TOPICS & NEWS

洗足学園小学校の最新情報は、こちらをご覧ください

Carousel imageCarousel image

6月1日  個人面談

1学期の個人面談を実施しました。

本校では学期に1度、個人面談を実施しております。

個人面談は、日々の生活や学習の様子などを学校とご家庭との間で共有するために実施しています。この「共有」は学校とご家庭で協力して児童の成長をサポートするために欠かすことはできません。

今回は「オンライン形式」と「対面形式」の2つの方法から、各ご家庭のご希望に沿って実施方法を選択していただきました。

6月17日  6年生 理科

6年生がジャガイモの収穫を行いました。

本校にはテラスに併設した小さな学級農園があります。この農園では1年生が6年生までが様々な作物を育てています。

先日、6年生は3月に植えたジャガイモの収穫をしました。単に植えて収穫をするだけではなく、今までに、ジャガイモの植物としての特徴を確認したり、光合成の実験を行ったりしてきました。

芽かきや土寄せをする理由を学び、今回は「茎が枯れ始めたこと」という収穫の目安の意味も理解しているようでした。

収穫はとても楽しい時間です。どの児童も一生懸命に土を掘りジャガイモを見つけた時には歓声が上がっていました。また、1年生の頃に経験したサツマイモ堀りと比較している児童もいました。

収穫後は、苦労して見つけた種芋と、残念ながら日光に当たって緑色に変色してしまった新しい芋の様子の違いや、含まれるデンプンの量について実験しました。

児童の日記から

・今日は三、四時間目の実験理科の授業でいもほりをしました。学級園にたくさんうえたジャガイモをみんなで協力してほりました。はじめは虫ばかりだったのでこわかったけれど、なれていくうちに虫のことを忘れて楽しくなりました。ジャガイモは日に当たると緑色になることは知っていたけれど、実物を見たことがなかったので良かったです。(6年女子)


・一、二時間目の実験理科でジャガイモほりをしました。前にテラスのところに植えた種いもが成長してジャガイモをつけていました。小さいものから大きいものまでありました。たくさんとれたので、みんなと分け合うことになり、とてもうれしかったです。その後でんぷんがあるのか調べたところ、小さな粒がでんぷんであることが分かり、面白かったです。(6年男子)


・三、四時間目に実験理科の授業がありました。最初に、先月みんなでうめたジャガイモを掘りました。小さいものから大きいものまでありました。その後、収穫したジャガイモの観察をしました。ヨウ素液をたらして、養分があるのかなどを調べました。予想とはちがう結果になったので、また新しいことを学ぶことができました。良かったです。(6年女子)


Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

6月16日  オーケストラ活動

今日はオーケストラ活動の様子を紹介します。

オーケストラは、本校の特別クラブ活動です。希望すれば誰でも入団することが可能で、現在約200名の児童が在籍しています。毎週1回の合奏練習、月に2〜4回程度の個人レッスンがあり、洗足学園音楽大学の教授をはじめとする専門講師から指導を受けています。 今年は3年に一度のサントリーホールでの演奏会の年です。 児童は大舞台での演奏に向けて、日々練習に励んでいます。

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

6月15日  オンライン社会科見学

5年生がオンラインで社会科見学を行いました。

5年生が、社会科「情報と通信」の学習の一環でオンライン社会科見学を行いました。

以前は、新聞社の印刷工場を見学に行っていましたが、現在は直接工場を訪れることは難しいため、新聞社様と学校をリモートでつなぎ、「オンライン見学会」としてスタッフの方にお話を伺いました。学校にいるだけでは決して学ぶことができない新聞作りの苦労や工夫を、現場で働くスタッフの方から直接教えていただきました。児童からの質問にも、一つ一つ丁寧に答えていただき、とても実り多い時間となりました。

6月14日  田植え

2年生が生活科の授業で田植えをしました。

種もみからイネの苗を育ててきた2年生がビオトープで田植えをしました。

はじめはどろどろの田んぼで転ばないように気をつけて歩いていました。滑りそうになりながらも、ゆっくり進み、目印に合わせて植えていきました。上手に植えられると不安そうだだった顔も自然と笑顔になりました。

とても小さい田んぼですが、毎日様子を確認できるのが、本校の田んぼのよいところです。これから毎日、稲の様子を見るのが楽しみです。

児童の日記から

・今日、田うえをしました。ふかくまで入れればいいと分かりました。どろの色がそこになるにつれ、こくなっていくことも分かりました。(2年 男子)


・代かきが楽しかったので、田うえを早くやりたくてうずうずしていました。ぴんぴんのちびっこ苗をしっかりと土にいれました。(2年 女子)


