みんなのかどま大学

2018/11/18(日) オープンキャンパス公開講座を開催!

後期の開講に向けて秋のオープンキャンパスを開催します。特別公開講座として下記内容の講演会を準備しておりますので、皆さんふるってご参加ください。講演会終了後、後期カリキュラムの説明会を実施します。

日時:2018年11月18日(日) 14:00~16:00 場所:門真市民プラザ3階 セミナー室

内容:講演テーマ「あなたも含めて、誰もとりこぼさない地域づくり~「思いこみ」「決めつけ」に気付くことから始めてみる~」

講師: 與那嶺 司先生 神戸女学院大学文学部総合文化学科教授・NPO法人おおさか行動する障害者応援センター副代表 場所:門真市民プラザ3階

2018/11/1(木) 2018年度後期受講生募集開始!

12月から開始の講座をご案内しております。当ホームページ後期カリキュラムのページでご案内しております。バラエティー豊かな講座を準備しておりますので、積極的に受講してみてください。新たな仲間との出会いが楽しめますよ!!

お問い合わせは気軽にメール、お電話でご連絡くださいませ。

電話:090-9169-9491 メール:mori@kotohajime.org

2018/8/22(水)「認知症カフェを創ろう講座」を開催:ハッピービーンズカフェでゆめ伴カフェの実践

最終回となる今回は、認知症のスペシャルスタッフのサポートとして、本講座の受講生が活躍してくれました。カフェの場所はハッピービーンズカフェ。来店するお客様は介護や福祉の関係者などでしたが、合計60名近くのお客様が来店されました。このカフェにおける受講生の役割は認知症の方ができることを活かして活躍でき、輝くことができるようにサポートすること。この写真を見たらわかるように、どの人もみな輝いています。受講生の皆さんのさりげないサポートが功を奏したようです。皆さんお疲れ様でした!

2018/8/22(水)「健康を学ぶ講座」を開催:講師 山下修平先生(牧リハビリテーション デイケア門真)

最終回の今回は認知症予防について学びました。認知症を診断する際のテストを実際に行ってみたり、簡単な体操などを行いました。認知症になると自覚はあるのか?などの質問もありましたが、認知症になると自覚することは難しいようです。だからこそ、周囲がご本人を傷つけないように、早めに適切な医療につなげることも重要なのかもしれません。また、糖尿病の方、脳梗塞の方は認知症になる確率が高いとのことですので、日頃から健康に気を付けて暮らすことは認知症予防につながることにもなります。かどま大学に参加することそのものが十分な認知症予防につながっていると思いますので、後期もぜひ皆さんご参加くださいね!

2018/8/18(土)「かどまの歴史講座」特別社会見学編~みんなで学ぼうパナソニックミュージアム見学~

今日の午後からは、門真の歴史を見て学ぶためにみんなでパナソニックミュージアムへ見学に行ってきました。リニューアルされたミュージアムは、松下の歴史の重みを感じる見応えのある展示でした。電気製品の変遷を見ながら、「子どもの頃はこんな電球やったなあ」「初めてラジオ見た時は、中に人が入ってると信じとったわ」など、昔話に花が咲きました。皆さんでワイワイ言いながら遠足気分で楽しかったです!

2018/8/18(土)「まちづくり講座」を大阪国際大学にて開催:講師は大阪国際大学の学生さん

今回は特別に大阪国際大学にて「まちづくり講座 ~学生さんのまちづくり実践を学ぶ~」を実施、学生さんによる、まちづくりの実践についてお話をしてもらいました。まちづくりにおいて学生さんは、社会的な側面で客体として「呼び水」の役割があるなど、色々な学びをえました。本校の学生の皆さんにとっても、本物の大学で学ぶことができることが楽しく、また行きたいという声があがっていました。

2018/8/8(水)「法律を学ぶ講座」を開催:講師:喜多啓公先生(守口門真総合法律事務所弁護士)

前期最終回となる今回は、最近のハヤリ?の詐欺の手口などについて教えていただきました。そして「だまされやすさチェック」も行いました。自分は絶対にだまされないと思っている方ほど、危ないかもしれません!お忙しい中、前期の講義を担当してくださった喜多先生、堀場先生、ありがとうございました。

2018/8/8(水)「人生宝物発見講座」を開催:講師 道場明子先生(はっぴい・ムーブメント代表)

笑顔をテーマにしたとても楽しい講座でした。

笑顔のパワーってすごかったんです。無理やりでも笑顔を作るといいんです。脳がその笑顔に反応するらしいです。美容効果やら、免疫向上、ストレス発散、脳にも血糖値にも、人間関係にも。。。

そして魅力的な笑顔になるための、顔の筋肉をほぐす練習。道場講師が見本を見せてくださいました。決して変顔をしているわけではありません。顔を伸ばしたり、口の中に空気をためて上下左右に転がしたり、顔の筋肉が少し疲れましたが、心地よい筋肉疲れで毎日やってみようと思いました。子供は一日400回も笑い、大人になると極端に笑顔の回数が減ってくるとか。笑顔を妨げるものに、悩み、愚痴、怒り。愚痴は心のゴミを撒き散らして、怒りは毒素ですという言葉にはドキッとしました。一番身近な家庭で、笑顔作ってますか?という道場講師の問いに、みんな大盛り上がりです。怒りの毒素振りまいてる〜と気付かされ少し反省ながらも、笑顔あふれる講座でした。

2018/7/28(土)「かどまの歴史講座」を開催:講師 中川利幸氏・中平勝重氏(市民学芸員)

講師は市民学芸員の中川さんと中平さん。本当に研究熱心で、講義の資料も手書きできれいにまとめてくださいます。パソコン打ちの資料しか見かけない今日この頃ですが、手書きの資料は味わい深くて、講師の個性も輝いて素敵ですね。今回は大塩平八郎の乱に焦点をあてた門真の歴史について教えてもらいました!来月の講義、8/18(土)は、パナソニックミュージアムへ皆さんで遠足に行く予定です!

