A.HONDA's HOMEPAGE

Akio HONDA, Ph.D.



【本多明生,博士(文学)】


Associate Professor,

Department of Human Sciences and Cultural Studies,

Faculty of Human Sciences and Cultural Studies,

Yamanashi-Eiwa College.

【山梨英和大学・人間文化学部・人間文化学科・准教授


888 Yokone-machi, Kofu, Yamanashi, 400-8555 Japan

【〒400-8555 山梨県甲府市横根町888】


E-mail: honda[at]yamanashi-eiwa.ac.jp *Please replace [at] with @


Research Areas【研究領域】

  • Experimental Psychology (実験心理学): Perception (知覚), Learning (学習), Memory (記憶), Cognition (認知), Emotion (感情)

  • Kansei Engineering (感性工学): Virtual Reality (バーチャル・リアリティ), Presence (臨場感), Verisimilitude (迫真性), Multimedia (マルチメディア)

  • Disaster Psychology (災害心理学): Perceived Risk (リスク認知), Crime and Disaster Prevention (防犯・防災), Nuclear Power Plant (原子力発電)


Articles【学術論文】

  1. Honda, A., & Nihei, Y. (2001). Individual Differences in Components of Route Descriptions. Tohoku Psychologica Folia, Vol. 60, 72-80. Website

  2. 仁平義明・二瀬由理・大類純子・小笠原郁代・荒木剛・本多明生・佐藤拓・田村達・畠山直子・佐藤オリエ (2002). 大学生の恐怖の性差:条件付けモデルと進化心理学的モデル. 東北大学学生相談所紀要, Vol. 28, 35-42.

  3. 仁平義明・遠山智子・本多明生・佐藤拓 (2003). 痴呆性高齢者の妄想と認知機構の効果的な対処法に関する研究. 高齢者痴呆介護研究・仙台研究センター研究年報, Vol. 3, 101-120.

  4. Honda, A., & Nihei, Y. (2003). Empathy, Spatial and Verbal Abilities Characterize a Person Who Can Best Described a Route. Perceptual and Motor Skills, Vol. 96, 861-866. Website

  5. Honda, A., & Nihei, Y. (2004). Sex Differences in Wayfinding Behavior Using Well- or Poorly- Written Route Descriptions. Tohoku Psychologica Folia, Vol. 63, 15-24. Website

  6. 本多明生 (2007). ポジティブ心理学における研究動向:感謝心の実証的研究について. いわき明星大学大学院人文学研究科紀要, Vol. 4, 42-49.

  7. 本多明生 (2007). カー・ナビゲーションは運転時の経路探索にどのような影響を与えるか. いわき明星大学人文学部研究紀要, Vol. 20, 90-99.

  8. 本多明生・柴田寛・行場次朗・岩谷幸雄・鈴木陽一・大内誠 (2007). 三次元聴覚ディスプレイ研究の新展開:聴覚VRゲームによる転移効果. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 12, 487-496. Website

  9. Honda, A., Shibata, H., Gyoba, J., Saitou, K., Iwaya, Y. & Suzuki. Y. (2007). Transfer Effects on Sound Localization Performances from Playing a Virtual Three-Dimensional Auditory Game. Applied Acoustics, Vol. 68, 885-896. Website

  10. Honda, A., & Nihei, Y. (2007). Components of an Intelligible Route Description: Creating Graphic Maps from Written Route Directions. Tohoku Psychologica Folia, Vol. 66, 29-39. Website

  11. 本多明生・山入端津由 (2008). 治安悪化神話の心理学的研究. いわき明星大学大学院人文学研究科紀要, Vol. 6, 24-33.

  12. 本多明生 (2008). 進化心理学の研究動向:嫉妬の性差研究について. いわき明星大学人文学部研究紀要, Vol. 21, 1-11.

  13. 本多明生・大原貴弘 (2009). マクベス効果:精神的純潔と身体的清潔の結びつきについて. いわき明星大学大学院人文学研究科紀要, Vol. 7, 106-117.

  14. 本多明生・大原貴弘 (2009). 行動伝染の研究動向:あくびはなぜうつるのか. いわき明星大学人文学部研究紀要, Vol. 22. 1-9.

  15. Honda, A., Shibata, H., Gyoba, J., Iwaya, Y. & Suzuki. Y. (2009). Transfer Effects on Communication and Collision Avoidance Behavior from Playing a Three-Dimensional Auditory Game Based on a Virtual Auditory Display. Applied Acoustics, Vol. 70, 868-874. Website

  16. Honda, A., & Nihei, Y. (2009). Sex Differences in Object Location Memory: The Female Advantage of Immediate Detection of Changes. Learning and Individual Differences, Vol. 19, 234-237. Website

  17. 本多明生 (2010). 大学生におけるLocus of Controlと防犯方略. いわき明星大学人文学部研究紀要, Vol. 23, 21-28.

  18. Honda, A., & Yamanoha, T. (2010). Perceived Risks and Crime Prevention Strategies of Japanese High School and University Students. Crime Prevention and Community Safety, Vol. 12, 77-90. Website

  19. Wiwattanapantuwong, J., Lee, C., Honda, A., & Abe, T. (2011). Taiwanese Perceptions of Japan and The Use of Nuclear Power after The 2011 East Japan Earthquake and Tsunami Disaster: An Examination of The Role of Media and Heuristic Cues. Tohoku Psychologica Folia, Vol. 70, 44-55. Website

  20. 本多明生神田敬幸・柴田寛浅井暢子・寺本渉・坂本修一・岩谷幸雄・行場次朗・鈴木陽一 (2013). 視聴覚コンテンツの臨場感と迫真性の規定因. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 18, 93-101. Website

  21. Honda, A., Shibata, H., Hidaka, S., Gyoba, J., Iwaya, Y., & Suzuki. Y. (2013). Effects of Head Movement and Proprioceptive Feedback in Training of Sound Localization. i-Perception, Vol. 4, 253-264. Website

  22. Wiwattanapantuwong, J., Zhang, Y., Honda, A., & Abe, T. (2013). The Impact of The 2011 East Japan Earthquake and Subsequent Nuclear Accident: A Preliminary Interview Study among South Korean People. Tohoku Psychologica Folia, Vol. 72, 16-25. Website
  23. Sakamoto, S., Hasegawa, G., Honda, A., Iwaya, Y., Suzuki, Y., & Gyoba, J. (2014). Body Vibration Effects on Perceived Reality with Multi-Modal Contents. ITE Transactions on Media Technology and Applications, Vol. 2, 46-50. Website

  24. Abe T., Wiwattanapantuwong J., Honda A. (2014). Dark, Cold, and Hungry, but Full of Mutual Trust: Manners among The 2011 Great East Japan Earthquake Victims. Psychology in Russia: State of the Art, Vol. 7, 4-13. Website

