AphasiaBank(MacWhinney,2011)とは

失語症のある人(およびその対照群)の談話のデータベース(発話コーパス)
 
http://aphasia.talkbank.org

★AphasiaBank課題(テーマ会話・口頭説明など)
★famous people protocol
(有名人の写真を見ながら対話)
のトランスクリプト(文法・失語症状などコーディング済み) ・ビデオ(トランスクリプトとリンクしている)
 
  ⇒インターネットを通しこれらのデータを使用可能(登録された研究者のみ閲覧可)
 

 分析用プログラムを完備

 自分のデータを作成することも可能

 数百人分の失語症のある人・対照群のデータあり
 現在英語、ドイツ語、ハンガリー語など


【参考文献】 宮田Susanne 他2名 今日から使える発話データベースCHILDES入門 ひつじ書房
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4894762269?pc_redir=T1
  その他


AphasiaBank日本(AphasiaBankJapan)について
 AphasiaBankを日本語で解説するサイトです。
 随時更新していますが、AphasiaBank自体発展途上ですし、サイト作成者の知識・語学力とも不十分ですので、説明の至りません点、誤りもあるかと思います。その点どうぞご了承のうえ、ご覧ください。

 2016年春の開設以来非公式サイトを名乗っていましたが、このたび(2016年冬)AphasiaBankのサイトにリンクが貼られることとなりました!
   (Links;Related sites→Japanese AphasiaBankです http://aphasia.talkbank.org/access/Japanese/Control/Iizuka.html)
 これを機に、翻訳した資料の公開も始めていくことにしました。
 より精進してまいりますので、よろしくお願いします。

★About this site
  This site is an introducion to AphasiaBank in Japanese.
  If you want to know Japanese protocol, go to the page "0 Japanese Procedure". Thank you.


We are AphasiaBankers!





サブページ (1): 0 Japanese Protocol