Manabi!

食べ物分析シリーズ

第2回:パスタサラダ(コンビニ3社)

2018/5/28

担当:奥沢・小澤・中村

対象

・大手コンビニ3社のパスタサラダを比較、検討しました。

定番の「豚しゃぶ」でそれぞれ比べてみます。

セブンイレブン / 野菜たっぷり!豚しゃぶパスタサラダ /税込300円

ファミリーマート/豚しゃぶのパスタサラダ/税込320円

ローソン/ 豚しゃぶのパスタサラダ(胡麻ドレッシング)/税込298円

①見た目

●セブンイレブン

表示がシンプル!成分についての訴求がない。他社に比べて購買意欲はそそられないかも(小澤)

●ファミリーマート

メインである豚肉と野菜の彩が際立つ見せ方をしている(中村)

●ローソン

「ロカボ」と表示されているため、健康意識の高い方やダイエット中の方に訴求力がある。(中村)

②豚肉

セブンイレブンが最も多い。ローソンがファミリマートには味付けがされている。

●セブンイレブン

豚肉… 35.0g

・3社の中で最重量

・ジュレをまとっている

●ローソン

豚肉ごまドレッシング和え…25.5g

・セブンに次いで多い

・割とちゃんとゴマダレの味がする


●ファミリーマート

味付豚肉ごまだれ和え…12.0g

・二口分程度の少量

・ほのかにゴマダレの味

③野菜

セブンイレブンが量、種類共に最も多い。次いでファミリーマート。ローソンが一番少ない量となった。

●セブンイレブン

野菜全体… 63.0g

全8種類の野菜。緑黄色野菜も14.5g含まれる。特に大根は細切りとおろしと2種を合わせることで食感を楽しむ工夫がされている。(中村)

ローソン

野菜全体…27.5g

全4種類の野菜。3社の中で最も少ない。レッドキャベツがおしゃれな印象。(奥沢)

ファミリーマート

野菜全体…32.5g

全4種類の野菜。キャベツの量が多い。緑黄色野菜は5.5gのみ。

④パスタの量

「ロカボ」と表示されているローソンが最も多い。意外な結果となった。 麺に調味料がついていることも理由かと考えられる。

セブンイレブンとファミリーマートはそれほど変わらない量だった。

セブンイレブン

スパゲティ…134.5g

味付けのない素朴なもの。

ファミリーマート

スパゲティ…124.5g

味付けのない素朴なもの。

ローソン

味付スパゲティ…157.5g

ほんのり塩味と少しオイルをまとったもの。

⑤ドレッシング

ローソン、ファミリーマートは胡麻ドレッシング。セブンイレブンはノンオイルのポン酢。

セブンイレブン

ポン酢ドレッシング(ノンオイル)

ローソン

胡麻ドレッシング(クリーミー)

ファミリーマート

胡麻ドレッシング(クリーミー)

⑥所感

管理栄養士によるそれぞれの感想など。

奥沢

コンビニ各社、量が全く異なって面白かった。「野菜たっぷり」と記載されていても、実際にとれるのは1食あたりの目標量(117g)の半分程度であった。

「カロリー」「野菜量」「炭水化物量」のどれが必要か、選ぶときに決めておくとよさそう。

中村

「ロカボ」と表示されている商品が、実際には一番糖質が高いのが意外な結果となった。ロカボは「1食あたり20~40g」と定義することもあるだが、まだまだ定義そのものが曖昧なのだと、よく分かった。改めて表示を見て、正しく解釈することは重要だと感じた。商品としては野菜量、味、バランスという点でセブンイレブンが良いと思う。

小澤

今回の比較では、セブンイレブンの商品が栄養バランスが良かったと思う。ただ、商品の見せ方が消極的なためもったいないと感じた。どの商品も、プラス1品(ゆで卵や野菜料理など)あるとより栄養素が充実しそう。

Manabi!_分析DB_豚しゃぶパスタサラダ

Manabi!についてはこちら