概要

Actrive Minutesは議事録を書くためのツールです。
Evernote形式の議事録を素早く作成することができます。
作成した文書をEvernoteに保存し、プロジェクトメンバーと共有することができます。
また、Active Minutes は会議アジェンダを作成することができます。
さらに、会議アジェンダを議事録に変換することができます。


== 主な機能 ==
*会議アジェンダの作成
*議事録の作成
*文書をEvernoteクラウドへ保存
*会議アジェンダを議事録へ変換
*文書をプロジェクトメンバーへ送付(AP連携機能を通して)
*グループ情報の作成/編集
*メンバー情報の作成/編集
*文書テンプレートのカストマイズ
  ー項目名称の変更
  ー項目の追加

== アクションアイテムリスト ==
アクションアイテムリストは議事録からアクションアイテムを自動的に抽出します。
次の議事録を抽出対象とします
*Evernoteに保存済(「Draft」または「Sent」アイコンを持つ議事録)
*アクションアイテムリストと同じ「タグ」を持つ議事録
(タグをプロジェクトIDとして利用されることを想定しています)


アクションアイテムの抽出処理は次の通りです。
*抽出したアクションアイテムはアクションアイテムリストに既に存在するものと比較します
*同じNoを持つアクションアイテムが既に存在する場合は、取り込みません
*Noが同じでも所属する議事録が異なるアクションアイテムは別のものとみなします
*アクションアイテムをアクションアイテムリストに取り込んだ後、議事録側のアクションアイテムを削除した場合は
、取り込んだアクションアイテムはそのまま残ります。必要であればマニュアルで削除してください。

* アクションアイテムの状況別の色分け表示
* 期限が過ぎたアクションアイテムの色分け表示
* スワイプ操作でアクションアイテムの表示列が横スクロール切替可能(iPhone版のみ)

== AP連携機能 ==
*ActiveGroup(*)と連携してレビュー依頼をレビューメンバーへ送付
 ActiveGroupは弊社のコミュニケーションアプリです
*RepeatContact(*)からグループ情報を取り込み
 RepeatContactは弊社のアドレス帳アプリです


== テンプレートのカストマイズ ==
議事アジェンダと議事録のテンプレートは目的に合わせてカストマイズすることができます。

* フィールドラベル名称の変更
   テンプレート編集画面で、フィールドラベル名称を始めとする各種設定を変更することができます
   上部の YouTube ビデオを参照ください。

* 新規フィールドの追加
   行をスワイプダウンします。その後、新規フィールドの設定画面がポップアップします。
 新規フィールドはスワイプダウンした行の上に挿入されます。

 ** フィールド型
    フィールドにはいつくかの型があり、次のものから選択できます
    テキスト:  テキストのフィールド
    タイトル:  インラインのテキストフィールド (短い文字列の格納に適しています)
    日付:  日付フィールド
    場所:  インラインのテキストフィールドで値がDBに格納されます。また格納した値から選択が可能になります
    person-list: 人名のリスト。 ”参加者”リストがこのタイプです。
    link-list: リンクのリスト。”添付資料”がこのタイプです。

 ** タイトル規則とコンテンツ規則 **
    規則は固定文字列と規則変数から構成されます
    規則変数は、ノート設定情報の変数表現です。
    規則変数は、評価され適切な固定値に置き換えられます
  規則変数は次の形式をとります
       {% <rule directive> %}
    <rule directive> には次のものを指定します
    -  autonumber-line
        リストの中の通し番号
    -  date
        ノート設定の日付の値
        日付のフォーマットが指定できます
    -  template-name
        ノートのテンプレート名
    -  tag
        ノート設定のtagの値
        tag はEvernoteのTagとして設定されます
        tag はプロジェクトを特定するIDとして使用することを想定しています
    -  note-key
        ノート設定のnote-keyの値
        note-keyはノートを特定するIDとして使用することを想定しています

== ノートの共有 ==
会議ジェンダや議事録は Evernote のノート形式で作成されます.
Active Minutes は必要位に応じて "ActiveMnutes" という名前のノートブックを自動的に作成します。
ノートはこの"ActiveMinute"ノートブック内に作成されます。
他のグループメンバーとノートを共有するため、Active Minutes はエバーノートの SharedNotebook を作成します。
(SharedNotebook はエバーノートのデータで該当するノートブックが他のユーザと共有可能であることを示します)

Active Minutes がレビュー情報を Active Groupに送信した後、レビュー依頼がグループメンバーに送信されます。
そして依頼されたメンバーがメール内のリンクを開くことになります。
リンクを開くとActive Groupが起動します。そしてその時にエバーノートのLinkedNotebookが作成され、ノートブックの共有が達成されます。
(LinkedNotebook はエバーノートのデータで該当するノートブックの所有者が他のユーザであることを示します)

===  FAQ  ===

Q. ノートを削除するには?
A. リストの該当行を左右にスワイプ(指を左右に滑らせる)してください

Q. 会議アジェンダを議事録に変換する具体的操作は?
A. アジェンダ詳細画面の下部ツールバーの”ノートを変換”ボタンをタッチしてください

Q. ノート名規則の変更方法は?
A. ノート名規則は変更できませんが、個々のノート名は編集可能になっていますので個別に変更して下さい

support blog

ご意見
===========================
文字 ★★★
by kendou123 - Version 1.3.1 - Sep 30, 2013
記入時文字を大きくできる昨日が欲しいです。
===========================
文字を修飾(太字にしたり大きくしたり)する機能のご要望と理解しました。
次のバージョンで対応(マークダウン書式に対応)を検討します。