イベントレポート

electronics guitar~The party~

2011/09/13 6:32 に 総決起集会 2011 が投稿   [ 2011/09/13 6:38 に更新しました ]



e.g.RECORDでDJパーティーをしましたが、お客さんもDJのみんなも楽しく飲んで食べて遊びましたね。gigiからビールが無くなったみたい。(笑) 義援金の総額は\12640。う~ん。。みんなお酒にお金をまわしすぎたかなあ。(笑) いいんじゃないの? まだまだ続くんだから、みんな無理のないように楽しんでやってけばいいよね。 あれから半年になるけど、自分の考えをしっかりもって、自分のやれる事やりたい事を手抜きをしないでやっていきましょう。頭のどこかに問題意識を必ず置いときたいと思います。




レポートですが、特に何もなかったと思います。たまにはこういう建設的じゃない馬鹿馬鹿しい事をするのも大切だと思いました。そろそろ次はライブハウスでガツンとやりたいなあ。来年かなあ。。来月からの総決起集会が決まってないみたいだし、誰か一緒にやらない?


folk enough inoue

「総決起集会 宮崎編ファイナル」

2011/09/09 16:53 に 総決起集会 2011 が投稿

ついにこの日がやってきた!!!!
3・11のあの日から立ち上げた「総決起集会 宮崎編」。
4月、6月と開催し今回、8月28日ファイナル!!!
完全レポートします!!!!!!


8月28日(日曜日)
午前7:00に起床。
朝方はどんよりとしていた天気も
10:00くらいになると、ど快晴!!!!!
突き抜けるような空。これが宮崎の空だ!!といわんばかりだ。
12:30に会場に入り、下準備をして
それぞれリハーサルを行う。
そんな中、ボギーさんが到着。
そして、folk enoughも到着する。
この宮崎の地にこの2組がいること自体が奇跡だ。
がぜん気合が入る。

16:00に開場するが音もなにも流れていない。
めちゃくちゃユルユルな開場。1人、クスクス笑った。
そんな今日のDJはOGAZIさん!!ずっとまわしてくれる。楽しみ!!
16:30分スタートだったが予想以上にお客さんの入りが少なかったので
17:15分スタートした。

「オ~ケ~!!エブリバディ~!!」と、ボギーさん風の
いつもよりちょっとでしゃばった第一声で開幕!!
オープニングアクトは中村のソロをさせていただきました。
まず、景気付けにバナナを5本早食いをし、2曲歌いました。
(このあと、このバナナの皮がアクシデントを引き起こす)
う~ん。なかなかいいカンジ!!
そして、宮崎のトップランナー、メタジュン。



いや~、さすが!!出演時間4分!!オープニングアクトより短い!!
そしてスベるとかそういう問題ではない演出!!(笑)
いつまでも、そのままの姿でいてください。

そして2組目、ザ☆カールソンズドーター。
第1回目のときはギターのジョニーさんがドラムをたたいて
今回は完璧なカールソンズがみれるかな~と思ってたけど
今回もドラム不在でジョニーさんがたたくことに・・。
でも、いつもの彼らのなぜかホッコリするステージは好きです。

そして、3組目、ザ・ライダーズ。
1回目、2回目とタイミングが合わず、ようやく3回目にして出演。
前半の流れを整えてくれるかのような演奏。
なんか、どこいっても1匹狼だから好きなんですよね~。
ライブ終了後、音源バンバン売れて、完売~!!
(音源の売上、全部義援金にまわしてくれた~!いよっ!男前!!)
宮崎バンザ~~イ!!サイコ~!!(笑)

そして、この黒い流れに4組目、Kuniya Hideki。
この頃から会場全体が少しずつ和やかになりはじめ
くにやさんの音楽と微妙な均衡を保ちながら混ざり合う
みんなの談笑がとても美しいものとして目に映りました。
でも、歌う声よりMCのほうが声がデカイ!!(笑)
デモ、終始一貫した弾き語り。さすがです。
そして、中盤の山場、5組目、ボギーさん。



2週間前に友達のライブでダイブして全治3ヶ月の骨折をしたボギーさん。
それでも、「なんとかするから。」といってきてくれたボギーさん。
やっぱりすごい人です。すばらしいライブを見せてくれました!!
骨折でギターは弾けなかったのですが、そんなのカンケーない!!
ハーモニカでも、マラカスでも、足踏みでもなんでもいい!!
1曲、1曲やるごとにグイグイ引き込まれていく。
これこそ、エンタ~テイメ~~ント!!!!
骨折してできたYMO風の「手負いの獣」は笑った~!!
ほんと、ず~~っとみんな笑顔のライブ。楽しかった~!!
ボギーさんに出会えてよかった!!愛してます!!!(笑)
そして、終盤戦6組目、fromアカプルコ。



進化系スナック「ストロボマンボ」店主マーボーさんと
プロ・ギタリストのタメゴローさんとのユニット。
そして今回、写真家のちえみさんが加わり
「どんなのかな~」と思ってたら、めちゃくちゃダンスミュージック!!
そんでもって、爆音!!気持ちイイ~!!踊った~!!
やっぱり頼れる兄貴たちはノセてくれる!!!
そして気分爽快、ほろ酔いキブンになった頃。
「綱引き大会~~!!」



わお!!なんて豪華な綱引き大会!!(1回勝負)
10対10で勝負して、勝った方の10人それぞれに1ドリンク券をあげちゃう
という、なんともふとっぱらな余興!!
(会場のニューレトロ5枚提供、総決起宮崎5枚購入)
中村が審判をつとめ、「せーの!!」で開始!!
みんな少し遠慮ぎみに引き合う!!でも、ドリンク券ほしい!!
お!右か!!おお!!左か!!!
真ん中のテープが左に・左に・・左に・・・、左が勝った。
ビミョーな盛り上がり・・。オーマイガー。
完全に赤字企画やんけ!!!!!
くにやさんがハリキッテ1万5千円で購入した綱・・。
たぶん千円分ぐらいしか引き合ってない!!!!(笑)
(そのあとくにやさんが、「あと14回は綱引きするよ」と言っていた。)
元を取る気、満々。オーマイガー(笑)


そんなビミョーな空気を残したまま、7組目folk enough。(すみません!)



