ニュース‎ > ‎

AgileJapan2012 愛媛/瀬戸内サテライト開催しました。

2012/03/21 14:26 に Takeshi Kakeda が投稿   [ 2012/03/21 14:28 に更新しました ]
3/16(金)に、日本全国で開催された AgileJapan2012。愛媛松山も昨年同様サテライト開催に参加しました。今年はコミセンでの開催となりました。
 
参加者は8名という若干少なめの人数でしたが、応援に駆け付けてくれた岡山、広島のお二人を交えて、濃い内容になりました。
午前中のストリーミング中継では、ディレイはあったものの、ジョナサン氏、岸良氏、山下氏の講演を愛媛で拝聴することができました。
コミセンは中にレストランがあるので、そこで全員で昼食をしながら、自己紹介などをしました。


午後のサテライト独自コンテンツでは、アジャイルサムライの読書会の第一回を開催しました。
1章の途中までを読みましたが、脱線しながらも参加者間の色々な話を聞きながら進めることが
できました。実際に参加者のアジャイル的に開発を進めた時の体験談なども聞くことができました。


その後は事例セッションということで、岡山の @mao_instantlife さんに現場でのアジャイル導入事例のお話を伺いました。
会社の制約の中で、いかにアジリティを高めるかの「闇アジャイラー」についてお話して頂きました。
急遽講演を依賴した広島の@isabisi1484 さんには、PMにおけるファシリテーション、モチベーションの重要性についてのお話を伺いました。
午前の話に通じるモチベーションの話は非常に興味深い内容でした。

最後に愛媛、広島、岡山で連係して何ができるのか、についてブレインストーミングを行いました。
瀬戸内の特性を生かして「島で合宿を開催する」、「OSS方面と連係する」などのアイディアがでました。
中国・四国エリアでの交流について考えるよいきっかけになりました。

どうしても首都圏に偏りがちな情報ですが、地方は地方で盛り上がり、地域間の連係で相乗効果を発揮するような仕組みを今後も模索していきたいところです。
また、愛媛県内、四国内にも、まだまだ発信していかなければいけないと感じる一日でした。

ちなみに写真で皆が手に持っているのは協賛のオーム社様より頂いた書籍です。オーム社様にはアジャイルサムライ読書会についてもご協力頂きました。本当にありがとうございました。





Comments