プログラム

プログラムのPDFはこのページの末尾に掲載しています。

 研究会プログラム

平成281013日(木)


12:30                   受付開始

13:30-13:35        開会の辞

                            小出 剛(国立遺伝学研究所)

 

セッション1                                                                               座長:小出 剛

13:35-14:05        ゲノム解析側から見たイヌの行動遺伝学的研究の方向性

                     桃沢幸秀(理化学研究所基盤技術開発研究チーム)

14:05-14:35        ヒトとイヌの共進化遺伝子の探索

                            菊水健史(麻布大学獣医学部)

14:35-15:05        うつ状態は種間で保存されているのか?~ヒトの診断基準によるマウスの行

動評価の試み

加藤忠史(理化学研究所精神疾患動態研究チーム)

15:05-15:15        小休憩

 

セッション2                                                                               座長:桃沢幸秀

15:15-15:45        イヌの行動遺伝学的研究

                            荒田明日香(東京大学大学院農学生命科学研究科)

15:45-16:15        Roles of microglia in human social mind

                     加藤隆弘、扇谷昌宏、佐藤美那、神庭重信(九州大学医学系学府)

16:15-16:45        家禽化による行動変容と関連する遺伝的変化

                            岡ノ谷一夫(東京大学大学院総合文化研究科)

16:45-16:55        小休憩

 

セッション3                                                                               座長:菊水健史

16:55-17:25        自閉症モデルマウスの行動遺伝学

                            内匠透(理化学研究所精神生物学チーム)

17:25-17:55        瞬きによる情報の分節化とその共有

                            中野珠実(大阪大学大学院生命機能研究科)

17:55-18:25        脳における複雑なニューラルネットワーク形成メカニズム

                            八木健(大阪大学大学院生命機能研究科)

18:25-18:35        研究会開催にあたって

 

ポスターセッション 懇親会  (講堂)                            

18:35-19:30        ポスターセッション

19:30-22:00        懇親会

 

平成281014日(金)

 

セッション4                                                                               座長:岡ノ谷一夫

9:00-9:30            求愛と攻撃の相反性を実現するショウジョウバエ脳内神経回路

                            小金澤雅之(東北大学大学院生命科学研究科)

9:30-10:00          雄マウスにおける喰殺と養育の神経制御

                            時田賢一(理化学研究所親和性社会行動研究チーム)

10:00-10:30        動物とヒトの繋がりに関わる行動および遺伝のメカニズム

                            小出剛(国立遺伝学研究所マウス開発研究室)

10:30-10:45        小休憩

 

セッション5                                                                               座長:小金澤雅之

10:45-11:15        ショウジョウバエfruitless変異体の雄同士の求愛と遺伝子環境相互作用

                            山元大輔(東北大学大学院生命科学研究科)

11:15-11:45        遺伝子活性化型lncRNAによるげっ歯類神経細胞のエピジェネティック制御

                            今村拓也(九州大学医学研究院)

11:45-12:15        ステロイドホルモンが一生を通した個体の繋がりに果たす役割とその脳内作

用機序

                            小川園子(筑波大学大学院人間系)

12:15-12:45        鳥類の先天的発声の分子制御機構

                            新村毅(基礎生物学研究所環境生物学領域)

 

12:45                   閉会の辞

                            菊水健史(麻布大学獣医学部)


 

ポスターセッション

P-1         町田 暁洋         自閉症モデルマウスにおける社会認知機能解析

P-2         大滝賢一             イヌの卓越した社会認知機能を支える遺伝基盤

P-3         磯江泰子             メダカの成長過程における社会性の発達と終脳の発達

P-4         阿部 秀明         Structural mutations in chicken Neuregulin 3 (NRG3) and its influence on phenotypic variation

P-5         天野大樹             養育行動の選択と内側視索前野入力シナプスの機能相関

P-6         福永 津嵩         GroupTracker: 小型魚類の社会性行動を解析するためのトラッキングソフトウェア

P-7         岡山 毅             3次元カメラを用いた巣作り行動の観察

P-8         豊田 淳             社会的敗北モデルマウスの栄養・代謝研究

P-9         戸張靖子             鳴禽類におけるメソトシンcDNAのクローニング

P-10       森 千紘             鳴禽類の聴覚非依存的な歌固定化の神経機構

P-11       松本悠貴             選択交配を利用した従順性行動のQTLマッピング

P-12       吉見一人             ゲノム編集を用いた高効率ノックイン動物作製法の開発および行動学研究への応用

P-13       永山博通             野生由来マウスヘテロジニアスストックの従順性選択群における行動学的特性の解析

P-14       田邉彰                野生マウスの不安様行動に関わるPACAP遺伝子多型の解析

P-15       度会晃行             獲得母性の発現制御に関する神経機構

P-16       松本結                マウスにおけるメラトニン合成能の効果

P-17       田中良弥             ショウジョウバエにおける求愛行動の種特異性を生み出す神経基盤の探索

            P-18       遠藤のぞみ         マウス集団内行動様式の解析

            P-19       宇治田和佳         Grin1点変異マウスの集団内社会性行動解析

Ċ
Tsuyoshi Koide,
2016/10/09 22:17
Comments