横浜商科大学へのご支援をお考えの皆様へ

ーさらなる飛躍を目指してー

ご挨拶

学校法人横浜商科大学理事長  大村 達彌

学校法人横浜商科大学理事長 大村 達彌 からのご挨拶とメッセージ

横浜商科大学は、安心して任せられる人材を世に送り続けて今年50年目を迎えました。本学の発展に尽くされたすべての人々にあらためて感謝申し上げます。本学は、地域社会のニーズに応えて新しい時代の開拓に取り組む皆様にとって少しでも役立つ存在になれることを使命に掲げ、今後とも教育・研究の更なる発展を目指してまいりますので、なにとぞご支援を賜りますようお願い申し上げます。

横浜商科大学 学長 小林 雅人

横浜商科大学 学長 小林 雅人からのご挨拶とメッセージ

1966年に横浜商科短期大学として産声を上げた本学は、50回目の誕生日を迎えました。この半世紀の間、時代のニーズを反映させ、地域社会と密着し、地域からの要望や期待に応える形で、人材育成と各種の事業を展開し、国際都市横浜の発展に貢献して参りました。また、一貫して少人数教育にこだわり、学生一人ひとりの個性を伸ばす教育を続け、半世紀を経ても変わらぬ評価を頂いております。これもひとえに、本学をご支援頂いた方々のお陰と感謝申し上げます。今後もこれらの方針を貫き、時代のニーズに裏付けされた事業展開と地域社会からの要望に応え、ダイバーシティ社会で活躍できる有為な人材育成を行って参ります。横浜商科大学が実現しようとする教育理念とこの念願を深くご理解いただき、ご協力を賜れば幸いに存じます。

寄付金の募集について

(1)開学50周年記念募金事業(趣旨変更のお知らせ)

開学50周年記念募金は当初、つるみキャンパスの施設及び環境整備の一環として「円環スロープデッキ」を建築することを目的にご協力をいただきました。しかしながら、本学3号館の耐震診断の結果、募金の目的を「50周年記念館」の建設に変更させていただきたいとの判断に至りました。この記念館には大・中・小の教室、学生ラウンジ、カフェテリアなどが入ることが予定され、つるみキャンパスの施設及び環境整備であることには変わりはございません。50周年記念として、後世に残せるものを作りたいと考えております。

なお、ご寄付をいただいた方々のお名前の銘板を、この50周年記念館内に顕彰させていただけないかと考えております。

「50周年記念館」の建設に向け、大きく舵をきったところでございますが、今後とも相変わらぬご高配を賜りたく切にお願い申し上げます。

新しく建設が構想されている「50周年記念館」の建築予想図

新しく建設が構想されている「50周年記念館」の建築予想図。教室棟の屋上には、スポーツエリアも設置予定。

(2)教育研究充実のための寄付金

開学50周年を迎え、横浜商科大学は更なる飛躍を目指しながら新しい教育環境の整備を進めています。文部科学省が推進するアクティブラーニング(学生が主体的かつ能動的に学ぶスタイルの学習)を積極的に取り入れ、学生同士がグループで楽しく学び合うための教室や什器を導入しています。

21世紀の横浜、そして日本を担う新しい人材を輩出していくために、横浜商科大学の教育環境の整備・充実、奨学金の充実、さらにはスポーツ振興資金のために、皆様のご支援をお願いします

寄付をお考えの皆様へ

募金のお振り込みについて

  • 募金の目的
    • 「教育環境整備」価値ある教育を目指して
  • 募金目標額
    • 1億円
  • 募金の対象
    • 法人、個人(卒業生、父母一般)いずれも1口1万円のご寄付をお願いいたします。教職員の方々についても同様に寄付をお願いします。
  • いずれも、多数口のご協力をお願いします。
  • 金額にかかわらず、1口未満のご寄付もありがたくお受けいたします。
  • お払い振り込みは所定の「振込用紙」をご利用になるか、こちらのフォームをご利用ください
  • クレジットカードでも寄付ができます。
  • コンビニエンスストアでも振り込みができます
  • 寄付金込手数料は、依頼人負担でお願いいたします。
  • 寄付をされた方は、税制上の優遇措置を受けられます。

税制上の優遇措置について

詳細につきましては次のPDFファイルをご参照下さい(クリックすると拡大表示されます)。

donationdetails1017.pdf

近年における横浜商科大学の取り組みのご紹介

お問い合わせ先

〒230-8577横浜市鶴見区東寺尾4-11-1

横浜商科大学管理部

TEL:045-583-9056

FAX:045-584-4850