プロフィール


▽▲▽お問合わせ先▽▲▽
〒153-8660   東京都目黒区下目黒1-2-5
連絡先  03-3779-5670

有馬 稲子~略歴~

大阪府、池田市の生まれ。幼年時代を日本舞踊の師匠である母と釜山で過ごし、戦後小さな漁船で命からがら下関に引き揚げたことが、鮮烈な原体験となっている。

昭和24年、宝塚歌劇団に入団、その華やかな美貌をうたわれて、たちまちトップスターとなった。

昭和28年、映画界に転身。『東京暮色(小津安二郎)』『夜の鼓(今井正)』『浪花の恋の物語(内田吐夢)』『わが愛(五所平之助)』など数多くの日本映画黄金時代の名作に出演、その出演総数は70数本を数える。やがて舞台に情熱を傾け、『奇跡の人』『風と共に去りぬ』を大ヒットさせ、また演技者としての向上を目指し、敬慕してきた宇野重吉の劇団民藝にも参加している。

昭和55年にはライフワークとなる『はなれ瞽女おりん』と出会い、以来684回の驚異的な旅公演を重ねて全国の演劇ファンの期待に応えた。

2008年の源氏物語千年紀に各地で朗読した『源氏物語』は、豊かな表現力と人間描写で人気を集め、有馬源氏と呼ばた。

現在、横浜の高齢者のためのケア付きマンションに住んでいるが、そこでの体験に基づいた高齢者の施策や生き方に関する積極的な発言は、多くの支持者を集めている。

2017年、140回連続のテレビドラマ『やすらぎの郷』に、
及川しのぶ役で出演。 シャンソン歌手で、かつての人気バラエティー番組のMC、ときどき徘徊をして周囲をハラハラさせる・・・という役を熱演して、話題に。