公共選択学会第22回大会

2018/12/1〜2018/12/2

横浜商科大学つるみキャンパス

2018年度、公共選択学会第22回大会は下記の通りに開催されます。会員の皆様の参加を歓迎いたします。

日程: 2018年12月1日(土),2日(日)

場所: 横浜商科大学・つるみキャンパス 3号館(開学50周年記念館) アクセスマップ(神奈川県横浜市鶴見区)

大会実行委員長:伊藤 穣(横浜商科大学)

企画委員会
・中野英夫(委員長・専修大学)
・伊藤穣(横浜商科大学)
・和泉徹彦(嘉悦大学)
・高橋智彦(拓殖大学)
・鷲田任邦(東洋大学)

大会実行委員会
・伊藤穣(委員長・横浜商科大学)
・田尻慎太郎(横浜商科大学)
・佐藤浩之(横浜商科大学)
・矢口和宏(敬愛大学)

一般報告公募についてのご案内

当大会における報告の応募は、申込用紙のファイルを以下からダウンロードし,必要事項を記入し下記宛先まで添付メールでお送りください。

なお,複数会員による企画セッションの提案がございましたら,企画責任者において,応募用紙2枚目にある企画セッション申込用紙に必要事項をご記入いただき,上記と同様のアドレスまで送付して下さい.また,企画セッション内の単体論文の報告者においては,通常の報告と同様に報告申込用紙にご記入いただき,添付メールで提出をお願いします.その際,当該項目(「企画セッション内の論文の場合は企画セッション名を記入して下さい」という欄)にご記載いただくようお願いします.

公募期間:8月20日(月)〜9月16日(日) 10月7日(日)まで延長いたします

申込先:application@publicchoice.jp

申込用紙ファイル(MS Word, docx): 2018年度公共選択学会第22回大会 報告申込用紙

通常報告,企画セッションともにフルペーパーは下記締め切り日までに、pdfファイルを添付メールで提出してください.その他の問い合わせも,同じメールアドレスまでお願いします.

フルペーパー提出締め切り日:11月18日(日)

提出先:application@publicchoice.jp

昨年と同様,一般報告・シンポジウム等のプログラム確定後に,ポスターセッションでの報告も募集する予定です.ただし,こちらでの報告は討論者が割り当てられないことを宜しくお含み置き下さい.

※ 公共選択学会では若手研究者による研究を奨励するため,公共選択学会大会での報告に対して「若手研究者優秀報告賞」と「公共選択のフロンティア優秀報告賞」(ポスターセッションでの報告を対象)という2つの賞を設けています.若手研究者の積極的応募を期待しています.