PLDD(レーザー手術)

主な特徴

  1. 切らない日帰り治療
  2. 治療は20分程度
  3. 局所麻酔なので高齢の方、糖尿病など基礎疾患をお持ちの方にも対応できます
  4. 長期経過後に影響が起こり得る薬剤(血液製剤を含む)は使いません(もちろん残留するモノなんてありません)

概要

椎間板のほぼ中心部にある髄核をレーザーで蒸散、減量させることで椎間板の内圧を減衰させ、神経への圧迫を軽減することで痛みをはじめ痺れ(しびれ)、筋力低下など 椎間板ヘルニアの諸症状改善を図ります。

実際のビデオ

実際のレーザー手術は穿刺部位の清潔を確保するために小窓のあいた風呂敷くらいの大きさのドレープ(覆布)をかけたりして大げさですが、手技自体は 腰に注射をしている位にしか見えない意外と地味な治療です。しかし深部まで精密に進める穿刺針の先端位置は正確に把握する必要があり、X線透視を用います。ここではX線透視の録画を御覧頂きますが、 徹底した消毒(10~15分程度)と局所麻酔の後、X線透視下に行う手術本体の録画です。

ここでは2例、①L4/5と②L5/Sの症例です。両症例ともヘルニアの突出が大きいので、通常のPLDDのターゲットである椎間板中心部(赤い丸)に加えてヘルニアそのものの基部(ミドリの丸)にもレーザーを照射して減圧効果を高めました。なおX線透視は穿刺針を操作する時だけしか使いませんので2箇所の操作で2分前後の画像しかありませんが、穿刺針の操作はこれがすべてです。 (編集で手早いように見せているわけではありません。)レーザーの照射時は(針は動かないので)X線は使わず蒸散音を確認しながら慎重に減圧をすすめていきます。画面左下に各々 時刻が表示されていますが左の症例で開始18:56、終了19:07、右の症例で開始14:10、終了14:20と10分程度です。どちらも中心とヘルニア基部の2箇所を処置 をあわせての所要時間です。もちろん時間を競うつもりではありません。術前のプランニングで問題点を排除することで手術を円滑に進め、本質的な治療に専念することを目的としています

L4-5.mp4

L4/5椎間板の症例

L5-S.mp4

L5/S椎間板の症例