これまでの荒瀬で遊ぼうの様子
 2011年荒瀬で遊ぼうの様子
2010年の荒瀬ダムゲート開放により、ダム湖が半分流れる川に戻りました。
半分だけ流れの戻った球磨川を見た坂本や八代、人吉の人たちで、お祭りを開催しようということになりました。
急遽1ヶ月前に開催を決定し、道の駅さかもとと、地元の方々の協力を得て、ゲート開放を祝うお祭りを手作りで開催しました。

開催準備中に東日本大震災がおきて、原子力災害も発生してしまいました。実行委員会のメンバーにも、、知人・親族の被災者が多く出ました。
イベントの開催中止の検討が何度も行われましたが、このような時代だからこそ将来世代へ持続可能な豊かな球磨川を繋げていきたい、というじいちゃんばあちゃんたちの熱い想いをきっかけに、「小規模でもいいから明るい話題を」ということで、ささやかながらも開催しました。

当日には、八代市長による挨拶を頂いた他、前知事の潮谷義子氏やカヌーイストの野田知佑氏による応援メッセージを頂きました。
また、地域の飲食店などから、企画に賛同して頂き、会場へ多数の飲食店の出店もあり約300人を超える賑わいとなりました。ご協力頂いた皆様、参加して頂いた皆様誠にありがとうございます。


紹介リンク
当日の様子は、参加していただいた方の個人ブログ、新聞記事、八代市の広報などで広くで取り上げられました。
◯新聞記事
 ■西日本新聞
 ■熊本日日新聞

◯行政広報

◯WEBでの紹介