Carousel imageCarousel image

6月12日  学芸会

2021年度学芸会を実施しました。

昨年度は中止、そして、本年度も当初の予定日から3週間の延期となりましたが、無事に前田ホールで学芸会を実施することができました。

本来ならば保護者の皆様にもご来校いただく予定でしたが、本日は児童だけがホールで鑑賞し、保護者の皆様にはライブ配信でご覧いただきました。


年生の「ソーシャルディスタンスとって学芸会を楽しもう」という開会の言葉で学芸会は始まりました。


1年生と2年生にとっては初めての学芸会です。1年生は歌詞も振り付けも完璧に覚えて、みんな笑顔で歌うことができました。2年生は保護者の皆さんに作っていただいたかわいい衣装を身につけて元気いっぱい演技しました。


3年生、5年生はクラス替えがあった学年です。4月からの2ヶ月間の劇の練習を通して、どのクラスも団結力を高めたようです。


4年生、6年生は合奏を披露しました。使える楽器が制限される中でしたが、素晴らしい演奏ができ、「緊張したけれど、楽しかった。」という声が多く聞かれました。


どの学年も今までで最高の発表ができました。そして、どの児童も他のクラスの発表を食い入るように見入り、発表が終わるたびに大きな拍手が巻き起こっていました。


Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

6月11日  学芸会リハーサル

延期になっていた学芸会のリハーサルを実施しました。

学園内にある前田ホールでリハーサルを行いました。音楽室とは違った雰囲気に児童は緊張気味の様子でしたが、これまでの練習を思い出し、堂々と演奏をすることができました。

4月から練習を重ね、クラスの仲間との絆を深めてきました。明日はその集大成です。本番ではどのクラスも練習の成果を出し切れることを願っています。

児童の日記から

昨日は、学芸会のリハーサルで前田ホールに行きました。やはり、前田ホールで演奏するのと、音楽室で演奏するのでは、前田ホールの方が少し緊張しました。今回は、私の中で一番上手に弾けたのではないかと思いました。なぜならノーミスで弾けたし、心をこめて弾けたと思ったからです。けれど、真剣に弾きすぎて、とても顔が怖くなってしまうので注意です!学芸会が楽しみです! (4年女子)

Carousel imageCarousel image

6月10日  3年社会科 「理想の商店街」

3年生がライフ社会の授業で発表をしました。

 授業で町、店の様子や、そこで働く人々について学び、身近な社会について見聞を深めてきました。そこで取り上げた、「商店街は年々減ってきている」という話題をきっかけに、自分たちで理想の商店街を考え、発表することになりました。

 商店街のテーマ決めから始まり、発表用のスライドや台本作り、リハーサルを経て迎えた本番。少し緊張しながらも堂々とした態度で発表することができました。今後も発表場面をなるべく多く設定して、社会のリーダーとなるべく他者に伝える能力を育んでいきます。

Carousel imageCarousel image

6月9日  昆虫はお友だち

梅雨入りする前の今頃は、昆虫好きの子どもたちにとって最高の季節です。

エノコログサのような単子葉植物の野草が茂り始めると、バッタやカマキリの幼虫が出てくることを、子どもたちは知っています。

先月は、テントウムシがたくさんいるところに連れていってくれました。

学年が入り混じって、一緒に探したり、お世話をしたりと夢中になっています。お互いに昆虫の名前や飼い方を教えあうだけでなく、昆虫に負担のない持ち方や、飼育できないなら昆虫にとって一番いい環境に逃がしてあげようというような、生命を大切にするアドバイスを上級生が下級生にしている心温まる場面にも出会います。学園内の草むらや石の下でひっそり暮らしている小さなお友だちから、今日も洗足の子どもたちは生きた学びを得ています。

6月8日 1・2年生の教室から

今日は、低学年が育てている生き物や植物の紹介をします。

1年生は、カブトムシを育てていました。下駄箱の上にたくさん並んでいる虫かごの中には、オスのカブトムシがいるそうです。クラスのお友達がお家からつれてきたもので、休み時間にはたくさんの子がカブトムシの様子を見に来ていました。

2年生の教室では、生き物係がメダカのお世話をしていました。新しいお水を水槽に入れたり、割りばしで水草をとったりしていました。

教室の外にあるテラスでは、1年生は朝顔、2年生はミニトマトを一人一鉢育てています。休み時間には、水やりをしている子の姿が多く見られました。花や実をつけ始めていて、「たくさん実ができている!」という喜びの声も聞かれました。

また、学級園でも1年生が生活科で植えたナスが成長していました。

収穫できる日が楽しみですね。

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

6月7日 洗足向上委員会

第3回目の洗足向上委員会が行われました。

各委員会からの報告では、集会の予定や新しく飼う生きものが決まったことの報告などがありました。今年度初めての企画として、図書委員会は子どもの本総選挙をおこなうということでした。

また、雨の季節に備えて各クラスでは雨の日の工夫した遊び方について話し合いを持ち、次回の洗足向上委員会で意見の共有をすることが宿題として出されました。今よりも過ごしやすい学校を目指して、児童会の活動が活発になってきています。