静かにあの音が鳴り始める。folk enoughのライブ。
僕は一番前で見た。井上さんがギターを弾き、
柴田さんがベースを弾き、佐藤さんががドラムをたたく。
すべての一瞬一瞬を体に焼付けた。
次の自分の出番より、folk enoughを見たかった。
だって僕の大好きなギターヒーローが目の前にいるんですもん!!
だって、folk enoughが宮崎でライブしてんだゼ!!
そりゃ~、サイコーなわけですヨ。
この日、はじめて見た人もカッコイイ~と言ってた。
そりゃ~、そうですヨ。カッコイイですもん。

そして、大トリ8組目、おどけもの。
ここで、トラブル発生!車のキーがない!!
車にアンプがのせてあるのに、出せない!!!
ここ一番の集中力で探したのですが見つからず
会場にあるJCを使わせてもらいました。
(結局、イベント終了後、オープニングアクトで食べたバナナの残飯袋に 入っているのを見つけ出しました。なんでやねん!!)
ライブはというと・・全身全霊の空回り!!
しかし、最後のダメ押しでやった反町の「ポイズン」は好評でした。
ポイズン!!ポイズ~ン!!(笑)

そんなこんなで23:00、イベント終了~!!
ライブは終わっても打ち上げまでがライブ!!!
急いで片付けをして、それぞれ打ち上げ会場に向かう。
ボギーさん、folk enoughのみなさんと宮崎勢とワイワイ
楽しく打ちあがる。
1次会では物足りず、2次会は「ストロボマンボ」へ。
この頃になるとみんないい~具合の酔っ払いと化す。
楽しい~~~!!!!
そんな中でも、ボギーさん、井上さんといろいろお話することができたのが
とてもうれしかったです。
でも、そんな楽しい打ち上げも終わりがあるもの。
4:30くらいにボギーさん、folk enoughの方々とお別れをして
僕らもそれぞれ家路につきました。


今回、総決起集会 宮崎編を4月、6月、8月と実施して
痛感したことは、「人と人のつながり」が何よりも大事だということ。
そして何かを行うために「人と人がつながる」ことの大切さを
実感することができました。
本当にボギーさん、井上さん、TIME MARKETの方々に感謝します。
ありがとうございました!!

そして今回、総決起集会 宮崎編 ファイナル!!に
来てくれたお客さん
会場のニューレトロクラブ
フライヤーを作ってくださった滿石さん
数多くの写真をとってくださった内田純さん
ラジオ告知を手伝ってくれた微熱さん
出演してくださったミュージシャン と
DJ OGAZI !
総決起集会 宮崎編を一緒に運営してくれた、国谷さん、メタジュンさん
そして、総決起集会 宮崎編に携わってくださったすべての方々、

本当に、ありがとうございました!!!!!!!!!

今回の総決起集会 宮崎編 ファイナル!!で集まった義援金は

25342円でした。

このお金は責任をもって日本赤十字社を通し、被災地へ送らさせていただきます。
そして、少しでも早く被災地の方々に普通の生活が戻ってくる事を願います。

本当に、ありがとうございました!!!!!

2011総決起集会 宮崎編 発起人 中村スケサク

*今回イベントのすべてを写真に収めてくださった内田純さんの
「2011総決起集会 宮崎編 シリーズ3 ファイナル!!写真館!!」も
ありますので、そちらもぜひご覧ください。

『想い出シャシンカーン 〜ファイナル!!!』

http://dosukoilove.blogspot.com/p/blog-page.html

7月31日、バイブライド思惑「寝暇在リキ~総決起集会ノ度~」@UTERO

2011/08/04 7:17 に 総決起集会 2011 が投稿


7月31日、バイブライド思惑「寝暇在リキ~総決起集会ノ度~」にご参加くださった皆々様、ありがとうございました!

当日は、午後1時30分からリハということで、みんな来てねぇだろうなー、と思いながらutero行ったら、バイブライドとルールズがもうおるし。おぉ、やる気だよ、この人たち!uteroのスタッフも!行ったらすぐに掃除するように言われたけど!

今回は、同僚のカメラ女子に撮影を依頼していた。
本人もいい機会だということで、リハの最初からずーっと写真撮ってくれた。
電池があんまりない!といいながら、結局800枚くらい撮ってた。少ないの?コレ。

リハを見ながら、あー、自分企画のイベントってゆったりして見れんやったよねー。そうやったよねー。と、思い出しながらドキドキしていた。自分だけ楽しんでたってダメなんだし。楽しませるって難しい、と以前と同じように考えた。

リハが終了し、アタフタしながら受付の椅子に座る。ドキドキが止まることなど無いな。


少し時間を押してリーリーリーが演奏を開始。
ボーカルの鋭利子が大絶賛するこのバンド、実はリハの時点でpaの山中さんも大絶賛していた。そんな山中さんの一言目は、「ボーカル、オレ(山中さん)の10年前くらいに似てない?」ジャスト!立ち振る舞いが似過ぎ!そんなこんなで、リーリーリーの演奏は受付で聞いていたけれど、なんとときめくことか。自分の日常になかなかないよ、こんな風景!うらやましいなぁ。


二番手は、HOMESICK。
ボーカルの上水くんは、ずいぶん前に知り合って、そのアツ過ぎる情熱は相変わらずだった。
バンド自体の音も、オレをとろけさせた。どろどろ。かたくり粉みたいな。そんな。
気に入ってたのは、ドラムのあやさんのキックの音だった。他とどう違うか説明するのは難しいんやけど、すごく良かった。


三番手、ルールズ。
もう、フライヤーの写真から物議を醸し出していたルールズ。「外国の方がでるんですか?」て何回聞かれたか。説明させといて、そいつら来んし。関係ないけど。
んで、ルールズ、本人たちは不完全燃焼らしかったけど、これからえらいことなるだろうなー、とその片鱗を叩きつけていた。次回に期待大!


そしてバイブライド。
いきなりベースの音が出ない。足元の箱達の調子が悪い。チューナー外したり電池に変えたりしてなんとか演奏開始。今回のセットリストは、「記憶のペチカ」「躍起稼業」「雛街道」「また明日が来る」「鳩一輪」。新曲の「また明日が来る」が好評価を得ることができた。とても嬉しい。そして、事前に注文しておいたかのようにアンコールの声が!「あの愛のやつやれよ」と。これだけ愛される曲を作ることができて、感無量である。

今回のイベントは、日曜日ということで、少し早い時間に始めたらもっと一般のお客さんが増えるんじゃなかろうか、と考えて設定してみたけれど。どうだったんだろうかなぁ。賛否両論だった。告知の仕方とか、反省点は多 々あるけれども。次回に向けて、また調整せんといかんばい。

というわけで、今回のバイブライドの総決起集会、たくさんの方々にご協力いただき、本当にありがとうございました。また今回の反省を生かし、企画してみたいと思いますので、そのときはよろしくお願いいたします。今回のチケット代の上がりと、フード・ドリンク代の二割を、総決起集会を通じて日本赤十字社に募金したいと思います。


さて、打ち上げは、そのままuteroにて。
近隣のCAFE&BAR gigiに料理を注文し、飲み放題でわいわいしゃべり倒す。
HOMESICKのあやさんと意外な接点があったり。
百蚊のゴシマさんがおじいちゃんだったり。
ドラムスティック指回し講座をガチで開催していたり。
あっというまに10時にな ったので、清川の鳥屋台に移動。
アツい話をやたらした記憶はあるけれども、気付いたら3時。
リハ~イベント終了までが、6時間。
打ち上げutero~鳥屋台が8時間。
アホと言わざるを得ない。


いろいろありましたが、楽しかったー!
また次回も一緒に楽しみましょう!
ではでは!


7/17総決起集会「Night of Music」@gigi レポ。

2011/08/04 6:58 に 総決起集会 2011 が投稿   [ 2011/08/04 7:28 に更新しました ]




7/17総決起集会「Night of Music」にお集まり頂いた皆さん、 
どうもありがとうございました!!! 

