ツアー紹介


日本のシンボリックマウンテンである「富士山」は、すべての瞬間、すべての天候、

すべての季節、すべての気象状況において圧倒的な存在感を放っている素晴らしい山です。


その歴史も古く、日本古来から精霊が息づいているアニミズムの聖地としても知られており、

2013年には「信仰の対象」と「芸術の源泉」として世界遺産にも登録されました。

また、私たちの使っている千円札の裏側にも美しい富士山が描かれております。

こちらは故人・岡田紅陽さんの『湖畔の春』という作品をもとにしており、

富士五湖のひとつ「本栖湖」から撮影を試みたものです。


プロアマ問わず、多くの写真家に愛される被写体ですが、逆に人気がありすぎて

「何をいまさら」とためらってしまう方も少なくないでしょう。

そこでPASHADELICは、富士山専門の写真家をお呼びして、

「富士山フォトツアー」を開催することにいたしました。

今回のツアーの案内人となるのは、「写真を撮ることは富士山を撮ること」

というTakashiさんです。

初の富士山撮影では、雲海と朝日と白鳥のコラボレーションにめぐり逢い、

その瞬間から富士山に魅入られたとのこと。

Takashiさんの撮る富士山は、トラベラー誌の表紙を飾ったり、

多数のフォトコンテストで選出されたりするほど冒険的で芸術的です。

時にはTakashiさん自身が富士山フォトグラファーとして

個人特集を組まれることもあり、注目の写真家さんです。


そんなTakashiさんとのツアーですが、単に現地で一緒に撮影するだけではなく、

撮影からライトルーム現像に関するワークショップも実施していただけることになりました。


富士山という様々な表情を持っている魅力的な被写体をどう写して、

その作品をどう仕上げるか、といったところまで一気に学べること間違いなしでしょう。

そして今回のツアーはそれだけではございません。

もう一つの目玉として希望者は「パラグライダー」飛行体験ができます。飛行しない人も富士山に向かって飛ぶパラグライダーを離陸場所から撮影できる内容となっております。

高低差300mの離陸場所からテイクオフする人も、離陸場所から撮影する人も、正面の富士山と広大なパノラマの織りなす景色に圧巻です。

また飛行中に撮影が可能なので、普段撮影できない空中撮影をお楽しみください。

インストラクターと二人乗りなので女性、初めての方でも安心して飛行できます。

この機会に是非参加してみてはいかがでしょうか。

※「パラグライダー」飛行体験をご希望の方は別途参加費(¥10,000)がかかります。

(特別後援:スカイ朝霧)

富士山撮影は、美しい山の記念撮影では終わりません。

刻々と移ろいゆくバリエーション豊かな表情、同じものは二度と現れない趣深い雰囲気、

自分自身が取り込まれてしまうような神秘性、それをどうやって撮り切ってみせるか、その奥深さを感じたらきっと写真が面白くなるはずです。


初めての風景撮影でも構いません。新しい何かを探しにいくのもいいですね。

Takashiさんのガイドと共に富士山撮影の魅力に思いっきり迫ってみましょう。皆さんのご参加、お待ちしております。


※上記掲載写真は本ツアーでは回らないコースから撮影された写真や、異なる時期・季節の写真を使用しております。

ツアー概要

・日時:2018年11月8日(木) ~ 2018年11月11日(日)

・集合場所、時間:○○駅「丸ビル」前、6:30集合 (詳細は別途参加者に行程表をお送りいたします)

・持ち物:カメラ、三脚、防寒着。筆記用具、歩きやすい靴

・その他:※ツアー中、素敵な路地裏や景色、シャッターを切りたくなる瞬間が次々とあらわれます。

つい夢中になって事故に……ということのないよう、周りの歩行者や車など、交通マナーには十分お気をつけください。


ツアースケジュール


・スケジュールは、天候や交通状況により余儀なく変更することがあります。

・現地の混み具合によって、当日予定していた撮影場所を変更することがあります。

講師紹介

Takashi

初めての富士山撮影で雲海富士の絶景、霧から現れた富士山に朝日で輝きながら泳ぐ白鳥に出会う。以来、写真を撮ることは富士山を撮ることになった富士山専門フォトグラファー!

