先端技術活用推進研究室

制御情報コース 卒研 岩佐班

ニュース

  • 2019年6月日:制御情報コース5年(卒研岩佐班)の前田耕輔君が、日本高専学会2018年活動奨励賞を受賞しました。
  • 2019年6月15日:三重県名張市つつじヶ丘小学校6年生が近大高専に来校し、プログラミングの授業を受講しました。
  • 2019年5月:三重県名張市南中学校中学1年生が近大高専に来校し、プログラミングの授業を受講しました。

研究テーマ

聴覚障がい者のための情報保障に関する研究

自動音声認識、拡張現実感(AR)を活用して、聴覚障がい者のための情報保障の仕組みを構築する研究を行っています。

仮想現実感・拡張現実感に関する研究

仮想現実感(VR)、拡張現実感(AR)、複合現実化(MR)に関する研究を行っています。

2019年度は、名張にある夏見廃寺(なつみはいじ)の再現VR環境の中で、忍者体験ができるゲームの制作を通じて、プログラミングや、VR・AR・MRに関する技術の習得をおこなっています。


プログラミング教育に関する研究

2020年から小学校でもプログラミング教育が必修化されます。

地元名張市・伊賀市のほか、奈良県の市区町村とも協力しながら、小中学校で使いやすいカリキュラムや教材の開発や、ワークショップ教材の開発に関する研究を行っています。


深層学習(ディープラーニング)の活用に関する研究

2012年以降のディープラーニング技術の発展と応用分野の広がりには目を見張るものがあります。

画像処理、自然言語処理の分野に深層学習を適用し、いろいろなシステムを開発する研究を行っています。

メンバー

  • 教員
  • 本科5年生
    • 梶原柾希
    • 河村開
    • 杉森 悠平
    • 中村周斗
    • 平拓海
    • 前田耕輔
    • 山部左近