追悼シンポジウムのお知らせ

大変残念なことに、原子衝突や原子分子にとどまらない広い分野でご活躍された先生方が相次いでご逝去されました。それらの先生方のお人柄と業績を振り返るとともに、残された者が今後の方向性を議論するためのシンポジウムを下記の通り開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

追悼シンポジウム

終了致しました。大勢のご参加、ありがとうございました。

入場無料
日時: 平成23年8月19日(金) 15:30~18:00
場所: 新潟大学五十嵐キャンパス  総合研究棟(N6)161演習室


プログラム

1.はじめに(宅間宏先生、鹿又一郎先生を偲んで)

2.大槻一雅先生を偲んで
  的場史朗 (立教大学): 「大槻さんと低温原子イオン移動度」
  福田 宏 (北里大学): 「仮題:ヘリウムレナードジョーンズポテンシャルと8の字3体軌道」
  島村 勲 (理研): 「大槻君と反陽子」

3.檀上篤徳先生を偲んで
  松本 淳 (首都大学): 「檀上先生から教わったこと - e-ion,トロイダル,鍼」
  保坂一元 (産総研): 「檀上先生との出会いとイオンを用いた研究(仮)」
  吉野益弘 (元芝浦工業大学): 「我が友、檀上さんと過ごした日々」

問い合わせ:
副島浩一(新潟大) : soejima"-at-"env.sc.niigata-u.ac.jp
中村信行(電通大) : n_nakamu"-at-"ils.uec.ac.jp
   ※ "-at-" を @ に変換して下さい。

なお、シンポジウムの前には原子衝突研究協会第36回年会が同会場にて開催されております。
そちらにもぜひご参加ください。