2018年にアメリカナショジオグラフィックの旅行雑誌Traveler誌6・7月号の表紙に採用され、ウエブページで個人特集が組まれたほか、写真集掲載、多数のDAILY DOZENやPHOTO OF THE DAY選出、フォトコンテストで毎年Editors’ Favoriteに選ばれるなど数多くの実績がある。

2018年2月23日(富士山の日)に日テレのWEB TVで個人特集が放映。

その他フォトコンテストではPashadelic 富士山フォトコンテスト2015、Sony World Photography Award 2018、Natures Best Photography Asia 2017、ロシア35AWARDS 2015/2017、東京tifa 2016/2017、米国 ipa2016、パリPx3 2016/2017、Monoawards 2015/2016、モスクワmifa 2016/2017、東京カメラ部instagram部門(ヒカリエ)2016/2017/2018、 他多数の受賞歴あり。


<ホームページ>

www.takashi-artfuji.com

<ナショナルジオグラフィックユアショット>

http://yourshot.nationalgeographic.com/profile/574372/#awards

<Instagram>

https://www.instagram.com/takashi_artfuji/

山村 健児


アメリカのカリフォルニア州にあるビッグ・サーにて、一枚のポストカードに魅せられて始めた風景写真が2013 年1月。

以来、アメリカ・アイスランド・北欧・ニュージーランドなど世界を飛び回りながら絶景を撮り続けている一方で、風景写真に必要な3つのレシピ「いつ・どこで・何が撮れるのか」を共有する写真サービスPASHADELICを創業。

SNSでは13万人以上のフォロワーがおり、インフルエンサーとしても活躍をしている。月に一度、息子をモデルにした風景+人物の撮影をするのを楽しむ父でもある。


ツアーに含まれているもの、含まれていないもの

ツアーに含まれているもの

───────────────────

・ホテル宿泊費

・現地ガイド料

・現地交通手段

・写真撮影勉強会

・昼食・夕食

含まれていないもの

───────────────────

・撮影機材

・防寒着

・ブーツ

・朝食(早朝撮影のため)

・間食 ・飲み物


参加費用


¥120,000




(税別)

お申し込み

> お申込み締め切り日 <

ツアーお申し込みは終了しました


※お申込みは先着順となります。 また最低催行人数は10名となります。

※お申込み締め切り日または、申込人数が上限(15名)に達した時点で受付終了となります。

※参加申込可能な状態であっても申込人数が上限に達している場合がございます。

旅行代理店 株式会社Jトラベルセンター 東京都知事登録 旅行業 2 – 5961 号 JATA正会員

(旅行、宿泊の手配は全て株式会社Jトラベルセンターに委託しております。)

キャンセル・返金ポリシー

旅行契約の取消日

取消料

・7/27~8/9の間のキャンセル ・・・

・8/10~8/15の間のキャンセル・・・

・前日のキャンセル・・・

・当日のキャンセル・・・

・旅行開始後又は無連絡不参加・・・


・・・旅行代金の20%

・・・旅行代金の30%

・・・旅行代金の40%

・・・旅行代金の50%

・・・旅行代金の100%


注意事項

  • 持病ののある方、体調が崩れやすい方はかかりつけの医者とご相談の上、申し込みください。
  • 団体旅行となります。自分勝手な行動はご遠慮ください。
  • 具合が悪くなられた方は、遠慮なく同行添乗員やガイドにご相談ください。
  • 安全を第一に考え、雨天、強風、吹雪その他の状況により、コースを変更、停滞、中止する場合がございます。
  • フォトツアー中は、添乗員・ガイドの案内にご理解とご協力をお願い致します。
  • 撮影マナー「ゴミは持ち帰る」「私有地に入らない」「他者の邪魔をしない」などは必ず守りましょう。
  • 手荷物は各自の管理となります。特に忘れ物や盗難、靴の履き間違えに関しては、当社では一切責任は負いかねますのでご了承ください。

CONTACT INFO

本社

3945 Freedom Circle, Suite 450, Santa Clara, CA 95054 USA

東京オフィス

107-0062 東京都港区北青山3-5-6青朋ビル2F 213

お問い合わせ: voice@pashadelic.com