ホーム

田染荘・古民家『御堂園(みどぞ)』サイトへようこそ~



2010年9月23日、御堂園(みどぞ)は大分県豊後高田市田染荘(たしぶのしょう)にオープンして昨年9月に丸5年を迎えました。

その間いろんな変化をしながら、セラピールームAngela~アンジェラ~や御堂園カフェことの葉でたくさんの方々との出会いを体験させていただきました。

昨年10月末に突然の病気・入院という予期せぬ(心の奥では予期してた(笑))出来事が起きて(もうすっかり完治しています)私自身にしっかりと向き合うチャンスが訪れたのです。

数か月、私との時間は苦しくも楽しいものでした。

本当の私に近づく時

そんな中でいろいろな、たくさんのことに気づき、わたしにとって一番居心地のいい方角に舵をとることにしました。

そのひとつはセラピールームの名称変更。
2007年夏に開設したセラピールームAngela~アンジェラ~みずの輪tenshi  http://www.mizunowa104.com/にバトンタッチ

詳しくはこちら


御堂園カフェことの葉 は金曜日~月曜日営業から毎週日曜日に営業へ変更しました。

セラピールームは御堂園と大分市内自宅と不定休の予約制です。

いろんな変化を遂げる御堂園ですが、想いは最初と変わらず『ありのままの自分に還る場所』・・・心のひろばであり人生という旅の休憩所であり続けたいと思います。


 



古民家『御堂園』(みどぞ)は、大分県 国東半島は豊後高田市、中世の荘園の里『田染荘』(たしぶのしょう)にあります。
 
2010年9月、築54年の納屋を出来る限り自然素材を使って改修され、訪れた人が懐かしく、宮崎駿さんの世界を想わせる自然と調和した佇まいに再生されました。
 
『御堂園(みどぞ)』という名称は、私 戸伏千寿子(とぶせちずこ)の生家の屋号です。

昔から地域のみなさんに「みどぞ」と呼ばれてきましたが、その謂われは、荘園領主の宇佐神宮・荘官の屋敷の一部だったことに由来しているようです。
『御堂園』は、建物全体、庭や小屋、周りの畑、木々、景色や空間、すべての総称です。


2階のみずの輪tenshi http://www.mizunowa104.com/は天使やサンキャッチャーの虹、四方の窓から見える緑に癒されるでしょう。

1階の“御堂園カフェ”では、お茶を飲みながら、おしゃべりや景観・空間を楽しんだり、くつろげる場所として、ゆったりとご利用ください。 
 
 庭や2階のイベントスペースでは、ヨガやクリスタルボールの演奏会、講演会などさまざまなイベントも開催してきました。
 

御堂園へ皆さまのお越しを心からお待ちしています♪
 
 
サブページ (1): NEWS