Manabi!

食べ物分析シリーズ

第1回:鮭おにぎり(ファミリーマートのみ)

2018/5/23

担当:小澤・中村

①丸いタイプ

パッケージ(表)

パッケージ(裏)

おにぎり全体 112g

中の具(鮭) 4g

おにぎり(具なし) 108g

のり(湿った状態) 2g

②三角のタイプ

パッケージ(表)

パッケージ(裏)

おにぎり全体 102g

具材のみ(紅鮭) 6g

ごはんのみ 97g

海苔(乾燥) 2g

③ごろっとタイプ


パッケージ(表)

パッケージ(裏)

おにぎり全体 111g

具材のみ(鮭はらみ) 10g

ごはんのみ 99g

のり(湿った状態) 1g

Manabi!_計量DB

・「鮭おにぎり」でも、具の量が異なる。また、表示記載のたんぱく質量と大きな差が出た。(小澤)

・丸いタイプより、三角のタイプの方が具材(鮭)の量が多い。価格が少し高いのも納得。

一方で、ごはんの量が丸いタイプのほうが多いことがわかった。(中村)

・表示よりも計算値の方が脂質が少ないのは、お米に油がコーティングされているからと推測。原材料名には「油脂」と書いていないけど「ご飯」と書くことで、添加物の記載は省略できるためです。(中村)