東日本大震災の復興支援イベントだけれども 堅苦しい感じではなく、 
お客さんにも出演者にも リラックスして楽しんでもらいたい。 
そういう想いから 大量の仮装グッズを用意して会場入り(笑)。 

一緒に企画の三浦照代ちゃんは キリンさんに変身して受付嬢。 
ボットンズのフーちゃんは ボギーのコスプレしてきてるし、早くも楽しい雰囲気! 

開場時刻と同時に、ワクワクしてる表情のお客さんがゾロゾロ。 
ネットで総決起集会のことを知り、この日の会場・gigiを探して 
香川県からお越しになったというお客さんもいて、なんだか胸がいっぱいになる。 


イベントは ほぼ定刻スタート。 
司会・平平平平の片割れであるフーちゃんが ボギーをまねて 
「オーケ〜〜〜〜ィ!」と雄叫びをあげる。 
すかさず「FUCK!!」と本人から突っ込まれる。 いいぞー(笑)。 

トップバッターはヒラオカテツユキくん。 

言葉のひとつひとつを とても大事に歌う。 
元・モンキーズのドラマーである木村亮一くんが 
ボンゴで入ってくれて、爽やかな幕開け!! 


2番目、Who-Fu(THE VOTTONES)。 

爽やかな雰囲気から一転(笑)。 
写真はムーディーだけど、ちんこやうんこの歌をうたいまくってます。 
ポカーンとしてたお客さんも笑顔でノリノリ、流石だ クソレンジャー! 


バトンは おおき恒平さんへ。 

音楽ではモチロン、MCでも痺れさせてくれます。 
楽しい歌、ぐっとくるお話、そしてお約束(?)のアダルトトークで 
盛り上げて下さいました! 


ここで平平 平平 on ステージ! 
前日まで「なにしようか決まりません〜!」と言っていたフーとテツ、 
出番になっても決まらなかったらしく、マイクでいきなり 
ヘドロ(THE VOTTONES)を呼び込む2人…(笑)。 

「gigiのクッキー美味しいですよぉー!!」って宣伝とかしてくれて 
場内大爆笑。 ありがとう! 


後半に突入、THE MarioS。 

「星に願いを」で gigiの空間が Jazz Barに変身。 素敵!! 
みなさん御一緒に〜♪ の「ハナミズキ」では 歌声喫茶状態に! 
ピアノとベースで たっぷりと聴かせてくれました。 


その流れから、michiさんへ! 

「前回gigiでライヴしたときに フォークイナフの井上さんから 
アウトを喰らった曲、やります!」と、渾身のステージ。 
ボギーからアウトが出て まさかのツーアウト、爆笑&悶絶〜!!! 


すべてを かっさらっていったmichiさんの後、自分の出番。 
やりにくさがハンパない(笑)。 

1曲目、日本のうたを聴いてもらいたくて「夕やけ こやけ」。 
何故だか ガレージピアノ仕様になっちゃって、ひそかに滝汗… 
でも これはこれで有りかな〜と思ったんで そのまま続けて 
「朧月夜」、「めぐり逢い(アンドレ・ギャニオン)」。 
それから ボギーと一緒に演奏。 

忌野清志郎さんのバラード「夜の散歩をしないかね」から始まって 
「ゲーマー」「プラカラーオーバードーズ」「星のOHAKA」。 
相変わらず無茶振りしてくるもんだから、片時も気が抜けない(笑)。 
そしてやっぱ、楽しい! 



ラストナンバーは「青い春」。 
そのまま「贈る言葉」に突入! 大合唱&大円団にヘドバン、 
ピアノ弾きながら動向を見守ってたら ワーッショイ ワーッショイ、 
ボギ八先生の胴上げー! 
すぐそばで恒平さんが「意味ワカラーン!!」と爆笑してる。 
笑顔がいっぱい、みんなニコニコしてる。 
その光景に 涙が出そうになった。 

人の温かさ。 音楽の力。 そういったものを痛感した夜。 
元気な笑顔にあふれた時間、みんなで創れたことが 嬉しかったです。 

恒平さんやボギーがMCで言っていた 
「できることを やろう!」が 心に強く響いてる。 
自分のやり方で 一生懸命、丁寧にやることは 
「人のため」に繋がると信じます。 


ライヴ後は お客さん、出演者で わいわい! 
仮装グッズで遊んだり まったり話をしたり。 
うさ耳とガリ勉メガネで プリティーなmichiさん。もう、パーフェクトです! 


打ち上げはウエストにて、しっぽりと。 



そんなこんなで「Night of Music」というオシャレなサブタイトルの中 
すっごく爽やかに始まった総決起集会。 
翌日「楽しい下ネタ総決起集会でした!」 
「ヘンタイ祭り、ありがとうございました!」というメールが 
じゃんじゃん・・・  なんで こうなるの(笑)? 

音楽と笑顔の夜。 
…楽しかったな、楽しかったね、って 
ふっと思い出したときに 微笑んでもらえる、 
そしてまた頑張れるような そんな時間として 
こころに残してもらえたら幸せです。 


この日 集まった義援金は 23,000円。 
大事に送金させて頂きます。 

ありがとうございました!!! 

「総決起集会@広島・ヲルガン座・ふらんす座レポート」

2011/07/14 5:11 に 総決起集会 2011 が投稿   [ 2011/07/14 5:14 に更新しました ]


「総決起集会のレポート」ゴトウイズミ


まずは、こんな機会を与えてくれた総決起集会の主宰の方々にお礼を言いたい。震災が起こって以来、自分には何が出来るのかをずっと考えていた私に福岡のボギー君が「総決起集会」を一緒にやろう、と誘ってくれた。今まで参加したことのないイベントだったが、これが一番自分らしい応援の仕方だと何故かすぐに思った。

あくまでもヲルガン座らしく、自分らしく協力したかったので、あえてフライヤーに「義援金」という言葉を使わなかったし、イベントの内容もエンターテイメントに拘った。こういう趣旨のイベントだからこそ、良質なものを提供したかったし、大事にイベントをやりたかった。そういう私の気持ちはスタッフにも出演者にもお客様にも解ってもらえたように思う。本当にありがとうを始終感じていたイベントになった。

当日は、出演者のギャランティは全くないのに、みんな沢山のお客様を呼んでくれていた。2階ヲルガン座と3階ふらんす座での同時開催の難しさはあったが、タイムキーパーの合図によって、次はどこで何があるのかをみんなが把握し、観たいものを選び、上下にうろうろしながら見るという祭のような楽しさがあったように思う。

この日の売り上げ総額¥91500。全て総決起集会に送らせて頂いた。このみんなで得たお金がより良い使い道になるよう心から願っている。

これからもこれで終わりにするのではなく、あくまでヲルガン座らしく協力できることを探り活動を続けていきたいなあと感じている。

「総決起集会」広島で出来た事を感謝して。またいつでも声掛けてください!