Carousel imageCarousel image

6月4日 学園の歴史に触れる日

牧師講話が行われました。

今年も5、6年生を対象とした牧師講話が行われました。洗足学園の創立者の前田若尾先生は敬虔なクリスチャンでした。その際のご縁から、毎年霊南坂教会の牧師様に講話をしていただいています。今年も洗足学園の創立者である前田若尾先生や洗足学園の歴史について、様々なエピソードを交えながらお話していただきました。

今年度は6年生は広間、5年生は教室でオンラインという形での開催となりましたが、児童は熱心に耳を傾け、大事な話はメモを取るなどして実り多い時間を過ごしていました。

児童の日記から

・今日は牧師講話がありました。心に残ったことは関東大震災が洗足学園のできるきっかけだったことです。理由は関東大震災は昼に起こりほとんどが料理をしていてとても震災が広がりました。さらに火災せん風などもあって、それだけで約三万人も死んで建物もほぼ燃えました。しかし、前田先生の寮は燃えなかったので不幸中の幸いだったと思いました。とても運が良く、そのおかけで今ぼくたちも学校に行けます。(6年男子)

・今日の五時間目に牧師講話がありました。前田若尾先生が通っていた教会の牧師さんからお話を聞きました。校歌の一番最初の「たがいに足を洗えとのりし」はイエス様が最後の晩餐で弟子の足を洗ったことからこの歌詞と「洗足」という校名がうまれたのだと分かりました。関東大震災と東京大空襲で二回も大変なことがあったけれど、前田若尾先生は立ち上がってみんなを支えてくれたんだなと思いました。前田若尾先生はすばらしい心の持ち主だと思います。             (6年女子)

・今日は、牧師の後宮さんに前田若尾先生について語ってもらいました。前田若尾先生は関東大震災で寮にいて震動で建物が壊れても教え子の命を最優先で行動したらしく、私ならパニックになって自分だけ助かろうと思って、他人のことなど考えられなくなってしまうかもしれないので、とても尊敬しました。前田若尾先生について様々なことを聞けてとても嬉しかったです。ありがとうございました。(6年女子)

・今日は、牧師講話のために、霊南坂教会から後宮さんという人が来てくれました。しゃべりがとても面白くて、わかりやすかったです。お話の中で、前田若尾先生が地震や戦争にもめげずに、すぐ学校再開した行動力がすごいと思いました。また、当時女性教育がなかなか発達していなかった中で、自分で学校を立ち上げて、ここまで大きくしたのも尊敬できるなと思いました。(6年男子)

Carousel imageCarousel image

6月3日 新しい授業スタイル

本校教員が自宅から授業を配信しました。

オンラインで教員の自宅と学校をつないで、児童とコミュニケーションしながら授業を行いました。この形式での授業は初めての取り組みであったため、授業が始まった時には児童も緊張気味でしたが、すぐに慣れて児童の様々な気付きや解法のアイデアを取り込みながら、いつもと変わらない普段の授業実践できました。「学び」を止めないために、教員にも児童にも起こりうる様々な状況に対応できる環境が整備されています。

Carousel imageCarousel image

6月2日 朝のラジオ体操

今日は、朝のラジオ体操の様子を紹介します。

洗足学園小学校では、晴れの日には校庭でラジオ体操を行っています。

ラジオ体操の時間になると、放送委員が音楽を流してお知らせをします。

放送委員の放送で1年生から6年生まで全員が校庭に集合した後は、集会委員が司会をしてラジオ体操が始まります。

ラジオ体操が始まると、体育委員が朝礼台でお手本になります。

1年生も体育委員のお兄さん、お姉さんの様子をよく見て体を動かしています。

ラジオ体操が終わると、集会委員のアナウンスで学年ごとに教室にもどっていきます。教室に戻るまでの間も放送委員が音楽を流してくれます。

洗足学園小学校の朝のラジオ体操は、3つの委員会が力を合わせて行っています。

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

6月1日 2年生 算数

算数の授業では水のかさの学習をしています。

お家から持ってきた色々な容器、1ますや1dLますなどを使って水のかさ調べを行いました。

自分が持ってきた容器は何mLくらい水が入るのかを調べたり、お友だちと協力しながら1Lますには小さな容器で何杯分入るか調べたりしました。

色々な容器でかさを比べてみる子、容器にひたひたになるまでしっかりと水を入れて正確に測ろうとする子、様々な姿が見られました。実際に手を動かすことで、どの単位がどのくらいという量感がより身につけられたようです。

オンラインでの学習もお友だちの表情が見られてよかったですが、学校でお友だちと一緒に作業をしながら学習できることがとても嬉しいようで、楽しそうに活動している姿が印象的でした。

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

6月14日  田植え

6月14日  田植え