当薬剤師会について


横浜市青葉区薬剤師会のホームページへようこそ



田園都市線 藤ヶ丘駅前の風景 昭和48年頃


横浜市青葉区薬剤師会の事業内容

1)  かかりつけ薬局として皆様の病気の予防と治療のため、薬局業務を遂行しています。

2)  地域の学校には、学校薬剤師として勤務し、
     学校保健の充実と児童や生徒の保健衛生の向上に尽くしています。

3)  麻薬、覚せい剤、習慣性薬物についての啓蒙と薬物乱用防止のための啓蒙活動を行っています。

4)  地震、災害が多発しています。医師会、歯科医師会、
     行政と協力して災害時の活動体制を整備しています。

5)  各地域ケアーセンター、介護の会等に薬と健康および予防に関する啓蒙活動相談に行っています。

6)  在宅医療をしている方のお宅を訪問し、薬の正しい飲み方を指導し、医師、歯科医師、看護師、
     ケアマネージャー、ヘルパー等の医療・介護職の方々と連携し、
     より良い在宅治療が出来るよう支援しています。

7)  休日急患診療所、夜間急患診療所での救急医療に従事しています。

8)  使用済み注射針、使用しなくなった薬を回収しています。

9)  「福祉、健康、相談薬局」の開設。青のステッカーが目印です。薬、介護保険、介護用品、
   予防に関することなど気軽に相談してください。

10) 災害時に生活用水として「適」かどうか、井戸水検査をしています。

11) 介護保険の審査会に参加し、要介護度を認定しています。

12) 薬局実務実習のため薬学生を受け入れています。
   (平成18年から薬学は6年生になり、社会に出てすぐ役立つ薬剤師を目指します。)

13) 調剤事故に対する対策のためリスクマネジャーを任命し、
     情報を収集し対策を練り事故の防止に努めています。

14) 薬剤師として、地域住民の健康管理、薬物療法のより一層の安全性を図っていくために、
     各会員の日々の研鑽が必要であります。そのために、研修会を開催し勉強会に参加しています。

 


Comments