第70回 平成28年度 講演会・総会・懇親会(h28.10.29)



今年は10月29日にホテルセンチュリー21で85名の会員の参加を頂き賑やかに楽しく開催できました。
お陰様で会長のカメラでの写真で顔が小さくなりました。
高感度カメラなので拡大すればよく見えます。ちょっと赤がかっていますがよく見えます。

皆様とともに進む広島桜工会のものすごさを感じることが出来ました。
理工学部からは木田、近藤、安部先生と事務局の田中、江口さんの5名をお招きして
常連の城戸県議、金子市議、浜田市長、三浦校友会広島県支部長等をはじめとして
沢山の来賓を頂きました。
人数が例年より30名弱多く参加されました。
チケット先行販売型として、業界の重鎮の木森さんの声掛けのお陰で先輩からの声に後輩は答えてくれています。
有難うございました。

今年は日大理工航空研が琵琶湖の鳥人間コンテストにおいて、万年2位を跳ね返して11年ぶりに東北大学を超え見事優勝し
その勢いで高揚した顧問の安部先生の「鳥になりたい男たち」での超時間のご講演を頂きました。
1年前からコンタクトを取り6月には船橋(習志野)で安部先生と協議して航空研のメンバーを紹介して頂きました。
毎年琵琶湖鳥人間コンテストはイワタニ興産のスポンサーで8月末から9月上旬に全国ネットで1時間放映されます。
見ていても飽きない面白い番組です。
これは首都圏しか聞けない講演でした。

そして県西部建設局の林さんの司会により総会を終え、70周年記念となる吉光オールドボーイと若手の森さんの名司会で
懇親会を盛り上げて会員の諸氏は大変な喜びようでした。
広島桜工会の蓄えを半分拠出して70周年記念としました。
お陰様で終了時間を30分過ぎてやっと久保田さんの日大節、若きエンジニアの大合唱でやっと会を終了することが出来ました。
皆さん有難うございます。

29.10.29(土)同じホテルセンチュリー21で開催予定です。


毎年、懇親会では文化を高めるため講演会、演奏会など催しものには少しづつ改善を加えていますが、今年のテーマは
「若者のパワー」となる若手のサックス四重奏のペルルの皆さんと楽しい一時をすごしました。
今年は初めて日大校歌をこの生演奏で2番まで歌ってしまいました。
例年では1番しか歌わないのに皆さん唖然としていました。(笑い)

会員は、何と言っても、幅広い年齢層ですが平均年齢が63歳です。
精神年齢は皆さんいつまでもお変わりありません。学部に関係なく広島に在住する土木関係のお仕事をする人が多く集まっています。
ビンゴ、景品大会でどんなものを今年は貰えるのか楽しみにしながら、日大節、若きエンジニアを歌い、いつまでも夢を
持っていきて行きます。
体育会系の久保田さんの日大節はいつ聞いても懐かしさを演出して会を盛り上げてくれます。
ビデオで今年分を収録して残すことにしました。広島桜工会遺産です。

100万人の校友とともにあなたを待っています。





作成者: 広島桜工会事務局  背戸川内 仁
     広島市中区江波西2-10-12
     携帯090-8992-0554  自宅E-MAIL setog@fa3.so-net.ne.jp





サブページ (1): 御茶ノ水さんぽ h27.3