審査NGを知らせるメールの文章を1つ1つみていく
    1. 1.1 ”-ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません。”
    2. 1.2 ”-コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。”
    3. 1.3 ”- ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。”
    4. 1.4 ”- 広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メイン ページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテスト ページは承認されません。”
    5. 1.5 ”- ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。”
    6. 1.6 ”- YouTube 動画から収益を得るには、YouTube 収益化プログラム(http://support.google.com/youtube/bin/answer.py?&answer=2490020)にお申し込みください。ただし、動画のみで構成されるブログやウェブサイトは承認されません。”
  2. 2 次のadsense審査申し込みまでにやるべきこと


続きです。

googleアドセンスから自動的に送られてきた1次審査NGを知らせるメールの文章を1つ1つみていく


googleアドセンスから自動的に送られてきたメールの続きを読むと、詳細としていくつか理由が列挙されていたので、順に書いてみる。


”-ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません。”

"十分なテキスト”って、どれぐらいだろうか? ググッてみると、googleアドセンスで必要な文字数についてこんな書き込みをみつける。

私(管理人)の経験でいいますと、大体1ページ内に800文字以上使ってあれば警告は受けないように思います。理想は1000文字以上です。


無料で使える文字数カウントツールを使って、自分のページを調べてみる。適当に開いたページの文字数は、300文字ぐらい。こりゃ駄目だわ。文字数カウントの機会が増えそうなので、google chromeの拡張機能”文字数カウンター”をインストールしておく。この拡張機能のカウンターを使えば、選択した部分を右クリックから簡単に文字数カウントができる。しかも、少なくとも6000文字まではカウントできるようです。わざわざコピペして貼り付ける手間が減ります。




”-コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。”

俺の文章に意味がないってこと?この基準は定型文で送られているだけで、自分のサイトには当てはまらないと判断し、一旦無視する。




”- ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。”

ウェブサイトの作成を終わりってなんだろう。どんどんコンテンツを追加する予定だし、そんなこと言ったらブログとか絶対に審査通らないと思うんだけど。
ググッてみると、同じことを感じている人は沢山いるけど、この文章の意味を理解できた人はみかけない。

もしかしたら、この文章の意味するところは「ページ数が少なすぎるのは駄目よ」という話だろうか。google adsenseの審査を通るには、ページ数が少ないのは駄目だという話をみかける。しかし、googleアドセンスから届いたメールの文章には、ページ数が少ないのは駄目っていう記述がない。そして、この一文が一番近い。

もし記事数だとしたら、いくつ必要なのか。記事数10程度にしたら、審査に通ったというブログを見つけた。

”記事数は、プライバシーポリシー含めて10個です。”


今、もうgoogleサイトで作成したページ数が10ページぐらいになっている。この基準はクリアしてる。


”- 広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メイン ページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテスト ページは承認されません。”

こんなことはやってないな。調べてみると、広告コードって、adsenseの1次審査が通った後の2次審査のときの話じゃないの??adsenseのヘルプにそう書いてあるよ。

”1 次審査を通過したサイト運営者様はアカウントにアクセスできるようになり、広告コードが提供されます。”
承認後の手続き サイトで Google の広告掲載が開始されるまでの時間


だとすると1次審査のメールになぜ含めているんだろう。わからないので、いったん飛ばす。

”- ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。”

ナビゲーションは左メニューにつけているので、この基準もクリアしていると思われる。


”- YouTube 動画から収益を得るには、YouTube 収益化プログラム(http://support.google.com/youtube/bin/answer.py?&answer=2490020)にお申し込みください。ただし、動画のみで構成されるブログやウェブサイトは承認されません。”

YouTube動画は使ってない。



次のadsense審査申し込みまでにやるべきこと

以上から、このサイトについていえば、各ページの文字数を増やす作業をやって、再度申請することにした。
ちなみにこのページで2000文字ぐらい。



Comments