  25. 佐藤翔輔・杉浦元亮・野内類・邑本俊亮・阿部恒之・本多明生・岩崎雅宏・今村文彦 (2014). 災害時の「生きる力」に関する探索的研究: 東日本大震災の被災経験者の証言から. 地域安全学会論文集, No. 23, 2014. 7. Website

  26. Honda, A., Wiwattanapantuwong, J., & Abe, T. (2014). Japanese University Students’ Attitudes toward The Fukushima Nuclear Disaster. Journal of Environmental Psychology, Vol. 40, 147-156. Website

  27. Honda, A., Kanda, T., Shibata, H., Sakamoto, S., Iwaya, Y., Gyoba, J., & Suzuki, Y. (2015). Sense of Presence and Verisimilitude of Audio-Visual Contents: Effects of Sounds and Playback Speeds on Sports Video. Interdisciplinary Information Sciences, Vol. 21(2), 143-149. Website

  28. Sugiura, M., Sato, S., Nouchi, R., Honda, A., Abe, T., Muramoto, T., Imamura, F. (2015). Eight Personal Characteristics Associated with The Power to Live with Disasters as Indicated by Survivors of The 2011 Great East Japan Earthquake Disaster. PLoS ONE, 10(7), e0130349. Website

  29. Honda, A., Ohba, K., Iwaya, Y., & Suzuki, Y. (2016). Detection of Sound Image Movement during Horizontal Head Rotation. i-Perception, 7(5), 2041669516669614. Website

  30. 本多明生・村松真衣 (2016). 山梨県の幼保施設における防災対策の実態調査. 地域安全学会論文集, No. 26, 2016. 11, 257-267.
  31. Honda, A., Yasukouchi, A., & Sugita, Y. (xxxx). xxxx.

  32. Ohara, T., & Honda, A. (xxxx). xxxx.

  33. 大矢佐宜子・本多明生 (xxxx). xxxx.

  34. Wiwattanapantuwong, J., 本多明生・阿部恒之 (xxxx). xxxx.

  35. Honda, A., Tsunokake, S., Suzuki, Y., & Sakamoto, S. (xxxx). xxxx.


Books【著書】

  1. Honda, A., Shibata, H., Hidaka, S., Iwaya, Y. Gyoba, J., & Suzuki. Y. (2008). Transfer Effects on Auditory Skills from Playing Virtual Three-Dimensional Auditory Games. In Weiss, B. N. (Ed), New Research on Acoustics (pp. 141-157). Nova Science Publishers. Website

  2. 本多明生 (2009). 恋愛・結婚:妬み・嫉妬. 宮下一博 (監修), ようこそ!青年心理学:若者たちは何処から来て何処へいくのか (pp. 68-76). ナカニシヤ出版. Website
  3. 本多明生 (2009). 防犯:リスクと不安. 仁平義明 (編集), 防災の心理学:ほんとうの安心とは何か (pp. 193 -212). 東信堂. Website

  4. 本多明生 (2010). 進化心理学とポジティブ感情:感謝の適応的意味. 堀毛一也 (編集), 現代のエスプリ:ポジティブ心理学の展開 (pp. 37-47). 至文堂. Website

  5. Seki, Y., Iwaya, Y., Chiba, T., Yairi, S., Otani, M, Oh-uchi, M., Munekata, T., Mitobe, K., & Honda, A. (2011). Auditory Orientation Training System Developed for Blind People Using PC-based Wide Range 3D Sound TechnologyIn Suzuki, Y., Brungart, D., Iwaya, Y., Iida, K., Cabrera, D., &  Kato, H. (Eds), Principles and Applications of Spatial Hearing (pp. 152-162). World Scientific Publishing. Website

  6. 林洋一 (監修), 本多明生・大原貴弘 (編集) (2011). 心の科学:基礎から学ぶ心理学. 明星大学出版部. 記憶 (pp. 90-106), 日常記憶 (pp. 107-108), ポジティブ心理学 (pp. 127-128), 進化心理学 (pp. 129-130), 防犯心理学 (pp. 259-260) を執筆】 Website

  7. 阿部恒之・Wiwattanapantuwong, J.・本多明生 (2013). 被災者のマナー:体験から立ち上がった課題. 平川新・今村文彦・東北大学災害科学国際研究所 (編著), 東日本大震災を分析するⅡ:震災と人間・まち・記録 (pp. 68-81), 明石書店. Website

  8. VandenBos, G. R. (監修), 繁桝算男・西本裕子 (監訳) (2013). APA心理学大辞典. 培風館. 【感覚知覚領域の訳者を担当】 Website

  9. 本多明生 (2015). 原発災害をめぐる大学生の態度. 吉原直樹・仁平義明・松本行真 (編著), 東日本大震災と被災・避難の生活記録 (pp. 737-758), 六花出版. Website

  10. 本多明生 (2015). 心理学は防犯に役立つのでしょうか? 兵藤宗吉・野内類 (編著), Q & A心理学入門:生活の疑問に答え,社会に役立つ心理学 (pp. 123-134), ナカニシヤ出版. Website

  11. 本多明生 (2016). マルチモーダル/クロスモーダル知覚. 日本音響学会 (編集), 音響キーワードブック (pp. 408-409), コロナ社. Website

Technical Reports【技術研究報告】

  1. 本多明生・仁平義明 (2002). どのようなルート説明が分かりやすいのか? 信学技報IEICE Technical Report HIP2002-12 (2002-05), 65-70.

  2. 仁平義明・本多明生 (2002). ナビゲーション・システムとしての人間:有効なルート・ナビゲーションのための基礎的研究. 三菱自動車工業株式会社奨学寄附金研究報告書.

  3. 本多明生・仁平義明 (2003). 分かりやすいルート説明の要素と説明者の特性. 信学技報IEICE Technical Report HIP2003-9 (2003-05), 47-52.

  4. 本多明生・柴田寛・行場次朗・西塔宏二・岩谷幸雄・鈴木陽一 (2005). 3次元聴覚ディスプレイを用いた聴覚ゲームの転移効果:実音源定位課題と会話時のFace contactに及ぼす影響. ヒューマンインターフェイス学会研究報告集, Vol. 7, 65-70.

  5. 本多明生・柴田寛・行場次朗・西塔宏二・岩谷幸雄・鈴木陽一 (2005). 3次元聴覚ディスプレイを用いた聴覚ゲームの転移効果:実音源定位課題と衝突物体回避課題に及ぼす影響. 信学技報IEICE Technical Report HIP2005-32(2005-7), 71-76.

  6. 本多明生・柴田寛・日高聡太・行場次朗・岩谷幸雄・鈴木陽一 (2007). 音源定位学習における頭部運動とフィードバックの効果. 信学技報IEICE Technical Report HIP2007-138 (2007-12), 49-54.

