少林寺拳法部

 少林寺拳法とは

 少林寺拳法は1947年(昭和22年)、少林寺拳法初代師家 宗道臣(開祖)により香川県多度津町で創始されました。敗戦下で社会のルールも経済も人の心も混乱する中、「すべての物事は影響ある立場に立つ者の人の質による」と開祖は悟りました。平和な世の中をつくるためには、「正義感と勇気と慈悲心の強い人間を一人でも多く育てること以外にない」と考えたのです。人間の心身の改造と平和的手段による社会変革を目指し、「少林寺拳法による人づくり」と「理想境建設」を目的として開祖は少林寺拳法を創始したのです。


少林寺拳法が目指す人間像

  • 自己の可能性を信じる生き方ができる人間

  • 主体性を持った生き方のできる人間

  • 他人の幸せを考えて行動できる人間

  • 正義感と勇気と慈悲心を持って行動できる人間

  • 連帯し協力し合う生き方ができる人間


「本当の強さ」とは

 強くなりたい → 技の修業を通して心身を磨く → うぬぼれではない自信と勇気と行動力を持つ → よりどころとなる自分=「本当の強さ」


「少林寺拳法は人づくりの行である」

 少林寺拳法では、技の修練を通じて自信と勇気と行動力を身につけ、慈悲心と正義感を養います。自分だけではなく相手のことも自分と同じくらい大切に考えて行動します。そうして、社会の平和と福祉に貢献します。

活動場所

 体育館1階「格技場」  ※見学自由 新入生は気軽に見学に来てください

練習内容

 基礎トレーニング、剛法(突き、蹴り)柔法(抜き、極め、投げ)などの基本演練と相対演練


大会

 5月:神奈川県大会

 6月:関東大会・インターハイ最終選考会

 8月:インターハイ

 11月:神奈川県新人大会

 12月:関東選抜大会

 3月:全国選抜大会

その他

 昇級試験や他校との合同練習会