ありがとうございました。


ゴトウイズミ(ヲルガン座+ふらんす座主宰/ミュージシャン)




「総決起集会@広島・ふらんす座レポート」 文・M田8漏a.k.a.86


こんにちわ、ハローです。


今年の夏い暑の日を予感させる蒸し暑い6月のナカの一日。

わが街のUGが集うヲルガン座とふらんす座が所在する広島・十日市の森本ビル。

平和公園にほど近い路面電車から望める「イイ感じのビル」でこれまたアツイアツイ一日でした。


二階、ヲルガン座では濃い味のバンドのライブが。それに対して三階、ふらんす座。

決して広くも狭くもないけどどちらかと言えばコジンマリとした。例えるならば、

「ケーキ屋でちょっと奮発した日位のあの白い箱」の様なイメージを連想させるふらんす座では、

"弾き語り""コンテンポラリーダンス""芝居""MCバトル""クイズ大会"と色んな味わいが耳にも眼にも嬉しい、世代を超えた異種混合戦!!!が繰り広げられました。


簡単ではありますが、司会を務めましたワタクシ・ハローの目線から、その熱気を少しだけおすそ分けしたいと思います。


まずはTOPバッター「ポッティ」のベース弾き語り。

ハードコアバンド・PERSEVEREのベース担当。モヒカン+全身TATTOOの外見に似合わぬマジ良い人っぷりがイカす広島HxCxの良心。

出演一週間前から既に満面の笑顔で「自殺したい」とのネガティブな焦りを見事に昇華させ、当日リハに現れず。。。

心配して出演1時間前に電話すると「やっぱ演奏曲変えてます!今練習してます!間に合わせます!」との事。

その方が大変なんじゃなかろうかとの心配が見事に的中。

本番20分前に汗ダクで飛び込みギリギリセーフ。と同時に下のヲルガン座が少し早めのスタートを切りお客さんがふらんす座にも流れて来る。

客席がドンドン埋まり、そのまま公開リハーサルが始まった!!!マスマス焦りまくるポッティに広島HxCxのドン・GUYさんが客席から愛のあるダメ出し。

まるで漫才かの様な状態からそのままなし崩しに本番に。。。留まらぬ汗と悶絶に近いボーカルに加え、細かいベーステクニックがキラリと光る一生懸命な演奏でした。

今回諦めた「聖闘士星矢のカバー」も聴きたかったけど、何よりもリハのHxCxな掛け合いが最高に面白かったです。


引き続き「中島由美子」によるコンテンポラリーダンス。

って言いきってイイ物なのか?こういうカテゴライズってナカナカ表現し辛い微妙なトコロでありますが、

個人的にはコンテンポラリーダンスというよりも「生活行為の不一致」という印象でした。

例えば両手であやとりをしているのに机の上のスパゲティを一生懸命すすってる。とか、そういうズレ・シュールさ。

リハを終えた中島さんは、ランチパックを「これ美味しいですよね」といって本当に美味しそうに食べる素朴な方だったんですが、

一旦舞台が用意されると、スイッチが入るのでしょう。とても"激しいカタチ"で生活のズレを身体で表現します。

今回の見所として、体操服姿で口には極太の魚肉ソーセージを咥え、喋るおもちゃの犬を従えて後ろ向きハイハイスタイルで舞台へ現れる瞬間だったと思います。

客席からは艶めかしく足から登場する中島さんの姿だったと思いますが、楽屋に居た僕からは舞台のカーテンに足から吸い込まれて行く様に見える彼女の姿に、狂気と笑いを覚えました。


そして「鶴泰輔」のギター弾き語り。

広島の若手イラストレーター集団「破天荒」の一員で、森本ビル最上階の「廃墟ギャラリー」で行っていた彼の個展「ヘロ-バラバラ-」の期間中でもありました。

いつもニコニコ、生まれて此の方恐らく怒ったことが無いのではないか!という温厚な性格と、舌足らずな喋り方から各方面から支持を得ている総柄シャツが似合うロックンロールな若者です。

リハを終え「鶴君、最近何か面白いことあった?」とのふんわりとした問いにも一生懸命考えてくれて「最近おばけに会ったんですよ!こわいこわい!」と本当に面白い話をしてくれました。ありがとう!!!

横尾忠則を熱烈に師事し、表現・色共に"POP"でありながら独特の視点から描かれる鶴君の「悪意0%マガリ度100%の昭和おサイケデリック」という作風に似た、実に心に染み入る演奏+歌唱でした。

「加山雄三/お嫁においで」をゆっくりとまどろみ歌う鶴君のおかげで「暑い!!!」の固まりだったふらんす座も「暑い!」程度にクールダウン。地球に優しい鶴効果が出ておりました。


んでもって、「フリースタイル選手権」のスタート!

総勢4MC(広島レペゼン「のっこん」広島自称トーシロ・レペゼン「サトシ」岡山レペゼン"The Nothing Face From Colombia"の「ジロー&シゲ」)

によるお客さんからお題を貰っての広島vs岡山の大喜利フリースタイル!!!シゲさんの持ち込みサンプラーからのお囃子にのって各自朗らかに登場し、ごあいさつ。

そしてお客さんからお題を頂戴したところなんと一発目が「ハローさん(僕の事)」という事で完全広島勢の有利な展開のまま第一回戦のお題が決定し、8ビートのトラックが流れる。

このままじゃ岡山のお2人に申し訳ないっていう事で一分間のシンキングタイム中に僕の個人情報を提供するも、4MC無視してwステージ備え付けのピアノでビートに合わせて連弾し始める始末。

そんじゃいきましょーって事でジャンケンで決まったジローさんからスタート。イキナリお約束の"チンコネタ"が爆発し、一気に場を盛り上げて相方のシゲさんにパス。ビートに乗っかった正統派な語りで岡山から広島へ。

サトシ君は焦りながらもがんばってビートを掴んでSUMMER JAMかまし、ラストはのっこんの「サスガ!」という冴えるマイクパフォーマンスでキメたシメた盛り上げた!!!

二回戦も「汗」というお題が飛び出す位客席も熱気に包まれ、各MCの言葉の応酬に、気づけば会場には扇風機が一台増える位の盛況ぶり。廊下も立ち見でパンパンでイズミさんの提案で急遽の3回戦。

マイクリレーまで繋いで最後には4人共ステージで円陣で抱き合いながら仲良く笑顔で幕を閉じ大団円。この日、一番盛り上がった瞬間でした。


続いては「観せ処 口紅水仙」による芝居。

吉野さんと大瀧さんの男女ペア+オペレーターとして鳴井さんという3人で構成される「観せ処 口紅水仙」

今回出番前に各出演者に自分達に関するクイズを考えてもらっていて、それを出番前にお客さんに出題していたんですが、その為のクイズを試行錯誤イロイロと考えてくれた真面目な文系3人組です。

あえてステージには上がらず、客席側のふらんす座のバーカウンターを使って、それ自体を舞台にしたストーリーを組み立てていたアイデアや、

口論の末に生クリームたっぷりのホールケーキを顔にぶつけ合うラストまでの展開は秀悦でした。

客席と同じ位置で展開するので、まるで"その世界"に紛れ込んでしまったかのような感覚で、眼の前で巻送る迫力の演技を楽しんでいるお客さんの顔はマジで真剣。演者もマジでカナリ真剣。

あの演劇独特の声の張った歯切れのいい言葉達。そのテンションがあるセリフの応酬で、一気にふらんす座全体が""となってスポットライトの二人は白い箱で響き合っていました。



最後は、その冷気を一気に吹き飛ばすかのような大御所「GUYさん」のギター弾き語り!!!

