最新のお知らせ

2017年6月3~4日(土~日)

第68回西洋古典学会が千葉商科大学で開催されました。
詳しくはこちらをご覧ください。


2017年5月19~21日(金~日)

日本哲学会第76回大会が一橋大学において開催されました。
詳しくはこちらをご覧ください。


2017年3月25日(土)

古代哲学フォーラム(イリソス会)第46回例会が開催されました。

日時:2017年3月25日(土) 14:30-
場所:京都大学総合研究2号館第10演習室

プログラム
  ・Atsushi Hayase, “Dialectic in the Phaedrus”の合評会

  ・(1)「早瀬論文への質問」
          脇條靖弘(山口大学)
  ・(2)「脇條先生への応答」
          早瀬 篤(京都大学)


2016年9月3~4日(土~日)

研究室合宿を兵庫県の神鍋高原で行いました。


2016年6月4~5日(土~日)

第67回西洋古典学会が大阪大学で開催されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

2016年5月13~15日(金~日)

日本哲学会第75回大会が京都大学において開催されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

2016年3月26日(土)

古代哲学フォーラム(イリソス会)第45回例会を開催いたしました。
日時:2016年3月26日(土) 14:00-
場所:キャンパスプラザ京都
プログラム
 ・田中一孝『プラトンとミーメーシス』合評会
 ・著者より補足報告 田中一孝(京都大学)
 ・自由発問:無名歌人からプラトン学徒へ
     特定質問者 仲川 章(秋津 章) 歌人
 ・田中一孝『プラトンとミーメーシス』への質問
     特定質問者 山田道夫(松蔭女子大学)

2015年12月11日(金)

龍谷学会・龍谷哲学会共催学術講演会において、中畑正志教授が講演「アリストテレスは実体も存在論も語らない」を行いました。


2015年10月31日(土)-11月1日(日)

哲学会第五十四回研究発表会「根拠・言語・存在――井上忠の哲学」において中畑正志教授が提題者として発表されました。


2015年10月24日(土)-25日(日)

京都大学において第68回関西哲学会が開催されました。

早瀬篤(京都大学非常勤講師)
真実における類似性(プラトン『パイドロス』273d)」

田中一孝(本研究室出身者)
「哲学系分野における学生はどのような「知識」「技能」「能力」を身につけるべきか
—海外諸地域における「チューニング」の取り組みに着目して」

以上二名が発表を行いました。


2015年9月5日(土)-6日(日)

研究室合宿を滋賀県青土ダムで行いました。


2015年6月6日(土)-7日(日)

日本西洋古典学会が以下の要領で開催されました。

日時: 2015年6月6日,7日 両日9:40~
場所: 首都大学東京 南大沢キャンパス

本研究室から福田宗太郎さんが以下の題目で発表を行いました。
「プラトンの探求方法 - 『メノン』86C-89Cにおけるヒュポテシスの方法を中心に」



2015年3月28日(土)

古代哲学フォーラム(イリソス会)第44回例会を下記のように開催いたしました。

日時:2015年3月28日(土) 14:00-
場所:京都大学総合研究2号館 
第10演習室

プログラム:
1. 報告
 藤沢令夫『プラトンの認識論とコスモロジー』の公刊について
 編集者(内山勝利、中畑正志、瀬口昌久)より
2. 合評
(1)『パルメニデス』研究(第iii章)について
 提題者 久保徹(筑波大学)
(2)『テアイテトス』研究(第iv章)について
 提題者 金山弥平(名古屋大学)
3. 次回例会について



2015年3月20日(金)-21日(土)

プラトン国際学会「A New Perspective on Plato and his Philosophical Methods」を下記の要領で開催いたしました。

日時:2015年3月20日(金)-21日(土)
場所:京都大学文学部 第1、2講義室

プログラムは下記のリンク先をご覧ください。
https://sites.google.com/site/platosmethod2015/programme

たくさんの皆さまのご参加ありがとうございました。



2015年2月28日(土)

本研究室の中畑正志教授が、下記のシンポジウムにおいて発表しました。

方法論シンポジウム:
哲学の方法としての翻訳の意義

日時:2月28日(土)14:00-18:00
場所:東洋大学 白山キャンパス 2号館16階 スカイホール

書籍紹介


古代哲学専門の学術雑誌です。中畑正志教授が編集委員を務めています。




アリストテレス全集の新訳が現在刊行中です。


サブページ (1): 過去の活動記録