Publications‎ > ‎

自分用メモ

  学会発表

34 (S) "Positional distributions of zebrafish when exposed to stressful conditions"
        2015 JSMB-CJK Joint Meeting 2015.8.26 同志社大学

33 (P) "Size structures emerging from dynamic resource competition"
        JSMB/SMB 2014 2014.7.29 大阪国際会議場

32 (P) "餌獲得競争によって形成される集団内サイズ構造のシミュレーション"
        第32回日本動物行動学会 2013.11.29-30 広島大学

31 (S) "発光を用いたホタルの異性間/同性内コミュニケーションと空間分布"
        第10回生物数学の理論とその応用 企画シンポジウム「コミュニケーション生物学」 2013.11.21 京都大学

30 (S) "雄間コミュニケーションによって形成されるホタルのオスの分布パターン"
        第23回日本数理生物学会    2013.9.13    静岡大学

29 (O) "Behavior Responses of Zebrafish (Danio rerio) in Conflict Situation between Prey and Predator" International Conference on Ecological Informatics 2013 
    2013.6.27    Kyung Hee University (Seoul, Korea)

28 (S) "Coexistence of competitive plant species on lattice—effects of spatial heterogeneity"
 2012 China-Japan-Korea International Conference on Mathematical Biology
    2012.5.23    Sangnam International House, Pusan National University (Busan, Korea)

27 (S) "タカハトゲームで考えるグループ内での協力とただ乗り"
  第27回個体群生態学会 2011.10.16 岡山大学

26 (O) "タカハトモデルを用いた2者間での協力とただ乗りの研究"
  第21回日本数理生物学会 2011.9.15 明治大学

25 (P) "A game model for food competition and size composition of fish society"
  Behavior 2011 2011.7.28-29 Indiana University (Bloomington, USA)

24 (P) "いじめのゲームで考える魚のサイズ成長"
  第58回日本生態学会 2011.3.11 札幌コンベンションセンター

23 (P) "A war of attrition model for intergroup conflict---who fights?"
  13th International Behavioral Ecology Congress 2010.9.29 Perth Convention and Exhibition Centre (Perth, Australia)

22 (P) "ケガリスクを伴う消耗戦ゲームによる連合闘争と協力行動の解析"
  第20回日本数理生物学会 2010.9.16 北海道大学

21 (P) "群れ間闘争の数理モデル--たたかう? にげる? ようすをみる?"
  第28回日本動物行動学会 2009.11.28-29 筑波大学

20 (O) "A war of attrition model for intergroup competition ― who fights?"
  第19回日本数理生物学会 2009.9.11 東京大学

19 (O) " 血縁者に対する協力行動と近親交配回避 ー 2つのゲームを組み合わせたモデル"
  第56回日本生態学会 2009.3.18 岩手県立大学

18 (P) "Evolutionary games and mutations"
  第18回日本数理生物学会 2008.9.17 同志社大学

17 (O) "ESSからの脱却ー"大きな"突然変異を含んだ進化モデル"
  第10回日本進化学会 2008.8.22 東京大学

16 (P) "The effect of mutation rate in asymmetric games"
  12th International Behavioral Ecology Congress 2008.8.13 Cornell University (Ithaca, USA)

15 (O) "非対称ゲームにおいて突然変異が形質の進化に与える影響"
  第55回日本生態学会 2008.3.17 福岡国際会議場

14 (P) "Vigilance-Intrusion Game with Mutation"
  The Joint Annual Meetings of the Society for Mathematical Biology and the Japanese Society for Mathematical Biology 2007.8.2 Fairmont Hotel (San Jose, USA)

13 (P) "侵入と防衛ーテリトリー境界線を巡る攻防"
  第54回日本生態学会 2007.3.21 愛媛大学

12 (P) "What determines the length of display?"
  Japanese-Korean Joint Meeting for Mathematical Biology 2006.9.18 九州大学

11 (O) "An ESS model for display duration in animal contest."
  11th International Behavioral Ecology Congress 2006.7.24 Vinci (Tours, France)

10 (O) "A game model for display duration in animal contest."
  2nd East Asian Federation of Ecological Societies International Congress 2006.3.28 朱鷺メッセ

9 (P) "雄の体サイズと雌の好みの進化 ー 共食いするクモでは小さな雄が好まれるのか?"
  第53回日本生態学会 2006.3.25 朱鷺メッセ

8 (P) "闘争における見定め時間のゲーム ー 睨み合いはいつまで続くのか?ー"
  第15回日本数理生物学会 2005.9.16 横浜国立大学

7 (O) "不確実な情報をもとにした意志決定 闘争における見定めゲーム"
  第52回日本生態学会 2005.3.28 大阪国際会議場

6 (P) "最適な選択のために"
  第23回日本動物行動学会 2004.12.1-2 九州大学

5 (P) "Mate-choice copying as an optimal decision making."
  4th Conference of the International Society for Ecological Informatics
  2004.10.26-27 BEXCO (Busan, Korea)

