最新のお知らせ


2018年6月2~3日(土~日)

第69回西洋古典学会が名古屋大学で開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。



2018年5月18~20日(金~日)

日本哲学会第77回大会が神戸大学において開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。



2018年4月21日(土)

京都大学中世哲学研究会にて中畑正志教授が講演を行いました。

日時:2018年4月21日(土) 14:30より
場所:京都大学 吉田泉殿
講演者:中畑正志(京都大学文学研究科教授)
演題:あるというかぎりでのある――非存在論的読み方



2018年3月24日(土)

古代哲学フォーラム(イリソス会)第47回例会が開催されました。

日時:2018年3月24日(土) 14:30より
場所:京都大学 総合研究2号館 第9講義室

プログラム
  ・アリストテレスにおけるゼノンの飛矢について
                                        大木 崇(京都大学)



2018年2月4日(日)

フィレンツェ大学より来日したアデモロ教授の講演会が京都で開催されました。

日時:2018年2月4日(土) 15:00より
場所:京都大学 総合研究2号館 第10演習室
講演者:
Prof. Francesco Ademollo(Università degli Studi di Firenze)
演題:
The anatomy of primary substance in Aristotle's Categories.



2017年9月17日(日)

京都大学にて中畑正志教授の還暦を記念して研究会が開催されました。

プログラム
・福田宗太郎(大阪体育大学)「感覚知覚と思考――プラトン『テアイテトス』179D-186Eを中心に――」
・田中あや(慶應義塾大学)「語源分析再考――語源分析と、命名者の心的はたらきと結びつくものとしての’意味’――」
・岩田直也(ケンブリッジ大学)「『ピレボス』における想起説」
・西村洋平(大阪体育大学)「能動知性の行方
――アレクサンドロスからプロティノスへ
――
・田中一孝「プラトン『国家』篇における哲学者による模倣について」
・中村健(大阪体育大学)「プルタルコスの動物関連著作における徳性の役割について」
・木原志乃(國學院大學)「プルタルコスにおける自然の不可思議現象:可知と不可知のはざま」

研究発表終了後は百周年時計台記念館にて、門下生ら有志によるご還暦祝いの会が盛大に催されました。



2017年6月3~4日(土~日)

第68回西洋古典学会が千葉商科大学で開催されました。
詳しくはこちらをご覧ください。



2017年5月19~21日(金~日)

日本哲学会第76回大会が一橋大学において開催されました。
詳しくはこちらをご覧ください。



2017年3月25日(土)

古代哲学フォーラム(イリソス会)第46回例会が開催されました。

日時:2017年3月25日(土) 14:30-
場所:京都大学総合研究2号館第10演習室

プログラム
  ・Atsushi Hayase, “Dialectic in the Phaedrus”の合評会

  ・(1)「早瀬論文への質問」
          脇條靖弘(山口大学)
  ・(2)「脇條先生への応答」
          早瀬 篤(京都大学)



2016年9月3~4日(土~日)

研究室合宿を兵庫県の神鍋高原で行いました。



2016年6月4~5日(土~日)

第67回西洋古典学会が大阪大学で開催されました。
詳しくはこちらをご覧ください。



2016年5月13~15日(金~日)

日本哲学会第75回大会が京都大学において開催されました。
詳しくはこちらをご覧ください。


書籍紹介


古代哲学専門の学術雑誌です。中畑正志教授が編集委員を務めています。




アリストテレス全集の新訳が現在刊行中です。


サブページ (1): 過去の活動記録