TOP PAGE‎ > ‎

優秀ポスター賞受賞者

厳正な審査の結果、今年度の支部大会において全197件のポスター発表中、優秀ポスター賞に選ばれたのは
以下の22名の方々です(プログラム掲載順、敬称略)。

所属 氏名 タイトル(要旨に基づく)
広島大学 北原 遼太郎 酸化銅から硫化銅(),硫化銅()の選択的合成とXAFS法による評価
鳥取大学 山本 昂久 Tauタンパク質の部分配列を用いた微小管内部空間への分子導入
岡山大学 大島 真 がん特異的RNAデリバリーのためのナノ粒子の開発
鳥取大学 藤田 聖矢 アゾベンゼンを有する光応答性人工ウイルスキャプシドの構築
山口東京理科大学 柴立 郁美 プリオンタンパク質のアミロイド形成を防止するためのポリペプチドの分子設計とその評価
鳥取大学 田中 侑里 NbをドープしたTiO2からなる電極のナトリウム二次電池負極特性
広島大学 岩井 咲樹 芳香環を持つ架橋配位子を用いた鉄二価集積型錯体のスピンクロスオーバー
鳥取大学 中野 史哉 減圧軽油中のアルキル多環芳香族の脱アルキル化反応における阻害物質の特定
鳥取大学 山本 花菜 MFIゼオライトへのCo, Mgのイオン交換の挙動とメタン-ベンゼン反応の触媒活性の関係
徳島文理大学 兵頭 直 結晶スポンジ法による油状医薬低分子の3次元構造解析研究
広島大学 鷺坂 利澄 微量から高水分領域に対応可能な光誘起電子移動(PET-凝集誘起発光特性(AIE)型蛍光性水センサーの開発
米子工業高等専門学校 小林 怜加 正極活物質中のナノカーボン成分の検討による有機系Li二次電池の実用的改善
岡山大学 安居 誠 ビナフチル-ビピリジル環状体の立体構造とキラル光学特性のスイッチング
高知大学 瀨戸 千可 鉄触媒によるアリルシリルエーテルとGrignard試薬のクロスカップリング反応
徳島大学 喜多 葉月 短いペプチド鎖を有するN5位無置換中性フラビン分子触媒によるBaeyer-Villiger酸化反応
鳥取大学 野崎 和馬  2,N-ジリチオベンゾチオアミドを用いる3-ヒドロキシイソインドリン-1-チオンの合成
高知工業高等専門学校 松田 拓人 微細気泡を用いた固着塩除去に関する研究
広島大学 大田 晴久 Siのダングリングボンドと水素生成の相関:メカノケミカル法による反応
島根大学 新田 隆裕 エテニレン架橋型ビスリボフラビンを主鎖に有する高分子の開発とその酸化触媒能
鳥取大学 和田 真由子 1,8-ナフタルイミド誘導体のエキシマー発光を利用した生体高分子のセンシング 
神奈川総合産業高等学校 敷田 剛志 長鎖アルキル基を導入したベンジル2,4-ジヒドロキシフェニルケトン誘導体の熱特性の解析
米子工業高等専門学校 田中  植物果肉組織の褐変を用いてUVクリームの機能を評価する試み

Comments