80年代を代表するジャパニーズハードコアバンド「愚鈍」のベースとして活躍の輪を広げ「WARHEAD JUNK」「CAVEMEN」を経て現在は、広島HxCxの重鎮「ORIGIN OF [ M ]」で叫び続けるゴッドファーザー。

アメリカツアーから帰国したばかりの、気合が入りまくった演奏をキメてくれました。普段は轟音を従えて怒号のスクリームを放つトコロ、

リハで「本当に何年もギターの弾き語りなんてしてないんだよ」との事で、実にレアなライブでGUYさん渾身の"怒りの叫び"が6弦を通じてふらんす座全体に震えていました。

今回の震災で原発事故が起こる以前から"上関原発建設反対"を叫び、自身が発行している「TO FUTURE ZIN」で特集した「脱原発」をテーマに、魂込めて歌い叫ぶ姿に暑さを超える熱いものを感じました。

サポートとしてヲルガン座で出番を終えた「JAILBIRD Y」のギター「ヒッサン」と共演する場面もあり、汗ダクになりながら一生懸命発信し続ける演奏は、最後に相応しい"ヒロシマパワー"に満ち溢れた姿でした。



ヲルガン座、ふらんす座、廃墟ギャラリー、楽屋、対面のデイリーヤマザキ前の路上、それぞれに短いドラマが生まれ、華やぎ、そして散っていった夏の日の午後。


広島総決起集会は燃えていたゾ!!!

総決起集会 宮崎編 「遊び人トーナメント」

2011/07/07 15:37 に 総決起集会 2011 が投稿

総決起集会 宮崎編
「遊び人トーナメント」



4月の第1回目に
引き続きやってまいりました!!
6月26日、日曜日!!
2011総決起集会 宮崎編 シリーズ2
「遊び人トーナメント」!!!!
この日は台風の影響がある!!
と天気予報で言っていたので
「なんでやねん!!」と思っていましたが、
悪天候にもならず、ホッと一安心。

準備などをしつつ、21:00オープン。
お客さんの入りをみて多ければ
早めにスタートしようと思っていたが、
22:00になってもお客さんすくなっ!!
出場者の方が多い・・・。
オーマイガー。
「もう少し待ってみよう」と
22:30。
3人ぐらいお客さん増えた!!
(出演者6人入れて、15人くらい)
「お客さんの数がすべてやないで!!」と
自分に言い聞かせながら
「第1回 遊び人トーナメント」スタート!!!!

ちなみに「遊び人トーナメント」とは・・・

大の大人が普段忘れかけている
「遊び心」を取り戻すべく
遊び人王者、すなわち遊び人チャンピオンを
決めちゃおうぜ!!
といういたってシンプルなおとなの遊びです。



左から 司会 中村
選手 メタジュン くにや たっちゃん 微熱 BIG オガジ
普段ステージに立つときは
ギター・ベース・マイクとか握っている
やんちゃな6人の野郎ども!!
この日は
なんにも持っちゃいねえ!!
てめえの体ひとつで勝負だ!!



しゃぼん玉はたき対決
クロールで応戦するオガジ
1回戦の勝負は
しゃぼん玉はたき対決
ファミコン戦わずにどこまでいけるか対決
かっこいい・パンチ・キック・ジャンプ対決
お客さんも選手も司会者も
どう反応していいかわからない!!
でも、それぞれが苦笑いで 
場を盛り上げようとする!!!!!
ビューチフル!! 



準決勝に進んだ遊び人たち
沸騰しない恐怖と
折れそうな自分と戦いながら
大会は準決勝へ。
(この時ぐらいからお客さん帰り始める)
準決勝の勝負は
えごころ対決
こよりでスピードくしゃみ対決 
スピードコマネチ対決

苦笑いに包まれていた会場も
お酒の酔いのせいか?
少しずつほころんだ笑顔が見え始める。
会場の温度、1度くらい上がる!!
酒の勢い、センキュー!!
おとなの遊びだゼ!!



初代遊び人チャンピオン・たっちゃん
幾多の試練(精神的)を乗り越え
(お客さんも、選手も、僕も)
ついに、ビミョーなまま決勝戦!!!!の大勝負は
ギター・ペッティング対決
めかくしファミスタ
目覚しビーチフラッグ対決

このころになると
お客さんは選手より少なくなり
いるのは8割関係者・・・
「馴れ合いは最大の敵やで!!」
と、自分に言い聞かせて
「この試合が終われば、解放されるで!!」
とも、言い聞かせながら
決勝の司会をしました。
たぶん
この気持ち
選手もお客さんも
同じだったと思います。
「みんなでやればなんとかなる」
そんな妙な団結が生まれました。



そんなこんなで
第1回 遊び人トーナメント終了~。
優勝した、たっちゃんさんには
「夏の盛り盛りグッズ」を差し上げました~。

そしてこのまま終わらない総決起集会!!
第二部は中村ソロステージ!!
3曲しかやらんかったけど
いろんな気持ちこめてやることができたので
オール・オーケー!!!!!!
(くにやさんも歌ってくれました)

手探りで遊びに遊んで午前2時。
イベント終了~。
きてくれたお客さん
参加してくれた選手
数多くの写真をとってくださったちえみさん
ストロボマンボのマーボーさん
本当にありがとうございました!!
第二回目も開催しますので
よろしくお願いします!!!!
そして今回集まった義援金
総決起集会 7、050円
元祖もも焼き 丸万中店で集めていただいた義援金
8、031円
(たっちゃんさん、ねぼさん、ありがとうございます!!)
総額、15、081円!!
このお金は責任を持って
日本赤十字社を通し
被災地へと送らせていただきます。
みなさん本当にありがとうございます!!

第3回目の総決起集会は
8月28日(日曜日)にやります!!
一応、第3回目は宮崎総決起集会ファイナル
ということで
あの人とあのバンドを呼んで
派手にやっちゃろう思います!!
よろしくお願いしま~す!!
みんなでモリモリ行きましょ~!!


*イベント内容を文字で伝えるのが難しいので
「2011 総決起集会」宮崎編のホームページに
「遊び人トーナメント写真館」があります。
ぜひ、そちらもご覧ください。

http://dosukoilove.blogspot.com/2011/07/blog-post.html

漢方先生presents「2011総決起集会~こうもりが飛ぶ前に~」6・25@UTERO

2011/07/03 16:09 に 総決起集会 2011 が投稿

漢方先生presents 2011総決起集会 ~こうもりが飛ぶ前に~ 
6・25@UTERO


先日は雨と風の強い中、2011総決起集会~こうもりが飛ぶ前に
にきてくれてほんっとーにありがとうございました!! 

そして、我がままを沢山きいてくれたUTEROにも感謝! 


