1.31 更新

第61回プリマーテス研究会は所内外より合わせ137名の方にご参加いただき,
盛会の内に終了いたしました.
参加していただいた皆様,ありがとうございました.

次回,第62回プリマーテス研究会は2018年1月27日・28日です.

Thank you very much for joining to the 61st Primates Conference.
Next, the 62nd Conference will be held on January 27th and 28th, 2018.


今回も演題の中から発表賞を選出しました.
厳正なる審査の結果,受賞されたのは以下の方々です.
おめでとうございました!

最優秀口頭発表賞
「ドローンを用いた野生下ウマの群内個体配置に関する研究」
○井上漱太1、山本真也2、リングホーファー萌奈美2、Renata Mendonça3、平田聡11京都大学野生動物研究センター、2神戸大学国際文化学研究科、3京都大学霊長類研究所)

最優秀ポスター発表賞
「アフリカ大型類人猿における集団内/隣接集団間の血縁構造」
〇石塚真太郎(京都大学霊長類研究所)

優秀口頭発表賞
「笹が決める?:屋久島山頂部のニホンザルの標高移動」
○本田剛章、半谷吾郎(京都大学霊長類研究所)

「ワオキツネザルのオス由来の匂い物質に対するメスの応答行動」
○糸井川壮大1、早川卓志1,2、田中ちぐさ2、杉浦直樹2、坂口真悟2、今井啓雄11 京都大学霊長類研究所、2(公財)日本モンキーセンター)

「京都市動物園における霊長類学初歩実習:関西大倉高等学校の取り組みⅣ-A
マンドリル、ゴリラ、チンパンジーの移動速度と距離・チンパンジー、ゴリラの移動様式とその継続時間
◯友田珠代1、◯角田芙美1、横山実玖歩2、七五三木環3、瀧山拓哉、川口ゆり5、川上文人6、山梨裕美6山本真也71関西大倉高等学校、2京都大学総合人間学部、3京都大学農学部、4京都大学理学部、5京都大学霊長類研究所、6京都大学野生動物研究センター、7神戸大学大学院国際文化学研究科)

優秀ポスター発表賞
Some like it hot: Japanese macaques lower glucocorticoid levels by bathing in hot springs」
○Rafaela S. C. Takeshita, Fred B. Bercovitch, Kodzue Kinoshita, Michael A. Huffman(Primate Research Institute, Kyoto University)

チンパンジー・アキラの自傷行為をなくしたい」
〇廣澤麻里1,2、奥村文彦1、藤森唯1、星野智紀1、坂口真悟11(公財)日本モンキーセンター、2京都大学野生動物研究センター)

プリマーテス研究会特別賞
飼料から目指す動物たちの福祉 ~品目数増加にむけて~」
〇星野智紀、奥村太基、菊田恭介、杉浦直樹、荒木謙太、安倍由里香、今井由香((公財)日本モンキーセンター)


We are pleased to announce the award winners as follows:

The Best Oral Presentation Grand Prize   
Sota Inoue (Wildlife Research Center, Kyoto University)

The Best Poster Presentation Grand Prize   
Shintaro Ishizuka (Primate Research Institute, Kyoto University)

The Best Oral Presentation Award   
Takeaki Honda (Primate Research Institute, Kyoto University)
Akihiro Itoigawa (Primate Research Institute, Kyoto University)
Tamayo Tomoda and Fumi Sumida (Kansai Okura Senior High School)
 
The Best Poster Presentation Award   
Rafaela S. C. Takeshita (Primate Research Institute, Kyoto University)
Mari Hirosawa (Japan Monkey Centre / Wildlife Research Center, Kyoto University)

Primates Conference Special Award  
Tomonori Hoshino (Japan Monkey Centre)


 (2017年1月28日撮影)




