おめでとう!吉田寮ほぼ100周年祭(2009年)は終了しました。多くのご来場まことにありがとうございました。

2011年のイベントはこちら

ほぼ百序文
吉田寮は1913年に建てられた京都大学の寮の一つです。この度ほぼ百周年という事で、「おめでとう!吉田寮ほぼ百周年祭」を行います。
 
現在吉田寮は老朽化問題を抱えています。 老朽化の解決に向けて吉田寮自治会と大学当局はこれまで幾度も話し合いを重ねてきました。その話し合いの中で大学当局は吉田寮食堂を取り壊し、また寮を建て替えるプランを提示していて、それが採用されれば、吉田寮も吉田寮食堂も建物、運用形態ともに今とは姿を変える事になります。
 
そんなの嫌だ!私たちほぼ百実はこう思います。 なぜならここはとても素敵な場所だから。
 
いつの間にか、何となく無くなってしまう前に、 ここでちょっと立ち止まってほしい、吉田寮と食堂を知ってほしい、そして肌で感じてほしい。吉田寮の何をどんな形で未来に残していくべきか。いろんな人が交わり、この場所について考えるきっかけになれば嬉しいです。
 
とにかく今の吉田寮、食堂を見てもらいたい、知ってもらいたい! と言うことで祭りをしたいと思います。是非来てね!


 主催:「ほぼ100祭」実行委員会
            hobo100hobo100@gmail.com
            075-753-2537(呼び出し)

発起人:何実

サイト管理人:平田朋義







ほぼ百公式マスコット 「百」

吉田をみんなに知ってもらいたいね
吉田がどんなんか知ってもらいたいね
吉田はどう考えて行動してるか知ってもらいたいね
目撃してもらいたいね
体感してもらいたいね

なんでかっていうといいねえって思ってほしいしね
だっていいんだぜ

考えないでうすっぺらに盛り上がったりしないんだぜ
考えて盛り上がるんだぜ
だって考えるってどんなことかわかるか

考えるっていうのはなあ
考えるっていうのはなあ、
生きてるってことなんだよ!