申告の前に‎ > ‎

属地主義と属人主義

属地主義と属人主義

 

日本は属地主義を取るわけだから、日本の国外に住めば日本の税金の外に出る。

 

 外国を源泉とする所得だけなら、日本の税金の外に出る。

 日本を源泉とする所得があれば、この部分は日本の税金を考える。

 

アメリカは属人主義を取るので、アメリカ人をやめない限り、国外に出てもアメリカの税金からは逃れることができない。

 

アメリカ人という概念に、グリーンカード保有者も含まれる。

 

 

 

 

属地主義と属人主義

 
普通の日本人で日本に住み日本の会社に勤務し、アメリカに接点がない場合はアメリカの税金をまず考えることはない。
 
アメリカで仕事をすることになり、家族ともどもアメリカに住む。アメリカで給料をもらい、日本には接点がない場合はアメリカの税金を考える。
 
自分の居住するところや生活実態が日本にあれば日本の税金を考える。アメリカにあればアメリカの税金を中心に考える。

 
これは日本の考え方で、属地主義の考え方だ。この考え方では、その人が日本を離れ、外国に住むと日本の税金を考えることはなく、その外国の税金を考えることになる。日本の税金の枠外に出る。

 
次に属地主義の対極にあるのは属人主義で、アメリカの考え方だ。

 
アメリカ人である以上は住むところに関係なく、アメリカの税金を申告する。アメリカの税金の外に出るためにはアメリカの市民権を放棄するしかない。

 
アメリカで生まれた人はアメリカの市民だし、少なくとも一方の親がアメリカ市民の場合、子供もアメリカ市民となる。さらに、グリーンカードを取得した場合、税の上ではアメリカ市民と何ら変わると事がない。

 
加えてアメリカは、アメリカ市民権やグリーンカードがなくても、アメリカの居住者となっている人にも申告を求める。この意味では属人主義に加えて属地主義を取っているのがアメリカと言うことになる。
 
アメリカの市民権、グリーンカードを放棄するためには、移民法と税法上の手続きが必要だ。日本にいる場合は、アメリカ大使館で正式な手続きにのっとり、市民権やグリーンカードを放棄しなければ効力はない。グリーンカード有効期間が過ぎたということと税務上の手続きとは全く関係がない。手続きをしない限り、グリーンカードを持っているのと同じ課税関係になる。