ミニ四駆AI大会‎ > ‎大会‎ > ‎

FSS2016

ミニ四駆AI大会 in FSS 2016 佐賀 (ファジィシステムシンポジウム中で開催)

ニュース

  • 優勝 中京生A : 本山 健斗(中京大学)、準優勝 高知工科大 : AT車 : 米沢一輝(高知工科大)、3位 1998懐かしみによんくたち : RayHawkGamma KF Special : 藤村喜久郎(鳥取大学)
  • 特別賞 高知工科大 : AT車 : 米沢一輝(高知工科大)(株式会社アールティ提供)
  • 佐賀新聞で紹介されました「AI制御のミニ四駆大会 31日、9月1日に佐大で」

参加チーム

(エントリー順)

  1. 矢野研ミニ四駆愛好会 : ぼっち1号mkII : 矢野 良和(愛知工業大学)
  2. FET絶対殺すマン : REA : 里見 優太(高知工科大学 ロボット倶楽部)
  3. 高知工科大 : AT車 : 米沢一輝(高知工科大)
  4. ゴロリ : 遠藤 和也(中京大学)
  5. ミニアマ : 甘利裕太(電気通信大学)
  6. よすち : 伴 芳輝(中京大学)
  7. 中京生A : 本山 健斗(中京大学)
  8. D-WAVE : 神津 隆大(電気通信大学)
  9. モアイッシー : 石田峻大(中京大学)
  10. 1998懐かしみによんくたち : RayHawkGamma KF Special : 藤村喜久郎(鳥取大学)
  11. チーム「ラフ&レディ」 : BCE1号 : 和久屋 寛、西村良貴、田中裕恒(佐賀大学)
  12. 原切 : 原田貴史(電気通信大学)
  13. ゴーカートムート : 武藤 孝輔(電気通信大学)
  14. Spsatoon!ホタルver : 佐藤弘典(電気通信大学)
  15. sozo-c : 早瀬光浩(豊橋創造大学)
  16. 呼子のイカ食べ隊 : レオナルドXP : ギータ アタリナ(電気通信大学)

スケジュール

  • 2016/8/31 午前 コースセッティング
  • 2016/8/31 14:00 テストマッチ
  • 2016/8/31 15:00 調整
  • 2016/8/31 17:45 チームリーダーミーティング
  • 2016/8/31 18:00 〜エキシビジョンマッチ
  • ==
  • 2016/9/1 午前 決勝コースセッティング
  • 2016/9/1 調整
  • 2016/9/1 予選リーグ(変形スイストーナメント勝率ランキング)
  • 2016/9/1 決勝トーナメント(上位16チーム)

コース(2016年度決勝)

テーマ「凹み」


決勝トーナメント結果


集合写真

優勝者


(本山 健斗 中京大学)

ルールの基準


電装系(マイコンやセンサなどのAI制御用ハードウェアおよびマイコン用電源)を外した車体は、タミヤ公式レースに準拠する事。コースを傷つけるようなセンサや相手を妨害する装置などの利用など運営に支障をきたす装置は利用を禁止する。(パーツや車体の諸元はタミヤ公式に準拠)
AIを競う競技であるが、電装系を搭載しないミニ四駆による参加も受け付ける。

モータ電源は単三乾電池2本のみ。マイコン用電源がモータに加わってはならない。

走行制御のため無線、有線、音声通信、光通信、外部カメラなどの利用を認める。またミニ四駆外での演算処理も認める。ただし計測装置などの設置場所や設置方法はレース運営者の指示に従うこと。また、設置した計測装置の不具合や不慮の事故による再レースは認めない。

AI・コンピュータ・電装の「無い」機体でも出場できます。人によるマシンチューニングに匹敵するAIを構築するのがこのプロジェクトの目標です。このため、AI対AI無しの対戦も歓迎いたします。リモコンも同様に歓迎です。

AIによるコース学習を推奨するため、各チームごとに2分間(延べ時間)のコース独占を許可する。

コースは当日発表を基本とする。
 参考資料: 昨年度(2015)コース

見学

会場佐賀大学様とファジィシステムシンポジウム様のご好意により、見学は無料です。どなたでも御覧いただけます。

参加エントリ


参加エントリは
で受付をしております。
参加ご希望の方は、リンク先にて、チーム名、代表者名などを記入してお申込みください。

皆様のエントリをお待ちしております。

なお、開催当日まで申し込みを受け付けしております。
飛び込みの参加も歓迎です。



詳細ルール


予選会
決勝大会でのトーナメント決定のための事前計測を目的とする。

決勝大会
トーナメントによる勝ちあがり戦。

各レースは2名による競技で、3レーンすべてを最初に完走するか、相手に追いついた時点で勝ちとする。
競技者どうしで互いにスタートのレーンを決定し、司会者のGOサインとともに走行開始する。
コース逸脱や車両停止により継続不能と判断された場合は失格となる。両者失格の場合は5分間のインターバルを経て再レースを実施する。3レース実施で決着がつかない場合はジャンケンで勝者を決定する。


競技参加者へのお願い


十分な電源コンセントが確保できないことが想定されます。各自電源タップをご持参いただきますようお願いいたします。

ミニ四駆AI大会 in FSS2016佐賀 実行委員会

  • 星野孝総(高知工科大学) 実行委員長
  • 西野順二(電気通信大学)
  • 矢野良和(愛知工業大学)
  • 橋山智訓(電気通信大学)
  • 中島智晴(大阪府立大学)
  • 加納政芳(中京大学)