  7. 仁平義明・本多明生・北村康宏 (2007). 交通事故加害者の心理的苦悩からの回復過程: 「ゆるし」への支援. 三井住友海上福祉財団研究成果報告集 (交通安全・高齢者福祉), Vol. 11, 43-46.
  8. 本多明生・仁平義明 (2008). 偶発位置記憶における女性優位の本態. Technical Report on Attention and Cognition, No. 24.

  9. 大場景翔・岩谷幸雄・本多明生・鈴木陽一 (2011). 頭部運動を伴う音像定位課題における音像移動の検知. 信学技報IEICE Technical Report EA2011-66 (2011-8), 99-103.

  10. 神田敬幸・本多明生柴田寛浅井暢子・寺本渉・坂本修一・岩谷幸雄・行場次朗・鈴木陽一 (2011). 視聴覚コンテンツの臨場感と迫真性に関する実験的研究:シンバル演奏場面における視野制限と音圧レベルの効果. 信学技報IEICE Technical Report HIP2011-44(2011-11), 7-10.

  11. 増見洋治・本多明生・鈴木陽一・坂本修一 (2014). 受動回転中の主観的正面における音像定位弁別限. 信学技報IEICE Technical Report HIP2014-67(2014-12), 7-10.


Conference Presentations【学会発表】

  1. 本多明生・仁平義明 (2001). 分かりやすいルート説明の条件. 北海道心理学会・東北心理学会第9回合同大会, 2001年7月20-21日, 北海道教育大学札幌校.

  2. 本多明生・仁平義明 (2002). ルート説明における言語情報と空間情報の相互変換. 東北心理学会第56回大会, 2002年8月22-23日, 山形大学.

  3. 本多明生・仁平義明 (2002). 分かりやすいルート説明と説明者の内的特性. 日本応用心理学会第69回大会, 2002年9月7-8日, 東京富士大学.

  4. 本多明生・仁平義明 (2002). 分かりやすいルート説明の要素:重回帰分析による検討. 日本心理学会第66回大会, 2002年9月25-27日, 広島大学.

  5. 仁平義明・二瀬由理・大類純子・本多明生 (2002). 高所恐怖は男性的恐怖か?:条件づけモデルと進化心理学的モデル. 日本心理学会第66回大会, 2002年9月25-27日, 広島大学.

  6. 本多明生・仁平義明 (2003). 分かりやすいルート説明と経路探索行動. 東北心理学会第57回大会, 2003年8月26-27日, 東北学院大学.

  7. 本多明生・仁平義明 (2003). 分かりやすいルート説明は地図に落としやすいか. 日本心理学会第67回大会, 2003年9月13-15日, 東京大学.

  8. 本多明生・北村康宏・仁平義明 (2003). 交通事故の加害者の心理的distressと回復過程(1):質問紙法によるアプローチ. 法と心理学会第4回大会, 2003年10月11-12日, 東北大学.

  9. 北村康宏・本多明生・仁平義明 (2003). 交通事故の加害者の心理的distressと回復過程(2):面接と描画法による事例報告. 法と心理学会第4回大会, 2003年10月11-12日, 東北大学.

  10. Honda, A., Nihei, Y. (2004). Wayfinding with Well- or Poorly Written Route Descriptions. 5th Tsukuba International Conference on Memory: Dynamic Cognitive Processes, March 13-15, 2004, Tsukuba, Japan.

  11. Kitamura, Y., Honda, A., & Nihei, Y. (2004). Recovery Processes from Traumatic Memory: Comparison of Drivers Responsible for Traffic Accidents with the Victims. 5th Tsukuba International Conference on Memory: Dynamic Cognitive Processes, March, 13-15, 2004, Tsukuba, Japan.

  12. 本多明生・仁平義明 (2004). 地理的情報処理尺度作成の試み:SDQ-S・経路探索エラーとの関係. 東北心理学会第58回大会, 2004年6月26-27日, 岩手県立大学.

  13. 本多明生・仁平義明 (2004). 分かりにくいルート説明の特徴:ことばから地図化するとき. 日本心理学会第68回大会, 2004年9月12-14日, 関西大学

  14. Honda, A., Nihei, Y. (2005) . Anxiety and Behavior During Wayfinding. 6th Tsukuba International Conference on Memory: Memory and Emotion, March 13-15, 2005, Tsukuba, Japan.
  15. 本多明生・仁平義明 (2005). 地理的情報処理方略と経路探索エラー・タイプ. 日本認知心理学会第3回大会, 2005年5月28-29日, 金沢大学.

  16. 本多明生・仁平義明 (2005). ルート説明文と実際の経路探索行動:探索時の不安・移動エラー. 東北心理学会第59回大会, 2005年8月27-28日, いわき明星大学.

  17. Honda, A., Shibata, H., Iwaya, Y. Gyoba, J., & Suzuki. Y. (2006). Transfer Effects of Playing a Virtual Three-Dimensional Auditory Game: Influences on the Performance in a Communication Task and a Collision Avoidance Task. The 12th Meeting of the International Conference on Auditory Display, June 19-24, 2006, London, UK. 【Oral Presentation】

  18. Honda, A., Nihei, Y. (2006). Sex Differences in Object Location Memory: Detection of the Changed and the Unchanged. The 4th International Conference on Memory, July 16-21, 2006, Sydney, Australia.

  19. 本多明生・仁平義明 (2006). 位置記憶にみられた女性優位の本態:空間内の配置変化の検出. 日本認知心理学会第4回大会, 2006年8月1-2日, 中京大学.

  20. 本多明生・柴田寛・行場次朗・岩谷幸雄・鈴木陽一・大内誠 (2006). 聴覚ゲーム練習による転移効果:聴覚VRゲーム研究の新しい展開と今後の展望. 日本バーチャルリアリティ学会第11回大会, 2006年9月7-9日, 東北大学. 日本バーチャルリアリティ学会11回大会学術奨励賞】

  21. 大内誠・岩谷幸雄・鈴木陽一・本多明生 (2006). ヴァーチャル音空間における視覚障害者の認知地図学習支援に関する研究. 日本バーチャルリアリティ学会第11回大会, 2006年9月7-9日, 東北大学.

  22. 本多明生・仁平義明 (2006). 偶発位置記憶の性差の持続性:信号検出理論による検討. 東北心理学会・北海道心理学会第10回合同大会, 2006年9月30日-10月1日, 東北福祉大学.

  23. 本多明生・柴田寛 (2006). 説明伝達時の視点調整:伝達方法・環境騒音・情報の解読可能性の影響. 日本心理学会第70回大会, 2006年11月3-5日, 九州大学.

  24. 本多明生・柴田寛・日高聡太・行場次朗・岩谷幸雄・鈴木陽一(2007). 頭部運動ならびにフィードバックが音源定位学習に及ぼす影響. 第348回音響工学研究会, 2007年7月26日, 東北大学.

