4/21(土)22(日)

完成見学会

弥高の家-アフォガート-


===ゆとりある空間に住まう。おとなの余裕が生まれる。===

+90ミリの違いから生まれる贅沢感

設計の際に用いる寸法単位も1スパンが910mmの尺モジュールではなく、1000mmのメータモジュールを採用しています。ゆったりとした空間の広がりを活かせるようシンプルで上質な素材だけを選び、大人テイストなイタリアンデザート<アフォガート>風に仕上げました。日本の住宅では狭くなりがちな廊下や階段、お風呂などもワイドな仕上がりに。空間に広がりが生まれ、見た目の贅沢間以上に、使い勝手もアップしています。一日の大半を過ごすLDKには、南側に設けたウッドデッキに面してL字型に大窓を配置。ソファー周りにもダイニングにも、明るい光が差し込みます。リビング続きの和室は約10畳もあり、開放すると22畳を超える大空間に。玄関ホールを起点に、和室側・LDK側のどちらからでもぐるっと一周できる廊下型の間取りが、日々の動線をスムーズにしています。

+注文住宅だから叶うこだわりあれこれ

今回は土地の広さを活かした自由度の高い設計が行われたこともあり、水回りの仕様や生活動線、収納スペースの確保などで「家事楽」を叶える、ベストな間取りプランに落とし込むことができました。とくにF様邸では、玄関・廊下・各部屋等よく使う場所以外にも屋根裏や外壁側に収納を設け、つい溢れるモノを上手に片付けながら機能的に暮らす暮らす工夫をご提案。また、家づくりが進むなかで生まれた多様なご要望にも、可能な限りお応えしました。


NAGAJYU DESIGN LABOの家づくりはこちらをクリック!