多言語状況の比較研究>第2回研究会

文字は誰のものか?-エチオピアの無文字言語の文字化をめぐって


 金沢大学 柘植洋一

I. エチオピアの言語状況(資料1資料2参照)

 言語数:80ほど=アフロ・アジア語族(セム系,クシ系,オモ系)と,ナイル・サハラ語族
 分布:中央・北部の高原地帯:セム系(アムハラ語,ティグリニア語,グラゲ語など)
    西部,南部,東部:クシ系(オロモ語,シダマ語,アファル語,ソマリ語など)
    西南部:オモ系(ウォライタ語,ガモ語,アリ語など)
    スーダン国境:ナイル・サハラ語族(ヌエル語,アニュワ語,ボディ語など)

II. エチオピア文字

  南アラビアからセム人が移住(紀元前一千年紀半ば):セム系言語と文字がもたらされた。  
  言語(南アラビア語) → ゲエズ語,ティグリニア語,アムハラ語,グラゲ語などに
  文字(南アラビア文字)→ エチオピア文字に発展(紀元2世紀頃)

III. 書き言葉の歴史(ゲエズ語からアムハラ語へ)

1.ゲエズ語
   ①アクスム王国(紀元1c~10c,最盛期は4c~6c) 
    エザナ王(4c)キリスト教受容(→エチオピア正教会),
           エチオピア文字完成:<1子音+1母音>という音節文字(資料3参照)
      聖書翻訳など    10 c頃にはゲエズ語は死語に
       ↓  
   ②ザグエ朝(クシ系)
       ↓
   ③ソロモン朝(1270年~1974年)アムハラ人
    ・宮廷の言語はアムハラ語。書き言葉はゲエズ語
    ・16c半~17c半 イエズス会を中心とするカトリック宣教師の活動
      正教会に対抗し,ゲエズの翻訳,ゲエズ語での著作
      一方,神学校ではアムハラ語,(ティグリニア語)で教育
      アムハラ語への翻訳,文法書など(←焚書により現存せず)
    ・アムハラ語の書き言葉としての使用:周辺的な部分にとどまる
     「王の歌」(14c~16c),聖書注解,医学・呪術的文献(16/17c~),ゲエズ語-アムハラ語語彙集(17c~)   

2.アムハラ語:エチオピアの近代化の中で 
   エチオピアの開国:19c~キリスト教宣教師 アムハラ語訳聖書等を大量に持ち込む
   テオドロスII (1855-68):国家の再統一と中央集権化
     外交文書,年代記をアムハラ語で
   メネリクII (1889-1913):近代化 以降アムハラ語

3.近代化以後のアムハラ語の公的なステータスの変遷
   ①ハイレ・セラシエI (1930-1974):近代化を推進 アムハラ語の公用語化
    ・エチオピア帝国憲法 (1931) 規定無し  
    ・イタリアによる支配 (1936-41) アムハラ語出版物の禁止など
    ・改定エチオピア帝国憲法(1955) 「帝国の公用語official language」(資料4参照)
      エリトリア(ティグリニア語とアラビア語)との連邦(1952)から併合(1962)
      大規模な識字キャンペーン=全土のアムハラ語化

   ②社会主義期(1974~1991):公用語から作業語working languageへ
    ・大規模な識字キャンペーン(1979~)
      アムハラ語以外の15言語(エチオピア総人口の大多数をカバー)
       何語を選択するか:母語ではなくアムハラ語を選択
       基礎的な作業,フォローアップの不備
    ・エチオピア人民民主共和国憲法(1987)(資料4参照)
      諸民族の平等と言語の平等,アムハラ語は作業語と位置づける

   ③連邦制(1991~)
    ・エチオピア連邦民主共和国憲法(1994) (資料4参照)
      言語面では人民民主共和国憲法の精神を引き継ぐ
      連邦構成各州が独自の作業語を制定:何語を選ぶか
      アムハラ語は連邦政府の作業語であるとともに,いくつかの州の作業語に

Ⅳ. 他言語の文字化

   1.上記以外の言語の文字による記録:散発的なもの 
      19c~特筆すべきものとして,ティグリニア語とオロモ語

   2.欧米のミッションによる各民族語の使用との関わりから
    ①政府による規制 1944年の布告第3号 帝国内での布教に関して(資料5参照)
      布教に用いる言語はアムハラ語による。宣教師はアムハラ語を学ばなければならない。

      布教目的でのlocal language使用の禁止

     文字使用の制限:上記布告によれば民族語を文字表記することは想定していない。
       ← ミッション側からの聖書翻訳・出版の要望
          皇帝の特別なはからいにより許可。

  3.民族ナショナリズムからの文字化(多数話者をもつ言語)
    オロモ語の場合:オネシモス・ナシーブ キリスト教徒でありオロモ民族主義
            シャイフ・サパロ(ムスリム) 独自の文字を作成 

    民族ナショナリズム:体制/反体制の象徴としての文字
     ・社会主義期:政府はエチオピア文字によるオロモ語表記を認める
      ←内外の反体制オロモ諸グループのなかで,ローマ字使用の動きが進む。
     ・社会主義体制の崩壊とともに,ローマ字(Qubee)を採用(資料6参照)
       これ以降他の言語でのローマ字化も進む

  4.少数言語の文字化(西南部のアリ語の事例)
    ①社会主義期の識字キャンペーン(先に言及した15以外の言語でもかなりの試み)
    「アリ語で書くための文字」3(資料7参照)
    ②宣教師による聖書翻訳(新約:1997)
      ↓
    多くの場合は②の活動は継続,しかしそれ以上には進展しない。
     多くのアリ人:内的な動機の欠如(文字化が何を意味するか,何をもたらすか)
     行政側:積極的に文字化を推進しようとする姿勢の欠如
     宣教師達:宗教的なメッセージの伝達だけが目的 
       おまけに,エチオピア文字による表記→誰も読めない,読もうとしない状況