スリランカ一眼レフで撮影分

2012 TEAM JAPAN

IODAアジア選手権2012は2012年6月2日から6月9日までスリランカのトリンコマリーで開催されます。開催地トリンコマリーは、スリランカ北東部の港湾都市。キャンディからおよそ110マイル北東部に位置しています。トリンコマリーは半島部に所在し、湾を内湾と外湾に分ける。スリランカにおけるタミル
語文化の中心地の1つである。トリンコマリー湾は陸に囲まれていて海岸はサーフィン、スキューバダイビング、釣りやホエールウォッチングなどが楽しめます。また、スリランカで最大のオランダ軍基地、スリランカ海軍基地および空軍基地が存在する。

画像で見るトリンコマリー

トリンコマリー


Team Blog

  • 20120502 Team Japan 応援HP公開
  • 帰国しました! ただいま~~。 全員無事帰国しました!  みなさん 応援本当に有難うございました!!! 
    投稿: 2012/06/11 6:48、MASAHIRO NISHIMURA
  • アジア選手権2012 終了しました。 最終日もドン吹きの中、一つでも順位を上げようと気合をいれて最後にレースに挑みました。フリートレース4日間 + チームレース の5日間を毎日25~30ノットの強風が吹く中 選手全員が全力で頑張り最後まで走り切りました。最終成績 ケント10位 ヨシヒロ21位 ソウタ30位 ユイト31位 マツリ39位 ハルナ45位 ソウシロウ58位 でした。それぞれ悔しい成績もあるけれど 、それをこれからの糧として それぞれの次の目標に向かっていってがんばっていきたいと思います。また、セーリングだけでなく 選手達は、スリランカという国でいろいろなものを見て感じて、たくさんの世界の友達と交流をするなど、この素晴らしい経験に本当に感謝をしたいと思います。どうもみなさま本当に長い間応援有難うございました。  次は いよいヨーロッパ選手権 ワールド選手権が始まります。 続く みんなは 表彰台を目指して 頑張ってください!!  次は 僕たち私たちが 一生懸命応援します。   須河内茉里 / 佐藤春菜 / 榊原健人 / 新谷惟人 / 高山颯太 /  花田義弘 / 西村宗至郎 / 花田父(コーチ)/  西村父(監督) / 榊原母(国代表) /  高山母(サポータ) 
    投稿: 2012/06/09 10:39、MASAHIRO NISHIMURA
  • フリートレース 3日目 本日からまたフリートレースに戻ります。第6~9レースの3レースが行われました。 昨日からユイトが体調を少し崩し、残念ながら本日のレースは休養と取って浜からみんなの応援です。明日はしっかり体調を直してレース出れるようにがんばろう。 本日も朝からドン吹きやがな。 ということで、今日の1レース目第6レースはかなりキツく サバイバルな様子、そんな中 チームJAPANもすべてのチームの選手たち全員が全力でフルハイク! 気合を入れてレースに挑みます。 午後からの後半は このレース期間初めて 徐々に風が落ちてきたと言うもののまだまだ風はあります。 気を抜く暇なくレースは続きました。 ケントとヨシヒロはシングル~10位代をまとめて、ソウタは20位代を死守、マツリ ハルナも強風のなか中盤をしっかり走り、前半超強風にちょっと苦しんだソウシロウも今日は中盤をしっかりとフルハイク。 みんな調子を上げてきて順位も上がってきてる。 明日はいよいよ最終日。 最後まであきらめず全力でレースに挑みます。 
    投稿: 2012/06/08 11:21、MASAHIRO NISHIMURA
  • 休息日 本日は休息日。 選手たちの気分転換のために、小旅行を企画。行き先は、ピジョンアイランド。 目の前のビーチから渡船に乗って爆走すること15分の沖合に浮かぶサンゴ礁に囲まれた小さな島。 ウミガメや沢山の熱帯魚が住むこの島の小さな入江でシュノーケリングを楽しみました。 全員水中メガメを装着し、見たこともないサンゴ礁の海で思い存分お魚ウォッチング。 残念ながらウミガメには巡り会いませんでしたが、選手も監督もコーチもみんなで楽しい時間を過ごしました。 一緒に島に渡ったシンガポール代表選手たちと記念撮影をして島をあとにしました。 今日は特に風が強く 30ノットは吹く中を爆走して帰ります(楽)。  ピジョンアイランドから戻った後、今度は、お寺巡りと町のスーパーに買出し冒険にでかけます。 3人定員のテゥクテゥクという怪しいバイクタクシー(ASIA Team facebook参照)に分乗して町に繰り出します。インフラ整備の追いついてない交通ルールの余りない道路をぶいぶいスルスルと抜けて 岬の先端にある  紀元前から存在するスリランカ ヒンドゥー教寺院の一つ コネスヴァラム寺院へ。 「ふ~~~~ん そうかぁ」 みたいな感じで観光したあと、次は町中へ。 選手たちは 日本とは全く違う このスリランカの田舎の町並みと人々の生活様子を見て どのように なにを 感じたのであるのでしょうか~。  
    投稿: 2012/06/08 10:18、MASAHIRO NISHIMURA
  • チームレース 本日はチームレースが行われました。 今日もドン吹き。しかも昨日よりもさらにキツそう。もう笑わってまうぐらいに毎日吹きます笑。 通常のフリートレース海面はすごいことになっているので、チームレースは、波の出ない 結構 浜に近い位置でマークを設定します。 なので、ブランケットで崩れた爆弾ブローが部分的に断続的にはいる非常にガスティーなコンデションになり、ハンドリングとコース取りの難しいレース運びとなりました。 チームJAPANは、初戦マレーシアを撃破して幸先のいいスタートを切りましたが、2回戦強豪タイとの戦いに敗れてしました。しかし復活戦でまたも強豪のオーストラリアを倒し、反撃開始となりましたが、次の台湾にやぶれて  みんな力を合わせて頑張りましたが ここでチームレース敗退となりました。 チームレースが、いつものフリートレースよずいぶんり早く終わったので、ちょっと昼寝でもして疲れをとろうと勧めますが、ちょっと目をはなすと、プールでばしゃばしゃ、海では波乗り遊びと、なんとウォーターバイクを借りてみんなで乗り回して大騒ぎ これはほんとに楽しそうでした。 そして今夜はパーティーがあります。 大人の大会関係者並びにスタッフ達と選手達と 2手に分かれて それぞれで懇親会パーティーを行いました。 プールサイドで選手達のパーティーでは、最初はもじもじかたまってなかなか馴染みませんが、徐々に距離が狭まり、何かの弾みで わ~~と騒ぎが始まり チームJAPANの面々も加わった プール突き落としアジア選手権大会さながら みんな仲良く大騒ぎとなりました。     
    投稿: 2012/06/06 11:33、MASAHIRO NISHIMURA
1 - 5 / 12 件の投稿を表示中 もっと見る »