いつもの漢方先生の力では集客は難しいし、 
他のバンドさんたちにもノルマは決めてなかったので、 
当日になるまでガクガクでしたが、 
みなさんしっかり宣伝もしてくれて、 
会場は大入り! 
素晴らしいメンツをあつめれたんだなと 
うれしくなりました! 

そして沢山の義援金も集めることができました。 
チケットもはらって募金もしてくれた方もいて、感謝です! 

当日は、宣言どおり 
肉神様のお肉と肉神セレクト日本酒、 
日本酒が飲めない方用のワインも振舞われました。 

あんた大丈夫かい? 
と心配になるぐらいの本気の肉を用意してきた肉神様。 
先着順の40名あまりの人の「うまー!!」の顔がみれて、 
幸せでした。 

ある意味「肉」も対バンの一人だったね! 




そして肉のバトンをうけとった、 
brownbems。 

先生普通に大ファンなんですけど、 
この日も揺ら揺ら漂うような世界観でうっとり。 
さりげないコーラスもきもちいい! 
「五月の病」のフレーズ「なんども~」がブレイクし、 
打ち上げでボギーと取り合いに(笑) 
「なんども独占禁止法」が制定されました。 

そしてこの日、バンドとバンドの間に流れるBGMも 
漢方セレクト。日本を大事にということで、 

「日本全国のお囃子→なつかしの歌謡曲→ロック三味線」 

といったカオスな構成。沢田研二が流れたら、 
皆歌ってたり楽しかったなー。 

そしてこの日先生はそれぞれのバンドの前に司会もしました。 
出囃子の音楽にもこだわり、 
「なるほどザワールド、ベストテン、タモリ倶楽部、ズームイン朝、 
仁義なき戦いのテーマ」を流したよ。 

そして次のバンドは、 
MILK&WATER!! 
学生の頃から見ていたバンド。 
7年ぶりにメンバーをがらりと変えて来福。 
新しいメンバーには、先生のソウルブラザーであり 
とっても大好きなベーシスト、テツ。 
そしてヘルプで雅だよ雅のみわこ嬢。 
もうこの組合せすごくよかった! 
2度しかリハーサルできなかったとは思えないグルーブ感。 
ずっとみてきたのに、新しい風がはいって、 
MILK&WATERは進化していた。 
皆の反応もよくて、こっちまで誇らしくなった。 




そして渾身の演奏をうけ、続くはGINZALIGHTS!! 

もうね、かっこいい! 
今回演奏をがっつりみて、大ファンになりました。 
GINZALIGHTSの曲は、 
なんだか「まじない」をかけられているようになる。 
脳の奥底に語りかけられているような、林田さんのボーカル。 
好きなコーラス3本の指にはいるマキちゃんの透き通った声も 
魅力的。洗脳されちゃうというか、 
違う世界につれていかれてるような気がする。 
また早く福岡に集結してほしいなー! 

そして続いてはBOGEY!! 

もうこの時点で長丁場になっていたので、 
立ちっぱなしの皆を気遣って、座らせてくれる。 
こういう気遣いはさすが!この順番はまちがいなかったな。 
詩のマシンガンのような弾き語りから、 
「BON-ODORI」のアコースティックバージョンでは 
みんなでゾンビとさけび、名曲「レモン」では、 
ホロリとさせる。レモン、何回聞いてもいつもホロリ。 
「青い春」はこの日しなかったけど、 
弾き語りならではの胸に響く良い歌が沢山あるね。 

みんながホロリとなって、続いてはポカムス! 

MCで一緒にできてうれしいといってくれた藤田さん。 
こちらこそ本当にうれしかった。 
ポカムスのリズムはどうしてこうもワクワクするのだろう。 
グルーヴ感がはんぱない。「ヤクルト黒人」大好き! 
「首吊り台次は俺」とか映像がみえてきそうな世界観の歌詞も 
やっぱり凄いなと思った。 

そしていよいよ漢方先生。 
私たちが不慣れなせいでイベントが 
押しに押してしまい、MCは、 
みんな疲れとるやろうと思って気づけば 
すごい早口でしゃべってしまい、 
打ち上げでボギーに「黒柳徹子みたいやった」と 
いわれた。 

先生気合がはいると、近場の機械が壊れるという 
電磁波ビームをもってるんだけど、 
この日は リハーサルからトラブル続き。 
先生はストラップ金具がとれ(接着剤で修理) 
なっちゃんがベースの音がでない(電池かえたらでた。) 
チカラは自慢のアンプが全く音がでなくなった。 
  
そして本番直前しっしぃのキーホ゛ート゛まで音がでない。 
なんとか音がでるようになって本番スタート! 
本番前北島三郎の如し「うぉーーい!」の掛け合いの 
やりすぎで喉の中音域が破壊された(笑) 
でもすごくきもちよかったよー!! 




そして12時ちかくになっていたのに、アンコールの声が、 
すごくうれしかったけど、もういっこ大事なことが残っていた。 

会場に流れる「木村カエラのあの曲」 
実は漢方先生ベースのなっちゃんと岡田くんが結婚! 
サプライズをしたのでした!

サンカクヤ全面協力のもと手作りした、ブーケと、 
と、ケープ、ティアラ、蝶ネクタイをつけてもらい、 
恥ずかしがり屋の二人に一言ずついってもらった。 
この二人は漢方先生バンドで知り合ったんだよ。 
よけいめでたい! 

そのまま打ち上げ会場となったUTEROでは 
「ケーキ入刀」もしてもらった。 
お二人さん、おめでとうね! 





そして打ち上げは、終わる気配が全くない。
打ち上げまでがイベントですと、出演者各位につたえていましたが、
飲み好きが集まり、宴は4次会の朝9時まで続けられました(笑)


このハッピーな宴で義援金も集められるという
フォーマットをつくってくれた、総決起集会様感謝します。
また総決起ができることを願って。。。。


最後に、義援金は、79名の素敵なお客様たち×1500円から会場代を7万円差し引いて+
募金9215円をプラスした、57715円でした。 UTERO様、出演者の皆様、
お客様、宣伝してくれた人々、ありがと!!!

総決起大会~MUSIC GARDEN~@警固トレネ

2011/06/30 18:31 に 総決起集会 2011 が投稿   [ 2011/08/04 7:30 に更新しました ]




警固のカフェ、トレネでの
総決起大会~MUSIC GARDEN~。
 
来てくださった皆様
ほんとうにありがとうございました。
おかげさまで無事終了しました!
 
今回は出演者10組とお客さん合わせて30人。
なごやかな雰囲気の中、16時開演。
 
 
出演順番
Shoco[Purr](楽曲提供)
Yu-com(アコーディオン)
Cherry Fiz(ギターと歌)
パパ夫(ギターと歌)
村上瞳(フルート)
タカハシノブカズ(エレキバイオリン)
Hiraku(ギターと歌)
やべかつひさ(パントマイム)
5-busators(ベース、ギター、歌)
chikkaja(三味線とピアノ)
 
 
オープニングはShoco[Purr]。
なんとボストンから遠距離の楽曲提供!
ボストンの音楽大学で映像音楽を学び、
卒業後現在は作曲の日々。
 
フライヤーやHP作成など
遠隔地ながら中心になって
イベントのサポートをしてくれました。
照明を落とし、
この日の為にリミックスしてくれた曲を
みんなで聴き入りました。
クオリティの高い音源!
さすがです。想いが深い。
 
その後主催の
Cherry Fizのりょうちゃんから
はじめのごあいさつ。
いろんな思いを上手にまとめて
頼もしい主催者!