  25. 本多明生 (2007). 性的嫉妬の男女差:高校生と大学生を対象とした探索的研究. 東北心理学会第61回大会, 2007年9月6-7日, 岩手大学.
  26. 本多明生 (2007). 性的嫉妬の男女差と加齢による変化:高校生・大学生・45歳以上を対象とした探索的研究. 日本応用心理学会第74回大会, 2007年9月8-9日, 帝塚山大学.

  27. 本多明生・柴田寛・日高聡太・行場次朗・岩谷幸雄・鈴木陽一 (2007). 音源定位学習におけるフィードバック効果. 日本バーチャルリアリティ学会第12回大会, 2007年9月19-21日, 九州大学.

  28. 本多明生・山入端津由 (2008). 大学生の防犯心理:居住形態による犯罪被害回避方略の変化. 東北心理学会第62回大会, 2008年7月19-20日, 東北大学.

  29. 本多明生・山入端津由 (2008). 犯罪被害リスク知覚と犯罪被害回避方略の男女差. 日本心理学会第72回大会, 2008年9月19-21日, 北海道大学.

  30. 本多明生・山入端津由 (2008). 日常生活における防犯心理:犯罪被害回避方略尺度作成の試み. 日本犯罪心理学会第46回大会, 2008年10月4-5日, 社会安全研究財団.

  31. 関喜一・岩谷幸雄・千葉武尊・矢入聡・大谷真・大内誠・棟方哲弥・水戸部孝一・本多明生 (2008). 広範囲電子的測位による3次元音響を用いた視覚障害者の聴覚空間認知訓練の可能性 (2). 34回感覚代行シンポジウム, 2008年12月3-4日, 産業技術総合研究所.

  32. Seki, Y., Iwaya, Y., Chiba, T., Yairi, S., Otani, M., Oh-uchi, M., Munekata, T., Mitobe, K., & Honda, A. (2009). Auditory Orientation Training System for the Blind by Using Wide-Range 3-D Sound. Conference and Workshop on Assistive Technologies for People with Vision and Hearing Impairments, April 20-23, 2009, Wroclaw, Poland.

  33. 本多明生・山入端津由 (2009). 大学生における防犯心理の季節的変動の検討. 日本認知心理学会第7回大会, 2009年7月19-20日, 立教大学.

  34. 本多明生・山入端津由 (2009). 防犯ブザー利用は防犯方略に影響を及ぼすか. 日本心理学会第73回大会, 2009年8月26-28日, 立命館大学.

  35. 本多明生・山入端津由 (2009). 若年層の防犯方略レベルと性格特性. 日本応用心理学会第76回大会, 2009年9月12-13日, 九州大学.

  36. 本多明生・山入端津由 (2009). 大学生における防犯心理の地域差:沖縄県大学生と東北地方大学生の比較検討. 日本犯罪心理学会第47回大会,  2009年10月11-12日, 沖縄国際大学.

  37. Seki, Y., Iwaya, Y., Chiba, T., Yairi, S., Otani, M., Oh-uchi, M., Munekata, T., Mitobe, K., & Honda, A. (2009). Auditory Orientation Training System for the Blind by using PC-Based Wide-Range 3-D Sound Technology. International Workshop on the Principles and Applications of Spatial Hearing, November 11-13, 2009, Zaou, Japan.

  38. 関喜一・岩谷幸雄・千葉武尊・矢入聡・大谷真・大内誠・棟方哲弥・水戸部孝一・本多明生 (2009). 広範囲電子的測位による3次元音響を用いた視覚障害者の聴覚空間認知訓練の可能性 (第3報). 35回感覚代行シンポジウム, 2009年12月7-8日, 独立行政法人産業技術総合研究所臨海副都心センター.

  39. 関喜一・岩谷幸雄・千葉武尊・矢入聡・大谷真・大内誠・棟方哲弥・水戸部孝一・本多明生 (2010). 聴覚ディスプレイと歩行トレーニング. 22回バイオエンジニアリング講演会, 2010年1月9-10日, 岡山理科大学.

  40. 本多明生 (2010). 大学生の防犯心理(2):単身居住者における性別と居住階数の効果. 東北心理学会第64回大会, 2010年9月11-12日, 宮城学院女子大学.

  41. 大原貴弘・本多明生 (2010). あくびのうつりやすさと性格特性. 東北心理学会第64回大会, 2010年9月11-12日, 宮城学院女子大学.

  42. 本多明生 (2010). 大学生におけるLocus of Controlと防犯方略レベル. 日本心理学会第74回大会, 2010年9月20-22日, 大阪大学.

  43. 関喜一・岩谷幸雄・大内誠・矢入聡・大谷真・棟方哲弥・水戸部一孝・本多明生・稲永潔文 (2010). 広範囲電子的測位による3次元音響を用いた視覚障害者の聴覚空間認知訓練の可能性(第4報): β版配布開始. 36回感覚代行シンポジウム, 2010年12月6-7日, 独立行政法人産業技術総合研究所臨海副都心センター.

  44. 阿部恒之・本多明生・ Wiwattanapantuwong, J. (2011). 被災者のマナー (2): 被災時の混乱と助け合い. 東北大学による東日本大震災3ヶ月後緊急報告会, 2011年6月15日, 仙台国際センター.

  45. Honda, A. (2011). Housing Types and Crime Prevention Strategies of Japanese University Students: Effects of Gender and Duration of Residence. 16th World Congress of the International Society for Criminology, August 5-9, 2011, Kobe, Japan. 【Oral Presentation】

  46. 阿部恒之・本多明生・Wiwattanapantuwong, J. (2011). 被災者のマナー (3): 被災者は何を見たか, 感じたか. 東北大学による東日本大震災6ヶ月後緊急報告会, 2011年9月14日, 仙台国際センター.

  47. 柴山明寛・佐藤翔輔・今村文彦・阿部恒之・本多明生 (2011). 東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト. 東北大学による東日本大震災6ヶ月後緊急報告会, 2011年9月14日, 仙台国際センター. 

  48. 本多明生 (2011). 防犯ブザー利用は防犯方略に影響を及ぼすか (2). 日本心理学会第75回大会, 2011年9月15-17日, 日本大学.

  49. 大原貴弘・本多明生 (2011). ビッグファイブはあくびのうつりやすさを規定するか? 日本心理学会第75回大会, 2011年9月15-17日, 日本大学.

  50. 神田敬幸・本多明生柴田寛浅井暢子・寺本渉・坂本修一・岩谷幸雄・行場次朗・鈴木陽一 (2011). 視聴覚コンテンツにおける臨場感・迫真性の規定因. 日本バーチャルリアリティ学会第16回大会, 2011年9月20-22日, 公立はこだて未来大学.

