アキ・ユウショウ・ワタナベ作品

日本においても現代アート(コンテンポラリーアート)の動向は非常に活発である。しかし、その多くは既に存在するものの焼き直しである場合が多い。土壌的に新しいものを受け入れ難い傾向が強い為、新しい試みもまた希少と言える。アキ・ユウショウ・ワタナベの作品は部分的には既成の表現を借りつつも、同一作品の中に全く異なる表現形態を混在させる試みを続けている。これを混在主義と呼んでいる。以下はその作品のいくつかを紹介したものである。




Work and  Walk    F100x3    2013  国立新美術館
 Son  and  Sun    F100x3   2014  国立新美術館



Woman 2013


繭(まゆ) 2013

双子 2013


グレープフルーツ (どの様に組み合わせても連続する)



オレンジ (縦横、順番を変えて並べても連続する)



















































































Comments