続いてアコーディオンのYu-com。
彼女の本業はイベントパフォーマー。
時にピエロ、時にフランス人形、
時にちんどん屋さん。
かわいい着物姿にきれいな声。
癒されます。
フランスのバロックな曲もよかった!
自転車ベルで盛り上げてくれました。
 
そして今回のイベントの
中心人物のCherry Fiz。
ギターと歌のユニットです。
カフェに似合うかわいいお二人。
MUSIC GARDENでおなじみの
名曲「メイプル」。
キュンときます。
 
初登場のパパ夫さん。
前回MUSIC GARDENには
お客さんとして来ていたパパ夫さん。
お客さんだった人が出演者にもなり
刺激しあい交流できるのも
MUSIC GARDEN。
おぉ。と思わせる美声と
絶妙な掛け合いに
会場も沸きました。
 
フルートの瞳ちゃん。
小さな頃から続けているという
王道のクラシックフルート。
クオリティが素晴らしく
会場はシンとなりました。
2曲目のアメージンググレイスは
ピアノ伴奏つき。
美しいフルートの音色に
感極まって涙ぐむお客さんも。
 
そして。でました。ひらく!!
東北へ支援ボランティアに行った
経験談(奥さんには内緒で東北へ。
本日事後報告)をした後に・・・
福○雅治がのりうつりました。
発売前の新曲すら
完全コピーで披露。
どこからがモノマネで
どこまでが素の本人かわかりません。
本日発売の「ゼクシィ」に
コード譜が偶然掲載とのことで
「ゼクシィ」広げながら演奏(笑)
タイミングの強運さや
トーク力に脱帽。
一人持ち時間15分の中、
異例の30分・・・
 
たかさんは
エレキバイオリンを始めて約5年。
ことのころレギュラー出演ですが
毎回少しずつ
スキルアップしているのが
感心です。
今回は情熱大陸に挑戦!!
 
パントマイムやべかつひさ。
最近は演劇のワークショップや
長崎県美術館でライブをしたりと
めきめき活躍中。
彼のパントマイムは
清潔感、紳士的、哀愁、
誠実、いろんなものを感じます。
音楽と表情のみのパントマイム。
静かな熱を間近で体験。
 
5-busators(ゴブサタ)は
ベースとギターの2人による
ボーカルユニット。
それぞれに歌がうまい!
二人の掛け合いMCも
いじりあいで愉快です。
 
最後にchikkaja。
いつも機材多すぎで
何かと迷惑かけ気味なので
今回はいままでになく
最大限にシンプルなセッティング。
しかもスカロケのイマムラさんが
お客さんとしてきてくれていたので
カホンでの参加を強要。
 
途中、外は雨もざーざー降り
となりましたが、
温かいお客様達のおかげで
楽しい空間、ひと時を
作ることができました。
 
バラエティにとんだ
MUSIC GARDEN。
今後も友人の輪を広げ、
繋げながらお客さんと一緒に
楽しいイベントにしていきたいと
思います。
 
今回集まった義援金は
49000円。
ありがとうございます!
 
 

総決起集会山口防府印度洋編、二日目レポ。

2011/06/30 16:25 に 総決起集会 2011 が投稿


総決起集会山口防府印度洋編、一日目レポ山中氏に代わり、二日目は股関節ユニ黒ことPOZO白石がレポします。



印度洋では、今日も音が鳴ります!!





二日目1番手は、地元山口からクラムラッツ!

本日はサポートDrとしてPOZO西牟田くんを加えた編成。石川くんの真っ直ぐで力強い唄のメッセージが、ゆるいシンセの電子音とアコースティックなリズムに乗せられ、増幅していく。印度洋はあっという間に優しい空気でいっぱいになる。

(石川くんはフライヤー作成、 運営でも協力して頂きました、ありがとう!)



バンド転換の合間に、股関節ユニ黒の拙い司会が挟まれる。

時間が経つにつれお酒の量も増え…やはりグダグダになる(笑)

が、たまにはこんなゆる~い司会進行も必要なのである…(笑)



2番手は北九州から、歌ムラミカ!

鬼気迫る轟音ギターノイズと、狂気に満ちたしゃがれ声の嵐。MC途中から歌ムラミカはアヴリル・ラヴィーンへと変貌し、狂気のアヴリルは客を挑発しまくる!(笑)

会場は良い意味で爆笑の渦!アヴリルは床を這い、ムスタングを掻き鳴らす…優しい空気で包まれた印度洋が、狂気の沙汰へと変わる瞬間を見た・・・



3番手は福岡から、イズミジュン!

THE SHITMSベーシストの彼、今回はソロでの出演。技術もさることながら、ループを駆使したベースソロでエフェクティブなアンビエントミュージックを構築 していく・・・何よりもイズミさんの飾らない、誠実なMCがお客さんをさらに引き込んでいったように思います。





知らぬ間にお酒も進み、4番手は僕らのバンド、POZO。

外 からどう映っていたかは分かりませんが、暗いフロアの上で皆肩を揺らしてたように見えました。ステージで僕は「チャリティだからとあまり固く考えず、今こ の瞬間は素直な気持ちで音楽を楽しみましょう」と言った。総決起集会だから出た言葉ではなく、いつも僕が思っていることだ。演奏を届ける側として、気持ち 良くライブを楽しめた。お客さんもきっと楽しめたはず??



POZOの頭の悪そうな騒がしさを終えて、5番手は岡山からジャグズ!

ビザールギターから飛び出す静かでいて幽玄なサイケデリックサウンド。そしてゆるく、かわいらしさも詰まった歌声。バンドとしては最小編成の二人組。会場はほんわかした空気に変わり、お酒も進む…!



6番手は地元山口から、涙が零れたら!

マスロック的な要素、それでいて動物的な、予測不可能な唸りのサウンドに磨きがかかっている彼 ら。本日もご多分に漏れず、ラウドなロックを披露!途中、かわいらしいハプニングもあったけど、それも含めて「これぞライブ!」なアクトを魅せてくれた。



7番手は福岡から、asoboys!

個人的にも凄く楽しみにしてたバンド。真っ先にイメージに浮かんできたのが「朝焼け」。浮遊感のあるギターサウンドにサンプラー、時として轟音、きらびやかな楽曲はまさに早朝5時のミュージックだった。にしても、こんな美しい音でフロアを踊らせるのはある意味反則である!





そ して大トリに、福岡からTHE VOTTONES!!

