一般公開シンポジウム

シンポジウム名

日本動物分類学会第49回大会 一般公開シンポジウム 三陸復興国立公園指定記念 

~三陸のタコやクジラから見た、生物の多様性~

<復興に向けて動物分類学が果たすべき役割>


期日:2013年6月7日(金)

時間:18:00-20:00

場所:TKP仙台カンファレンスセンター(JR仙台駅西口より徒歩3分,ホテルJALシティ仙台の奥 )http://tkpsendai.net/access.shtml 

カンファレンスルーム4B室 

(本大会とは会場が異なります.ご注意下さい)

〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1丁目2-3 ソララガーデン・オフィス

022-217-7126

入場無料 一般の方は事前登録性


【次第】
■ 開会の辞および趣旨説明
  日本動物分類学会第49回大会・大会長 大越和加
   (東北大学大学院農学研究科)

■[第1部]基調講演
 1.「三陸沖のタコたちの「名前」のはなし
   ―地方名・和名・学名の違いと学名を担う標本について―」
   東北大学農学部 グレドル・イアン
 2.「三陸のクジラは復興したか?
    ―鯨類相の回復と標本レスキュー― 」  
   東京海洋大学大学院 加藤秀弘

■[第2部]パネルディスカッション 東日本大震災と動物分類学
   司会 北海道大学名誉教授 馬渡峻輔
 1 . 「震災で失ったもの、生まれたもの。」
   南三陸町役場(ネイチャーセンター準備室) 太齋彰浩
 2 . 「三陸復興国立公園について」
   環境省東北地方環境事務所長 鳥居敏男
 3 . 「東北に国立自然史博物館を」
   北海道大学名誉教授 馬渡峻輔
 4 .討議

■閉会の辞
  環境省東北地方環境事務所長 鳥居敏男


【お問い合わせ・お申込み先】
東北環境パートナーシップオフィス(EPO東北)担当:鈴木、小山田 〒980-0014 仙台市青葉区本町2-5-1 オークビル5F
TEL 022-290-7179 FAX 022-290-7181 E-mail info@epo-tohoku.jp URL http://www.epo-tohoku.jp/

【主催】日本動物分類学会第49回大会実行委員会、環境省東北地方環境事務所、東北環境パートナーシップオフィス(EPO東北)
【後援】宮城県、仙台市、宮城教育大学、東北大学大学院農学研究科、弘前大学、一般財団法人 斎藤報恩会

※いただいた個人情報は適切に管理し、本企画開催事務以外にEPO東北からのお知らせ等に使用させていただく場合があります。
※ウェブサイト等で当日の会場の様子を発信するため、写真撮影をいたします。ご了承ください。

 ↓ 以下のチラシをダウンロードしておつかいください.


Ċ
Satoshi Shimano,
2013/05/09 15:58
Comments