球磨川のもたらす不知火海の恵みを堪能しよう!  舟出浮きふなでうき        

遊ぶ・知る・食べる・・・不知火海三昧  
  荒瀬ダム撤去による河川再生は、河川環境ではなく球磨川が注ぐ不知火海の恵みも豊かにすることが期待されています。今後豊かさを取り戻す不知火海への期待を込めた連携企画として、今回特別に春の舟出浮きを実施していただけることになりました。
 球磨川が注ぐ不知火の漁師さんの舟で漁を見学後、沖合の無人島で、捕獲した不知火海の幸を料理していただく、不知火海の幸三昧体験です。

※舟出浮きは、普段は1名での体験は困難です。是非、今回を利用して、お一 人からでも、またご夫婦・お友達とご参加下さい。

日時:2012年3月31日(土)
     午前10時出発~午後1時30分
集合場所:八代市 金剛漁港(地図) ※駐車場あり
     出発時間前に、お集まり下さい。
参加費:5000円
アルコール類を含め飲み物は各自持ち込みになります。
  ※アルコールを飲まれる方は、車の利用はできません。
定員:6名~30名(実施最低人数6名)
※6名に達しない場合は中止になります。
注意:
・小雨の場合は漁見学は実施しますが、食事は室内になります。
・また、風雨がひどい場合には中止となりますが、前日に申込先にご確認下さい。

※舟出浮き(ふなでうき)は、江戸時代から始まった大名遊びですが、今は八代市の人気の観光産業となっています。詳しくはこちら