  51. 大場景翔・岩谷幸雄・本多明生・鈴木陽一 (2011). 音像定位課題における頭部運動速度が音像移動検知限に及ぼす効果. 日本音響学会2011年秋季研究発表会, 2011年9月20-22日, 島根大学.

  52. Honda, A., Shibata, H., Hidaka, S., Gyoba, J., Iwaya, Y., & Suzuki, Y. (2011). The Effects of Head Movement and Accurate Proprioceptive Feedback in Training of Sound Localization. 12th International Multisensory Research Forum, October 17-20, 2011, Fukuoka, Japan. (i-Perception, Vol. 2, 865.)

  53. Kanda, T., Honda, A., Shibata, H., Asai, Y., Teramono, W., Sakamoto, S., Iwaya, Y., Gyoba, J., & Suzuki, Y. (2011). The Sense of Verisimilitude has Different Spatial-Temporal Characteristics from Those Producing The Sense of Presence in The Evaluation Process of Audiovisual Contents. 12th International Multisensory Research Forum, October 17-20, 2011, Fukuoka, Japan. (i-Perception, Vol. 2, 789.)

  54. Ohba, K., Iwaya, Y., Honda, A., & Suzuki, Y. (2011). Detection Thresholds of Sound Image Movement Deteriorate During Sound Localization. 12th International Multisensory Research Forum, October 17-20, 2011, Fukuoka, Japan. ( i-Perception, Vol . 2, 807.)

  55. Honda, A., Shibata, H., Hidaka, S., Gyoba, J., Iwaya, Y., & Suzuki, Y. (2012). The Roles of Head Movement and Accurate Proprioceptive Feedback in The Process of Sound Localization Learning. 東北大学電気通信研究所平成23年度共同プロジェクト研究発表会, 2012年3月2日, 江陽グランドホテル (仙台市).

  56. 本多明生・Wiwattanapantuwong, J. ・阿部恒之 (2012). 原子力発電所事故に対する大学生の態度: 震災復興活動への賛否および事故収束の予測年数との関連性. 日本感情心理学会第20回大会, 2012年5月27-28日, 神戸大学.

  57. Wiwattanapantuwong, J. ・本多明生・阿部恒之 (2012). 東日本大震災の復興活動に対する感情評価. 日本感情心理学会第20回大会, 2012年5月27-28日, 神戸大学.

  58. Sakamoto, S., Hasegawa, G., Honda, A., Iwaya, Y., Suzuki, Y., Gyoba, J. (2012). Effects of Full Body Vibration on the Perceived Sense of Verisimilitude and Sense of Presence. 13th International Multisensory Research Forum, June 19-22, 2012, Oxford, UK. (Seeing and Perceiving, Vol. 25, 111.)

  59. Ohba, K., Iwaya, Y., Honda, A., & Suzuki, Y. (2012). Detection Thresholds of Sound Image Movement During Head Rotation. The Third Seminar of A3 Foresight Program ("Ultra-Realistic Acoustic Interactive Communication on Next-Generation Internet"), July 2-3, 2012, Seoul, South Korea.

  60. Wiwattanapantuwong, J.・張燕・本多明生・阿部恒之 (2012). 韓国における東日本大震災の評価. 東北心理学会第66回大会・新潟心理学会第49回大会, 2012年7月14-15日, 新潟大学.

  61. Gyoba, J., Asai, N., Hidaka, S., Honda A., Shibata, H, & Teramoto W. (2012). The Sense of Verisimilitude has Different Spatial-Temporal Characteristics from Those Producing The Sense of Presence in Appreciating Audio-Visual Contents. 30th International Congress of Psychology, July 22-27, 2012, Cape Town, South Africa.

  62. Wiwattanapantuwong, J.本多明生・阿部恒之 (2012). 東日本大震災における逸脱行動とその許容性に関する実態調査. 日本心理学会第76回大会, 2012年9月11-13日, 専修大学.

  63. 本多明生・神田敬幸・柴田寛・坂本修一・岩谷幸雄・行場次朗・鈴木陽一 (2012). 視聴者が感じるスポーツコンテンツの臨場感と迫真性は再生速度に よって変化する. 日本バーチャルリアリティ学会第17回大会, 2012年9月12-14日, 慶應義塾大学.

  64. 長谷川玄・坂本修一・本多明生・岩谷幸雄・鈴木陽一・行場次朗 (2012). 身体振動情報が多感覚コンテンツの高次感性知覚に与える影響. 日本バーチャルリアリティ学会第17回大会, 2012年9月12-14日, 慶應義塾大学.

  65. 杉浦元亮・野内類・佐藤翔輔・邑本俊亮・今村文彦・阿部恒之・本多明生・岩崎雅宏 (2012). 生きる力とは何か~3.11震災経験の認知科学的分析:被災者・復旧復興当事者の困難克服事例の定性的分析. 第31回日本自然災害学会年次学術講演会, 2012年9月18-19日, 弘前大学.

  66. 大場景翔・本多明生・岩谷幸雄・鈴木陽一・坂本修一 (2012). 頭部運動中の音像定位弁別限に関する実験的考察. 日本音響学会聴覚研究会 (2012年10月), 2012年10月13-14日, いこいの村岩手.

  67. Ohba, K., Honda, A., Iwaya, Y., Suzuki, Y., & Sakamoto, S. (2012). Subjective Precision of Azimuthal Sound Localization During Horizontal Head Rotation. The Fourth Seminar of A3 Foresight Program ("Ultra-Realistic Acoustic Interactive Communication on Next-Generation Internet"), November 4-6, 2012, Zaou, Japan.

  68. 大内誠・岩谷幸雄・関喜一・鈴木陽一・矢入聡・大谷真・水戸部一孝・棟方哲弥・本多明生・鈴木雅史・吉村昇・稲永潔文・三浦貴大 (2013). 広範囲聴覚空間認知訓練システム. 東北大学電気通信研究所情報通信研究拠点平成24年度共同プロジェクト研究発表会, 2013年2月28日, 学術総合センター (東京都).

  69. 大場景翔・鈴木陽一・坂本修一・本多明生・岩谷幸雄 (2013). 頭部運動中の主観的正面における音像定位弁別限. 日本音響学会2013年春季研究発表会, 2013年3月13-15日, 東京工科大学.

  70. 本多明生・Wiwattanapantuwong, J. ・阿部恒之 (2013). 原子力発電に対する態度研究の現在. 日本感情心理学会第21回大会, 2013年5月11-12日, 東北大学.

