Keiju OKADA

 
 
       
                             
1994年12月2日生まれ O型
 
大分市在住       
 
大分市立碩田(せきでん)中学校3年
 
B&G別府海洋クラブ所属
 
身長 169cm
 
体重 57㎏
 
 ヨット歴   9年    
      幼稚園年長からはじめたと
      いわれています。
 
 
 Hull /  ツィーゲルマイヤー(BlueBlue)
 Spar / Optimax MK-Ⅲ
 Sail  /  North P-5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡田奎樹がこれまでのヨット人生について 30秒以上1分以内で語ります。
 
「今、小さいころからの夢の舞台に挑戦しようとしています。
僕は 小学生になる少し前にヨットに出会いました。最初は一緒に入部した人と楽しく遊んでいるだけでした。
しかし、同じクラブでワールドに出た人がいました(後藤沙季選手)。それを見て自分もワールドに出たいと思うようになりました。
それから少しずつOPのいろんなことを勉強して 練習もいっぱいして今に至っています。
あの時、ワールドセーラーが自分の前にいなかったら今の自分はないと思っています。
だからヨットというものは年上の人が年下の人に夢を与え、その人が年上になったときにまた
年下の人に夢をあたえるようなスポーツだと思います。
年下の人は年上の人をみて夢を持つのではないかと思うので、次は自分たちの番だと思います。
今度のワールドはOP最後です。僕は今度のワールドでみんなに夢を与えることができるセーリングをしたいです。」
 
 
岡田奎樹がワールド大会への意気込みを 30秒以上1分以内で語ります。
 
「OP人生最後の大きな大会になるので、気を引き締めて去年以上の結果を狙いたいです。
そのためには、もっとコースを確実に当てることが大切だと思います。
なので、これからは今まで以上に練習のときも、休んでいるときも常にブローと振れを感じてコースを考え
その考えが正しいかどうかを試して練習します。
自分の弱点は、レースごとの切り替えです。悪かったレースを次に引きずらないように
夏のレースで鍛えて行きたいです。」
                                         」
 
一言で     OPって 奎樹にとって?
 
「トモダチです。」
 
主な成績
 
2003 (小2) 第35回日本オプティミストセーリング選手権(小戸)    125位
2004 (小3) 第36回日本オプティミストセーリング選手権(江ノ島)   105位
2005 (小4) 第37回日本オプティミストセーリング選手権(仙台閖上) 18位
2006      最終選考会 (江ノ島)                     33位
     (小5) 第38回日本オプティミストセーリング選手権(広島観音) 11位
2007      最終選考会(江ノ島)                      13位(アジア選手権出場権獲得)
     (小6) IODA アジア選手権(シンガポール)            17位
          第39回日本オプティミストセーリング選手権(別府)    5位(小学生優勝)
2008      最終選考会 (和歌山)                     2位(世界選手権出場権獲得)
     (中1) IODA 世界選手権大会(トルコ チェシュメ)         40位
          第40回日本オプティミストセーリング選手権(蒲郡)    準優勝
2009      最終選考会(江ノ島)                      準優勝(世界選手権出場権獲得)
     (中2) 全日本チームレース(広島観音)               優勝(市川、山本、岡田)
IODA 世界選手権大会(ブラジル ニテロイ)        12位
          第41回日本オプティミストセーリング選手権(江ノ島)   準優勝
2010      最終選考会(別府)                       優勝
2010 JODAナショナルチーム世界選手権(マレーシア)出場権獲得
                         2010 アジア競技大会出場権獲得