4 (P) "Mate-choice copying as Bayesian decision making."
  1st East Asian Federation of Ecological Societies International Congress
  2004.10.21 Mokpo National University (Mokpo, Korea)

3 (O) "情報は多ければ多いほど良い?"
  第14回日本数理生物学会 2004.9.22 広島大学

2 (P) "真似するべきか、せざるべきか? ー配偶者選択における真似の進化ー"
  第51回日本生態学会 2004.8.27 釧路市観光国際交流センター

1 (P) "配偶者選択と真似"
  第6回日本進化学会 2004.8.4 東京大学



  学外セミナー・研究集会など

23 "誰でもできる社会的シミュレーション〜パソコンの中で社会を動かしてみよう〜"

  名古屋短期大学60周年記念 第36回公開講座「時代を切り拓く知の礎」第1講 2015.9.29 名古屋短期大学・桜花学園大学

22 "発光を用いたホタルのオス間コミュニケーション"

  国際高等研究所 研究プロジェクト「総合コミュニケーション学」第1回研究会2014.6.7 同志社大学

21 "漁場選択問題で考える長期的な私的便益と社会的便益"

  セミナー@同志社大学 2013.4.26 同志社大学 

20 "動的な資源競争により形成される社会構造"

  九州大学数理生物学研究室の20年とこれからの数理生物学 2012.11.23 九州大学 

19 "ゲームモデルで考える魚の餌獲得競争とサイズ成長"

  今年は散々な一年だった 年忘れ・行動生態セミナーっだ!    2011.12.21 総合研究大学院大学

18 "成長する資源保持能力と資源獲得競争"

  セミナー@農環研    2011.10.7 農業環境技術研究所

17 "ゲームモデルで考える魚の餌獲得競争とサイズ成長"

  セミナー@沖縄農研センター    2011.7.1 沖縄県農業研究センター

16 "魚のサイズ成長モデルで考えるいじめの構造"

  ゲーム理論ワークショップ2011    2011.3.5 名古屋大学

15 "Foraging, predator avoidance and attacking: observation & modeling for conflicting behavior of fishes."
  Seminar at PNU 2011.2.8 Pusan National University

14 "統計的最適性から捉える動物の学習"
  第6回生物数学の理論とその応用 ミニシンポジウム「統計的最適性から捉える生命現象~細胞から脳・生態まで」
  2009.11.12 龍谷大学セミナーハウス「ともいき荘」

13 "A Simulation Model for Winner and Loser Effects -- Who 'Wins'?"
  Seminar at KHU 2009.7.31 Kyung Hee University

12 "A general introduction to game theoretical approach and a (non-game) mathematical model for mate choice copying in female fish"
  Seminar at PNU 2009.7.22 Pusan National University

11 "The effects of global- and local-mutations in asymmetric 2x2 games"
  One Day Workshop "Recent Topics in Mathematical Biology"  2009.6.26 北海道大学

10 "突然変異で変わる進化の結果 - 2x2非対称ゲームの場合"
  第9回ダーウィンセミナー 2009.5.25 東京工業大学

9 "Large mutations in asymmetric games"
  京都大学 生態学研究センター 数理セミナー 2008.10.23 生態学研究センター

8 "非対称ゲームにおいて大きな突然変異が与える進化への影響"
  北海道生命数理セミナー第1回 2008.7.17 北海道大学

7 "Intrusion and Security over Border of Territories"
  東京大学 宮下研ゼミ 2006.12.22 養老渓谷温泉ホテル岩風呂

6 "動物の闘争におけるディスプレイ時間のESSモデル"
  第1回駒場進化セミナー 2006.7.4 東京大学

5 "真似するべきか、せざるべきか? ~配偶者選択における真似の進化~"
  筑波大学 共存生物学研究室特別セミナー 2006.7.3 筑波大学

4 "Mate-choice copying as Bayesian decision making."
  新潟大学 山平研セミナー 2006.5.22 新潟大学

3 "行動生態学から見た動物の真似行動"
  九州大学理学研究院 研究拠点 非平衡複雑系の科学 主催シンポジウム
  文理融合型研究の推進 第2回「行動・経済・社会の理学」 2006.3.9 九州大学

2 "Mate-choice copying as Bayesian decision making." & "Display duration in animal contest."
  Seminar at Section of Theoretical Biology, Leiden University 2005.11.25 Leiden University (Leiden, Netherlands)

1 "Mate-choice copying as Bayesian decision making." & "Display duration in animal contest."
  Seminar at Centre for Behavioural Biology, Bristol University 2005.11.17 Bristol University (Bristol, U.K.)






研究者番号: 40621660

Comments