  71. Wiwattanapantuwong, J. ・本多明生・阿部恒之 (2013).  東日本大震災・復興活動に対する感情的地域差. 日本感情心理学会第21回大会, 2013年5月11-12日, 東北大学. 【日本感情心理学会第21回大会独創研究賞】

  72. Suzuki, Y., Ohba, K., Sakamoto, S., Honda, A., & Iwaya, Y. (2013). Minimum Audible Angle at The Subjective Front during Listener's Head Rotation.  14th International Multisensory Research Forum, June 3-6, 2013, Jerusalem, Israel. (Multisensory Research, Vol. 26, 104- 105.) 【Oral Presentation】

  73. Sakamoto, S., Hasegawa, G., Honda, A., Iwaya, Y., Suzuki, Y., & Gyoba, J. (2013). Effects of Body Vibration on The Perceived Reality in Multi-Modal Contents. Three Dimensional Systems and Applications (3DSA2013),  June 26-28, 2013, Osaka, Japan.

  74. Wiwattanapantuwong, J., Honda, A., & Abe, T. (2013). Moral Dilemmas in Japan after The Fukushima Nuclear Disaster: Effects of Residential Area and Disaster Experience. International Society for Research on Emotion (ISRE2013), August 3-5, 2013, Barkeley, USA.

  75. 佐藤翔輔・杉浦元亮・邑本俊亮・野内類・今村文彦・阿部恒之・本多明生・岩崎雅宏 (2013). 災害時の「生きる力」に関する探索的研究:東日本大震災の被災者の証言から. 第32回日本自然災害学会年次学術講演会, 2013年9月24-25日, 北見工業大学.

  76. 増見洋治・鈴木陽一・本多明生・坂本修一 (2013). 体躯と顔の向きの差が主観的正面における音像定位弁別限に与える影響. 日本音響学会聴覚研究会 (2013年10月), 2013年10月10-11日, 神戸セミナーハウス.

  77. Suzuki, Y., Honda, A., Ohba, K., Sakamoto, S., & Iwaya, Y. (2013). Minimum Audible Angle at The Subjective Front during Active and Passive Listener's Head Rotation. 166th Meetings of The Acoustical Society of America, December 2-6, 2013, San Francisco, USA.

  78. Masumi, Y., Suzuki, Y., Honda, A., & Sakamoto, S. (2014). Subjective Front in Horizontal Sound Localization of Listeners: Effects of Head Movements and Face Directions. 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP' 14), February 28-March 3, 2014,  Honolulu, USA.

  79. 本多明生 (2014). 能動的な聴取訓練は何をもたらすか:聴覚VRゲームの転移効果. 日本音響学会2014年春季研究発表会, 2014年3月10-12日, 日本大学. 【招待講演】

  80. 本多明生・Wiwattanapantuwong, J. ・阿部恒之 (2014). 放射能汚染の恐怖は震災復興施策への反応を特徴付ける. 日本心理学会第78回大会, 2014年9月10-12日, 同志社大学.

  81. 大原貴弘・本多明生 (2014). アクビのうつりやすい性格特性: 一般化線形モデルを用いた検討. 日本パーソナリティ心理学会第23回大会, 2014年10月4-5日, 山梨大学.

  82. Honda, A., Suzuki, Y., Masumi, Y., Ohba, K., Sakamoto, S., & Iwaya, Y. (2014). Listener’s Head Rotation Affects Their Sound Localization Acuity at the Subjective Front. Moving Sounds and Moving Listeners: A Two Day Workshop on the Use of Motion Tracking and Moving Audio in Hearing Research, October 13-14, 2014, Glasgow, Scotland, UK. 【Selected Talks】

  83. 大久保和樹・尾崎友佑・岩谷幸雄・本多明生 (2015). 頭部運動を伴う音像定位における純音閾値の変化. 平成27年東北地区若手研究者研究発表会 (音・光・電波・エネルギー・システムとその応用), 2015年2月28日, 日本大学工学部. 【映像情報メディア学会東北支部優秀賞 (大久保和樹)】
  84. 本多明生 (2015). 動的手がかりを考慮した音空間知覚に関する研究. 東北大学電気通信研究所平成26年度共同プロジェクト研究発表会, 2015年2月23日, 東北大学片平さくらホール. 【国際および若手プロジェクト成果報告】

  85. 増見洋治・鈴木陽一・本多明生・坂本修一 (2015). 受動回転時の最少弁別角度に回転速度が与える影響. 日本音響学会2015年春季研究発表会, 2015年3月16-18日, 中央大学. 

  86. Honda, A., Masumi, Y., Suzuki, Y., & Sakamoto, S. (2015). Passive Horizontal Rotation Affects Sound Localization Acuity at the Subjective Front.  16th International Multisensory Research Forum, June 13-16, 2015, Pisa, Italy.

  87. 本多明生 (2015). 災害を生きる8因子を形作る要因は何か. 第4回災害・認知・脳科学研究科 (生きる力を育むには? : 学術と現場のコラボレーションに向けて), 2015年7月24日, 東北大学災害科学国際研究所. 

  88. 角掛沙也香本多明生・鈴木陽一・坂本修一 (2015). 遅い頭部回転中の音像定位における主観的正面の検知限. 日本音響学会聴覚研究会 (2015年11月), 2015年11月13-14日, 甲州市勝沼ぶどうの丘.

  89. Honda, A. (2016). Detection Threshold for Sound Localization at the Subjective Front during Passive Horizontal Slow Rotation. 東北大学電気通信研究所平成27年度共同プロジェクト研究発表会, 2016年2月25日, 東北大学電気通信研究所. 

  90. 角掛沙也香・本多明生・鈴木陽一・坂本修一 (2016). 聴取者受動回転時における音像定位精度の回転速度依存性の検討. 日本音響学会2016年春季研究発表会, 2016年3月9-11日, 桐蔭横浜大学.

  91. Tsunokake, S., Honda, A., Suzuki, Y., & Sakamoto, S. (2016). Sound Localization Acuity at the Subjective Front during Passive Slow Horizontal Rotation. The RIEC International Symposium on Ultra Realistic Interactive Acoustic Communications 2016 (ISURAC 2016), May 19-21, 2016, Miyagi Zaou, Japan.

  92. Iwaya, Y., Kikuchi, H., Tsuchiya, M., Ozaki, Y., and Honda, A. (2016). Detection Threshold of Pure Tone during Sound Localization with Head Movement. The RIEC International Symposium on Ultra Realistic Interactive Acoustic Communications 2016 (ISURAC 2016), May 19-21, 2016, Miyagi Zaou, Japan.

  93. Honda, A., Masumi, Y., Suzuki, Y., & Sakamoto, S. (2016). Minimum Audible Angle during Passive Horizontal Rotation. 17th International Multisensory Research Forum, June 15-18, 2016, Suzhou, China.

  94. Honda, A. (2016). Sense of Presence and Verisimilitude of Audio-Visual Contents of Sprots. 31st International Congress of Psychology, July 24-29, 2016, Yokohama, Japan. (International Journal of Psychology, Vol. 51 (Issue Supplement S1), 834) 【Contributed Symposium Symposiast】

  95. Honda, A. (2016). Japanese Attitudes toward the Fukushima Nuclear Disaster. 31st International Congress of Psychology, July 24-29, 2016, Yokohama, Japan. (International Journal of Psychology, Vol. 51 (Issue Supplement S1), 950-951.) 【Invited Symposium Symposiast】

  96. Sugiyama, A., Nagasawa, M., & Honda, A. (2016). Co-experience Effects of Hot-spring Bathing with Friends: An Experimental Study. 31st International Congress of Psychology, July 24-29, 2016, Yokohama, Japan.

