かあさんの羊飼いの人形


かあさんの羊飼いの人形といえば「小さな家」ファンにはお馴染みです。「大きな森」からシルバーレイクに落ち着くまでインガルスと共に旅をしてきた、かあさんの大切な宝ものです。新天地に移住してとうさんが家を建てる度に、かあさんは羊飼いの人形を飾りました。それは未開の地にあっても、人間らしい暮らしを営もうとする、文明派のかあさんの誓いでもありました。

「小さな家」に繰り返し登場する羊飼いの人形は、かあさんが亡くなった後どうなったのか、長年の謎でした。ローラ自身もはっきりとはわからなかったからです。
 羊飼いの人形はかあさんの宝物でしたから、かあさんが所持していたはずですが、とうさんとかあさんが暮らしていた家が売りに出されたとき所持品は処分されました。
 その処分に立ち会ったのがキャリーだったので、キャリーが持っているのではと噂されていました。あれほどかあさんが大切にしていたものを、キャリーが処分してしまうはずはないだろうと。
 その噂どおりキャリーの死後、遺品の中からそれらしき人形が見つかって、『小さな家』ファンをときめかせているというわけです。
 その人形は現在、サウスダコタ州キーストーンの郷土史館に、キャリーの遺品や写真と共に展示してあります。ほんの十センチたらずのほっそりした人形で、展示のためにドライフラワーに囲まれたケースに収められていました。

 説明書きによれば、この人形はキャリーの遺品の中から見つかったもので、デトロイト図書館に保存されているローラの手紙の「羊飼い娘の人形はキャリーが持っています」という記述と一致すること、足元の台の部分が補修されているのでよほど大事なものだったと推測されること、この種の人形はかあさんの子ども時代によく見られたもので、おそらくかあさんは幼いころプレゼントにもらった人形を、結婚してからも大事にしていたと思われること、こういった事実から、この人形がかあさんの羊飼い娘の人形と推定されるとありました。

 そういわれるとかあさんの人形だと思えないこともないですが、ガース・ウィリアムズの挿し絵が強烈なせいか、私の第一印象は「?」というものでした。でも、ウィリアムズは実物を見て挿し絵を描いたわけではありません。そこで記念館の人形と「小さな家」の描写をじっくりと比較してみました。

 「小さな家」によれば、ある巻では日除け帽子をかぶっていたり、別の巻ではエプロンをつけていたりと記述は少しずつ違いますが、矛盾する点はなく、基本的な人形の描写はどの巻も一致していました。それを総合してキーストーンの人形と比較してみた結果、かあさんの人形かと問われれば、答えは「??」というもので、?がさらに増えてしまいました。

 金色の髪も、前でうち合わせるぴったりした胴着も、ちっちゃな靴も「小さな家」の描写そのままです。でも瞳は青くなく、日除け帽子もエプロンもつけていません。これを大目にみたとしても、決定的なのはスカートをはいていない点です。
 「小さな家」には「スカートが広がっている」という描写がありますが、どうみたってこの人形が履いているのは七分たけのズボンです。ということは、この人形は男の子なのでは・・・? 
 髪が長いので顔だけみると女の子のようですが、女性がズボンを履くようになったのはつい最近のこと。かあさんの子ども時代に、女の子の人形がズボンを履いていたとは思えません。それに牧羊犬を連れていたり杖を持っているならともかく、白い服を着て立っているだけの人形がどうして羊飼いだとわかるのでしょう? 
 ローラたちが「羊飼い娘」(原語はshepherdess) と呼んでいるからには、そう判断するに十分な特徴があったはずです。でも、この人形にはそれがありません。
 人形の着ている身体にぴったりした白い服は袖口とズボンの裾に茶色の線が入っていて、羊飼いの娘の服というよりも、幼いころ読んだ「小公子」のセドリックのイメージです。この人形はヨーロッパで製造されたらしいということなので、もしかしたらヨーロッパの上流か中流階級の男の子なのかもしれません。そう思いはするものの、『小さな家』の描写と類似点もあるので、違うと言い切ってしまうわけにもいきません。
 ローラが『小さな家』を執筆したとき、かあさんの人形を目にしてから三十年以上も経過していましたから、ローラの記憶違いもあるでしょう。執筆の際に手を加えたとも考えられます。ですから「なんか違う」と思いつつも、そうではないとも言い切れないので「??」となってしまうわけです。

 かあさんもローラも逝ってしまった今となっては、羊飼いの人形の謎がとけることは永遠になさそうです。さて、この写真をご覧になった皆さんはどう思われますか?
 (これは東京で行った講演を要約したものです)