第9回 craniosynostosis 研究会のホームページです

日時: 2013年 7月13日(土) 13時~

場所: 
秋葉原 UDXギャラリー: NEXT-2

アクセス: http://udx.jp/next/access.html



■ 多くの皆様のご参加と、ご協力をいただきまして、
  盛会のうちに、日程を終了することができました。
  誠にありがとうございました。


 今回は、頭蓋縫合早期癒合症の基礎と臨床について、以下の2つのテーマを中心に会を開く予定でおります。

主題1:「頭蓋縫合早期癒合症の基礎病態の再考」

特別講演1:

「Fibroblast Growth Factor Receptor 2(FGFR2)のApert型変異と骨芽細胞の表現型」

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
顎顔面頸部機能再建学系顎顔面機能修復学
顎顔面矯正学分野 教授
森山啓司 先生

特別講演2
「頭蓋骨縫合線のパターン形成の数理モデル」

九州大学大学院医学研究院
生体制御学講座
系統解剖学分野 教授
三浦 岳 先生

主題2:「頭蓋縫合早期癒合症治療における、cranial orthosis(ヘルメット療法)の役割」


現在、日本で入手可能な、2社の製品について、ご講演および製品の展示を予定しております。



関連リンク: craniosynostosis研究会 http://cranio-kenkyukai.sakura.ne.jp/


当番幹事: 神奈川県立こども医療センター 脳神経外科、形成外科