  97. 岩谷幸雄本多明生・尾崎祐介 (2016). 頭部運動を伴う音像定位時の純音検知限. 日本音響学会聴覚研究会 (2016年8月), 2016年8月9-10日, 東北学院大学.

  98. 矢崎胡桃・本多明生 (2016). 小中校におけるセクシュアル・マイノリティ支援に関するインタビュー調査. 日本学校心理学会第18回大会, 2016年10月1-2日, 名古屋大学.

  99. 本多明生・村松真衣 (2016). 山梨県の幼保施設における防災対策の実態調査. 第39回地域安全学会研究発表会 (秋季), 2016年11月4-5日, 静岡県地震防災センター.

  100. 大矢佐宜子・本多明生 (2016). 回想が気分状態と精神的健康に与える影響: 大学生への介入実験. 日本健康心理学会第29回大会, 2016年11月19-20日, 岡山大学.

  101. Honda, A., Yasukouchi, A., & Sugita, Y. (2016). Auditory Guided Adjustment Shows Robust Loudness Constancy. The 173rd Meeting of the Acoustical Society of America (The 5th Joint meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan), November 28- December 2, 2016, Hawaii, USA. (The Journal of the Acoustical Society of America, 140(4), 3267.)

  102. Tsunokake, S., Honda, A., Suzuki, Y., & Sakamoto, S. (2016). Effects of Listener's Very Slow Rotation on Sound Localization Accuracy. The 173rd Meeting of the Acoustical Society of America (The 5th Joint meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan), November 28- December 2, 2016, Hawaii, USA. (The Journal of the Acoustical Society of America, 140(4), 3269.)

  103. Sakamoto, S., Teramoto, W, Honda, A., Suzuki, Y., Gyoba, J. (2016). Auditory Space Perception during Self-Motion. The 173rd Meeting of the Acoustical Society of America (The 5th Joint meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan), November 28- December 2, 2016, Hawaii, USA. (The Journal of the Acoustical Society of America, 140(4), 2998.) 【Invited Lecture】

  104. Honda, A., Tsunokake, S., Suzuki, Y., & Sakamoto, S. (2017). Sound Localization Accuracy during Passive Very Slow Rotation. 東北大学電気通信研究所平成28年度共同プロジェクト研究発表会, 2017年2月23日, 東北大学電気通信研究所.

  105. 廣瀬悠貴・本多明生 (2017). 大学生における簡易感謝誘導効果に関する実験的研究. 東北大学加齢医学研究所・人間脳科学研究セミナー (第2回: 情動と行動の相互作用), 2017年3月3日, 東北大学加齢医学研究所.
  106. 角掛沙也香・本多明生・鈴木陽一・坂本修一 (2017). 聴取者回転時の音像定位におけるmultiple-lookモデルの妥当性について. 日本音響学会2017年春季研究発表会, 2017年3月15-17日, 明治大学.

  107. 本多明生 (2017). 感謝特性は災害を生きる力因子を特徴づける. 日本感情心理学会第25回大会, 2017年6月23-25日, 同志社大学.
  108. Honda, A., Yasukouchi, A., & Sugita, Y. (2017). Auditory Guided Adjustment Shows Robust Loudness Constancy, but when Visual Cues of Musical Performance are Available. The Biennial Conference of the Society for Music Perception and Cognition (SMPC2017), July 30- August 3, 2017, San Diego, California, USA.

  109. Honda, A., & Hirose, Y. (2017). Gratitude Induction and Death Anxiety Reconsidered. 31st Conference of the European Health Psychology Society (EHPS 2017), August 29- September 2, 2017, Padova, Italy.

  110. 大矢佐宜子・本多明生 (2017). 回想が気分状態と精神的健康に与える影響 (2): 大学生と高齢者の介入効果の比較. 日本健康心理学会第30回大会, 2017年9月1-2日, 明治大学.

  111. 廣瀬悠貴・本多明生 (2017). 感謝することは死の不安を軽くするか:大学生における簡易感謝介入効果の検証. 日本健康心理学会第30回大会, 2017年9月1-2日, 明治大学

  112. 矢崎胡桃・本多明生 (2017). 山梨県の小中学校におけるセクシュアル・マイノリティ支援に関する実態調査. 日本学校心理学会第19回大会, 2017年9月16-17日, 筑波大学.

  113. 本多明生・安河内鮎美・杉田陽一 (2017). 鍵盤ハーモニカを用いた音の大きさ恒常性に関する研究. 日本心理学会第81回大会, 2017年9月20-22日, 久留米大学.

  114. 廣瀬悠貴・本多明生 (2017). 感謝介入は死の不安を軽減するか:大学生における一か月間の感謝介入実験. 日本認知・行動療法学会第43回大会, 2017年9月29日-10月1日, 朱鷺メッセ: 新潟コンベンションセンター.

  115. 廣瀬悠貴・本多明生 (2017). xxxx. 第6回ポジティブサイコロジー医学会学術集会, 2017年11月25日, 慶應義塾大学.

  116. Honda, A., Tsunokake, S., Suzuki, Y., & Sakamoto, S. (2017). Effects of Listener’s Whole-Body Rotation and Sound Duration on Sound Localization Accuracy. The 174th Meeting of the Acoustical Society of America, December 4- December 8, 2017, New Orleans, Louisiana, USA.

  117. Honda, A., & Sugiura, M. (2018). Big Five Personality Traits, Gratitude, and the Power to Live with Disasters. 2018 SPSP (Society for Personality and Social Psychology) Annual Convention, March 1 – 3, 2018, Atlanta, Georgia, USA.


Research Grants【競争的研究費】

  1. 分かりやすい空間ガイド情報の条件:言語情報と視空間情報の最適化に関する基礎的研究. 2005年度~2006年度, 科学研究費補助金:特別研究員研究奨励費, 研究代表者:本多明生 (課題番号:05J04647).

  2. The 12th Meeting of the International Conference on Auditory Displayでの研究発表. 2006年度, 東北開発記念財団海外派遣援助助成. 研究発表者:本多明生.

  3. 三次元聴覚ディスプレイを用いた聴覚トレーニングによる地理空間情報処理への転移効果. 2006年度~2007年度, 科学研究費補助金:若手 (スタートアップ), 研究代表者:本多明生 (課題番号:18830064).
  4. 日常生活における防犯心理:犯罪被害回避方略尺度の開発と防犯教育効果の実証的研究. 2008年度~2011年度, 科学研究費補助金 (若手(B)), 研究代表者:本多明生 (課題番号:20730450).

