トップ‎ > ‎修理‎ > ‎

オーディオ基板修理(VA2/3)

「PC-88VA2/3再生入門」に掲載した情報のうち、図、写真のみを再掲します。また、追加の写真と、回路図の元データ(Microsoft Visio形式)を公開します。

再生入門に掲載した図・写真

オーディオ基板


追加資料

  • IC取り外し後の基板写真 (CasetViさん提供) IC1~5取り外し後の基板です。ICの下に隠れて見えない配線を確認できます。
  • 解析途中の回路図 Microsoft Visio Viewerで閲覧できます。Visio ViewerはMicrosoftのサイトで無償配布しています。
  • 基板全体写真(表/裏) それぞれ4分割して撮影しました。

オーディオ基板_追加資料


オーディオ基板回路図について

現象からオーディオ基板の故障個所を推測するために基板を調査して作成した回路図です。部分的にしか作成しておらず、見直しもしていないため誤りも多数と思われます。次の問題が分かっています。
  • コンデンサのPNPとNPNを区別していない。
  • 裏面のコンデンサについては極性が不明。
  • GNDは通常のGNDとオーディオ用が独立していると推測されるが、区別できていない。
  • -12Vがあると推測されるが、認識できていない。-12VとGNDを混同している恐れがある。
コンデンサの容量、抵抗の抵抗値などは記載していません。Cxx、Rxxなどは基板に印刷されている番号です。セラミックコンデンサにはC1(S)のように(S)を、裏面のゴマ粒大のコンデンサにはC38(C)のように(C)を付けています。
Comments