日本モンキーセンターは主要なミッションとして、霊長類に関する調査研究、保全活動、
環境教育および社会普及活動、動物福祉に配慮した動物園の設置などを掲げています。
今回のプリマーテス研究会は、こうした日本モンキーセンターのミッションと関わる、
霊長類学、保全生物学、野生生物学、博物館学、動物園学などの分野からの
発表を広く募集し、学際的な交流の場となることを目的とします。
本研究会には、どなたでも参加・発表して頂けます。
霊長類の研究・保全・福祉・教育に関わる多数の発表をお待ちしております。

The main missions of Japan Monkey Centre (JMC) are to promote research, conservation, environmental education on nonhuman primates as well as zoo installation in the light of animal welfare. This year’s annual meeting will offer a forum for cross-disciplinary discussion by having speakers from the various fields including primatology, conservation biology, wildlife biology, museology, and zoo science .
The annual meeting welcomes your attendance, with/without presentation. We are looking forward to presentations related to research, education, conservation and welfare in primatology.

期日
2017
年1月28日(土)~29日(日)

会場
公益財団法人日本モンキーセンター
 ビジターセンターホール,セミナーハウス白帝

共催
京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院

参加資格について
本研究会への参加は「友の会」に入会されていることを条件とします.未入会の方はこちらのページをご参照の上,手続きをお願いします.

発表形式
1.口頭発表: 
発表時間は15分です.
(3分の質疑応答を含みます.)
プレゼンテーションファイルは当日お持ちください.


2.ポスター発表: 
発表を掲示できるサイズは縦180×横90 cmです.
28日(土)の夕方にコアタイムを設けます.

発表は日本語・英語どちらでも可とします.
発表される方はこちらのフォームを利用して要旨を作成してください.研究会終了後に記録集を作成する予定です.記録集掲載用の1点ないし2点の図版を含めてください.


発表申し込み
発表される方はこちらのページのフォームよりお申し込みください.電話またはFAXでの申し込みも受け付けます.下記アドレスにお問い合わせください.

合わせて発表要旨の送付をお願いいたします.
  送付先:

発表されない方は事前の申し込みは不要です。
当日直接会場にお越しください。

発表申し込み締め切り
発表申し込み:
2016年12月26日(月)
2017年1月9日(月)
2017年1月12日(木)  ←延長しました

費用
500円 (茶菓子代として)
当日現金にてお支払いください.


連絡先
プリマーテス研究会事務局
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 
公益財団法人日本モンキーセンター
TEL  0568-61-2327
FAX  0568-62-6823
E-mail  
担当 早川 卓志 ・ 新宅 勇太
Date
January 28th, 2017 (Sat) - 29th (Sun)

Venue
Visitor Center and Seminar House Hakutei
@ Japan Monkey Centre

Co-hosted
Leading Graduate Program in Primatology and Wildlife Science (PWS), Kyoto University

Eligibility for participation
The participant must be a member of "Tomo-no-kai membership". For those who are not, please visit the website to apply for membership.

Presentation styles
1. Oral: 
15 minutes talk (12 minutes presentation + 3 minutes questions & answers)
Please transfer your presentation file to the computer at venue.

2. Poster: 
Poster should be within 180 cm height ×90 cm width.Core time will be assigned on Saturday evening.

The presentations can be given in either Japanese or English. 
Please download the form (Word file) to submit the abstract. We will publish the proceedings of this meeting. Please include the one or two figures in abstract.

Registration for presentation
To give a presentation, please register from here. You can register by telephone or fax. Please check ‘Contact’ below.

Please send your abstract to following address.
  E-mail: 




Deadline for registration
Registration for presentation:  
December 26th, 2016 (Mon)
January 9th, 2017 (Mon)
January 12th, 2017 (Thu)  extended.

Fees
500 yen (for tea and snacks)
Please pay in cash at the registration desk in the venue.

Contact
Japan Monkey Centre
26 Kanrin, Inuyama, Aichi 484-0081, Japan
TEL  0568-61-2327
FAX  0568-62-6823
E-mail  
Contact personnel: Takashi Hayakawa
                                Yuta Shintaku