  5. マルチモーダル感覚情報の時空間統合. 2010年度, 科学研究費補助金(特別推進研究),  研究代表者: 鈴木陽一 (課題番号: 19001004). 【連携研究者】
  6. 生きる力とは何か:震災時行動の認知科学的分析. 2012年度~2013年度, 東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究 (拠点研究: 研究種目A),研究代表者:杉浦元亮 (課題番号: A-5). 【所外共同研究者】

  7. 災害対応ゲーミング実験の方法論と実験施設のあり方. 2012年度~2013年度, 東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究 (拠点研究: 研究種目A),研究代表者:奥村誠 (課題番号: A-6). 【所外共同研究者】
  8. 高精細3次元音空間情報のセンシングとディスプレイ技術の開発. 2012年度~2014年度, 科学研究費補助金 (基盤研究(A)), 研究代表者:鈴木陽一 (課題番号: 24240016). 【分担研究者

  9. 動的手がかりを考慮した音空間知覚に関する研究. 2014年度~2016年度, 東北大学電気通信研究所共同研究プロジェクト (先端的研究推進型・若手研究者対象型), 研究代表者: 本多明生 (採択番号: H26/A13).
  10. アクティブリスニング知覚過程理解に基づく音空間提示システム. 2014年度~2016年度, 科学研究費補助金 (基盤研究(B)), 研究代表者:岩谷幸雄 (課題番号: 26280078). 【分担研究者】

  11. 災害を生きる力とは?: 8因子の認知脳科学的分析. 2014年度~2015年度, 東北大学災害科学国際研究所特定プロジェクト研究 (拠点研究: 研究種目A),研究代表者:杉浦元亮 (課題番号: A-3). 【所外共同研究者

  12. 生きる力の認知神経科学的分析とその教育応用研究の創成. 2014年度~2017年度, 日本学術振興会課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業領域開拓プログラム (課題D: 行動・認知・神経科学の方法を用いた,人文学・社会科学の新たな展開), 研究代表者: 杉浦元亮. 【分担者】

  13. 古代アメリカの比較文明論. 2014年度~現在, 科学研究費補助金 (新学術領域研究 (新規研究領域)), 領域代表者:青山和夫 (領域番号: 1601), 研究代表者: 坂井正人 (研究計画A03). 【2014年度~2015年度: 研究協力者】【2016年度~現在: 研究分担者】

  14. ADVISE理論に基づく自由聴取点高精細3次元音空間システムの開発. 2016年~現在, 科学研究費補助金 (基盤研究(A)), 研究代表者:鈴木陽一 (課題番号: 16H01736). 【研究分担者】

  15. 精神健康法の効果メカニズムの脳科学的体系化と効果予測技術の開発. 2016年~現在, 科学研究費補助金 (基盤研究(A)), 研究代表者: 杉浦元亮 (課題番号: 16H01873). 【2016年度:連携研究者】【2017年度~現在:研究分担者】

  16. 我が国の幼保施設の災害リスク認知と防災対策の実態に関する調査研究. 2017年度~現在, 高橋産業経済研究財団, 研究代表者:本多明生

  17. 多感覚音空間知覚の時間特性に関する研究. 2017年度~現在, 東北大学電気通信研究所共同研究プロジェクト (萌芽的研究支援型・先端的研究支援型), 研究代表者:本多明生 (採択番号:H29/A22).
  18. 災害を生きる力因子を特徴づけるパーソナリティ特性の解明. 2017年度~現在, 東北大学災害科学国際研究所共同研究プロジェクト (研究課題④防災・人材育成学), 研究代表者:本多明生.

  19. 中学校におけるセクシュアル・マイノリティ支援に関する実態調査. 2017年度, 平成29年度山梨県若手研究者奨励事業補助金 (平成29年度山梨県大村智人材育成基金事業), 研究代表者:本多明生.
  20. xxxx.


Public Lectures【講演会】

  1. 本多明生 (2006). 心理学からみた男女差. いわき明星大学秋季公開講座, 2006年11月17日, 2006年11月24日, いわき明星大学.  
  2. 本多明生 (2009). 防犯心理学の挑戦. 文部科学省科学研究費補助金による研究成果報告会 (人文科学の新展開),  2009年2月7日, いわき明星大学.

  3. 本多明生 (2010). 感謝の心理学:感謝して受け取るものに豊かなる収穫あり. いわきヒューマンカレッジ, 2010年9月25日, いわき明星大学. 

  4. 本多明生 (2011). 感謝の心理学:感謝して受け取るものに豊かなる収穫あり. ときわ路セミナー, 2011年1月29日, 相馬市役所分庁舎.

  5. 阿部恒之・本多明生・ Wiwattanapantuwong, J. (2011). 被災者のマナー (2): 被災時の混乱と助け合い. 東北大学による東日本大震災3ヶ月後緊急報告会, 2011年6月15日, 仙台国際センター.

  6. 阿部恒之・本多明生・Wiwattanapantuwong, J. (2011). 被災者のマナー (3): 被災者は何を見たか, 感じたか. 東北大学による東日本大震災6ヶ月後緊急報告会, 2011年9月14日, 仙台国際センター.

  7. 柴山明寛・佐藤翔輔・今村文彦・阿部恒之・本多明生 (2011). 東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト. 東北大学による東日本大震災6ヶ月後緊急報告会, 2011年9月14日, 仙台国際センター. 

  8. 本多明生 (2011). 自然災害と人間行動. アイセックジャパン仙台委員会講演会, 2011年11月26日, 仙台国際センター.

  9. 本多明生 (2014). 脳にまつわる神話と事実. 県民コミュニティーカレッジ (地域ベース講座: サイコロジー・トゥデイ), 2014年10月1日, 山梨英和大学.

  10. 本多明生 (2015). 災害心理学の今:災害に強い人はどんな人か. 南アルプス市自主防災会講演会, 2015年8月26日, 南アルプス市若草生涯学習センター.
  11. 本多明生 (2015). お金は人を変えるのか. 県民コミュニティ―カレッジ (地域ベース講座:お金とこころのサイエンス),  2015年10月28日, 山梨英和大学.

  12. 本多明生 (2016). 小中学校におけるセクシャル・マイノリティ支援の実態と課題:養護教諭への聞き取り調査の結果から. 第4回郡市指導主事会講演会, 2016年7月19日, 甲府市教育研修所.

  13. 本多明生 (2017). ストレスと癒しの心理学. 山梨英和大学メイプルカレッジ, 2017年5月18日, 6月1日, 6月15日, 山梨英和大学.


Awards【受賞】

  1. 日本バーチャルリアリティ学会第11回大会学術奨励賞, 2007年.
  2. 日本感情心理学会第21回大会独創研究賞, 2013年.