説明の必要がないくらいの、不純物は一切ない、正真正銘のロックンロール!!最初の一音から アンコール後の一言まで、よーいどんからの短距離走!名曲藤田のおっさんも披露してくれた~!Ba.ヘドロさんは今日も唾を吐かれ、顔を舐められ、パンツ を引っ張られる。汚いことは何と美しいことなのだろう。こんなに美しいロックンロール、他じゃそうそう見られない!フロアのみんなは満面の笑顔で踊りだ し、集まったエネルギーは今にも印度洋を飛び出していきそうな、パワーに満ち溢れた最高のアクトでした!!





か くして総決起集会山口印度洋編は2daysをもって終了。一日目と比べると集客はイマイチでしたが、それでも来場して頂いたお客さんはみんなホントに楽し そうで、素直な気持ちで踊って、叫んでくれました!!イベントの盛り上がりはお客さんの数で決まるものじゃないと改めて実感。閉場後、いつまでも帰ろうと しないお客さん達の笑顔が、そう教えてくれました。


未曾有の大震災から約3ヶ月、同時多発的に広がっていった総決起集会というイベントの主旨、自分には何ができるのか、何をすればいいのか・・・色々な思いが 頭の中を回っていました。けど結局、チャリティイベントだからと無理に気負うことはなく、ただその日一日を真剣に生きて、楽しんで、そのポジティブなエネルギーが次の会場へと繋がっていけば、それでいいのではないかと今は思ってます。

今回この繋がりに参加させて頂き、色々と気付かされることが多く、本当に有り難く感じています。結局ぼくらには音楽しかないし、だからこの山口という土地で、何不自由なく活動できていることにも感謝しなければいけないのだと痛感しました。


次回山口では、違う形になったとしても続けていこうと思ってます。そして各地でまだまだ、総決起集会は続いていきます!

現時点、山口で集まったエネルギー、募金総額は    36,052円   !!!




もっと、もっと繋がっていけー!!





レポ : 股関節ユニ黒(POZO)

フォト : フルカワカズキ(涙が零れたら)

総決起山口印度洋編一日目レポート

2011/06/30 16:20 に 総決起集会 2011 が投稿

総決起山口印度洋編一日目レポート

先に、
3・11東日本大震災でお亡くなりなされました皆様に哀悼の意を捧げます。
と共に被災された皆様にお見舞いを申し上げます。




3・11以降から、みんな思う事、考える事、色々あると思うし、
まだ今も現在進行形で東北地方一園には多大な被害があり、そしてそこで生活されている方々がいる。

その事を踏まえた上で、やっぱり僕達にできる事、それは今出来る事を精一杯未来へ繋げることだと思います。


そんな思いを胸に、総決起山口印度洋編、
一日目は山中謙治がLIVEレポします!


初日である18日は、市外県外から全部で八組のバンドやミュージシャンが集まりました。







1番目は山口市よりBabo caTs。
大学生四人からなるガールズポップバンド。曲にも振り付けがしっかりあり、会場内のオジさんやバンドマン達や印度さんは萌えておられました。


2番目は山口市より集団歩行訓練。
朗読的な詩を、演劇とヒップホップとコンテンポラリーダンスなどを取り入れつつシリアスかつユーモアなLIVEを展開。多少ブラックな感じの内容も会場内の良い空気感になっていました。


3番目は北九州市より10age。フロント三人は女の子、ドラムは男子の四人組。全体的にタイトな演奏だけどワイルドさもあり、ポップというよりはロック!な印象。赤いスイートピーをアレンジした曲にグッときました。



4番目は山口市よりfulusasu。ドラムとギターのDUOで2人とも歌うというスタイルの彼等は曲調はカットアップ?してプログレ?て見る度にカッコ良くなってるし、見る度に無駄な所がそぎ落とされている分、また無駄に色々増えている!なんじゃこれなんだけど凄く面白い!



5番目は山口市よりfuckma you。彼の番になると、会場の皆が一斉に床に座り見事に空気が入れ変わる。色んな声色で静かに優しく歌うfuckma you。「地下室の印度洋に風がそよいでいた」と誰かが言っていたが正に的を得た表現だと思うが、この空気感、凄いです。




6番目はWhite Moles。今回の総決起の協力者である彼等、僕自身初見でしたが、見事にツボでした。キャッチーなメロディーラインの上に良く作られているサイケデリックな音色にリバーブがかる不思議なコーラスライン。フォーキーやアシッドなイメージではあるが、どっちかと言うと僕的にはダンスミュージックと思った。バンドの雰囲気も印度洋とピッタリ。次回また是非印度洋で見てみたい。



7番目は大阪よりノイズわかめ。最初に…、流石の一言でした。時に暴力的でもあり優しいノイズギターのフィードバックが歌とグルーブの隙間を埋める。悲しさもある重い旋律がリフレインするミニマルな楽曲と高い演奏力が織り成す圧倒的世界観はまさに浪速ディープリアルサイケデリック!
お見それしました。





とりの8番目は地元は山口の池部君率いる墓場戯太郎オーケストラfrom東京!
鈴虫のフィールド録音のSEから入場の池部君。カリスマ性もまた一段と拍車がかったステージで、実は凄く練られているであろう複雑な展開の楽曲をサラッと熟す!
「踊れる曲やります!」って言って演る曲もキメが複雑で踊れない人多数‼
確かにベースがチョッパーとかしてたけど!でも会場は盛り上がる!




んで、墓場戯太郎オーケストラの盛り上がりピークの時に、まさかのボギーさん乱入‼
俺一人でええぇ⁉とテンションが更に上がりピークに!
しかも会場はその事に殆ど気付いていない。
そそくさと裏の楽屋に移動。でボギーさんに話しを聞いて見ると家族旅行の途中に寄ったとか、笑
そんなボギーさんはやっぱり期待を裏切らない兄貴!



ボギーさんが山口印度洋総決起に来てくれた経緯はボギーさんのBlogにも書かれてあるのでこちらもチェック!

http://rd.yahoo.co.jp/blog/smart/article_list/*http://spn.blogs.yahoo.co.jp/bogey4649/28012906.html


再び会場内に戻ると墓場戯太郎オーケストラがラストの曲。会場内の皆が良い笑顔で楽しんでいる姿を見て思わず感極まる!笑
オジさん、生きててよかったです…!


拍手の中総決起山口印度洋編一日目、感動のフィナーレか…と思い来や、
ボギーさんが飛び入りで弾き語りをしてくれました!!




本家総決起から来て頂けるとか、こりゃシマるもんもシマる!!

最後はボギーコールからの胴上げで、総決起山口印度洋編一日目、大楕円で無事終了となりました。







LIVE終わってからもしばらくは、バンドマン同士やお客さん達の話しに花が咲き、会場はしばらくLIVEの余韻につつまれてました。
こんな時はそう滅多にないし、それだけ皆が楽しかったのだとおもう。

MCでボギーさんが言っていた事、それはこう言う場があるからこそと心から感じた、
そんな総決起、一日目でした。
出演して下さった出演者の方々、来て下さったお客さん、ボギーさん、
皆様ありがとうございました!


一日目の売り上げと物販で協力して頂いた売り上げの入った義援金箱と共に、2日目の白石君のレポに続きます。


一日目レポ、山中謙治。

1-10 of 23