2018/7/25(水)「健康を学ぶ講座」を開催:講師 梶山良平先生(牧リハビリテーション病院 言語聴覚士) 高橋杏奈先生(牧リハビリテーション病院 管理栄養士)

今回はなんと牧リハビリテーション病院で開催しました。病院の玄関を入ると何やらホテルみたい。そして2階のリハビリ室はとても広く、たくさんのリハビリ専門職の方々が患者さんの機能訓練をされていました‼️研修室では、言語聴覚士の梶原先生と管理栄養士の高橋先生から嚥下障害などについて教えて頂きました!ゼリーやトロミお茶?なども準備していただき、飲み込み力に関する体験もしました。日頃、当たり前に飲み込めている自分のノドに、思わずありがとうという気持ちになりました。

2018/7/25(水)「認知症カフェを創ろう講座」を開催:講師 藤原康子氏(グループホーム門真千寿園 管理者)

8/22の本番に向けて、ハッピービーンズカフェさんで、認知症のスペシャルスタッフさん9名も参加してリハーサルを行いました。認知症のスペシャルスタッフさんは、昔の体に染みついた記憶がよみがえるようで、エプロンを着けたら身のこなしが完全に「おもてなしモード」に変わられ、とてもいい感じでした。5月、6月で受講生の皆さんと、どんな認知症カフェにしていくか意見を出し合い、7月はリハーサル、そして8月は本番と、形のないところから形を創りつつあります。認知症になっても高齢者になっても輝けるカフェでありたいと願って「ゆめ伴(とも)カフェ」と名付けました。かどま大学でゆめ伴カフェを産み出し、秋以降は、ゆめ伴プロジェクトで引き継いで開催していく予定です!

2018/7/11(水)「人生宝物発見講座」を開催:講師 道場明子先生(はっぴい・ムーブメント代表)

みんなで仲よくなるための、うれしはずかしの秘密のジェスチャー?から始まり、深呼吸の時にするイメージの仕方。これ面白かったです。宇宙に遍満すあらゆるよき事を吸って、自分の中に溜まっている悪いもの全部出すっていうイメージ。道場講師の、「みんな何を吸い(込み)たいですか?」という問いに「健康!」「若さ!」「幸福!」「豊さ!」などそれぞれ。息するだけでも意識すれば、体にも心にも良い方法があるんですね。体も動かせて笑いあり、そして自分の良さを思い出し。いつまでもイキイキ、日頃のちょっとした工夫で認知症予防に役立つ方法が学べる講座でした。

2018/7/11(水)「法律を学ぶ講座」を開催:講師:喜多啓公先生(守口門真総合法律事務所弁護士)

今回は、認知症になったら財産管理はどうするの?をテーマに成年後見制度について教えてもらいました。成年後見制度の名称はよく耳にするようになりましたが、具体的なイメージがなかなか難しいですよね。今後、門真市でも市民後見人も養成していく予定となっています。家族の中でお金のもめごとは避けたいですよね。そのためにも、自分自身や配偶者が認知症になったら家族がもめないためにも、成年後見制度を理解しておくことをお勧めします!

2018/6/27(水)「健康を学ぶ講座」を開催:講師 紙谷拓樹先生・大野博幹先生(牧リハビリテーション病院 理学療法士療法士)

ロコモティブシンドロームについて教えていただきました。ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。みんなで自分のロコモ度がいくつかを測定。車に頼って生活している私のロコモ度はとても自慢できません。階段の昇降は筋力アップには効果的なようです‼️皆さんもエレベーターを横目に階段歩いてみませんか!来月7/25(水)の講義は牧リハビリテーション病院で行います。お楽しみに!

2018/6/27(水)「認知症カフェを創ろう講座」を開催 講師:角脇知佳氏(デイサービスりんく門真 施設長)

今回は、山川眞由美さんにご協力いただき、認知症のお母さまとの日々の暮らしで感じることや、お母さまの気持ち、そして家族の想いを語っていただきました。「母は、認知症になってもやはり「ありがとう」と言われたいし働きたい、活躍したいと思うのです」という話が印象的でした。8/22の最終講座ではハッピービーンズカフェとコラボ企画で、認知症の方がスタッフとして活躍するカフェを実践する予定です。具体的な内容について、皆さんでアイデアを出し合いました。本日の講座にもグループホーム職員と一緒にスタッフ予定の認知症の方が参加されました。認知症になる前は厨房で働いていたこともあり、料理や水回りの仕事はお得意とのこと!すでに下見もされ、スタッフとして参加することを楽しみにされているようですよ。みんなでおそろいのエプロンはどんなのがいいかな〜、テーブルにどんなメッセージカードを置いたらいのかな〜と、認知症の方々が輝くカフェのイメージを考えている私たちが、一番ワクワクしていま〜す(^o^) 。次回7/25はハッピービーンズカフェで8/22の開催に向けた準備を行います。お楽しみに!!

2018/6/16(土)「かどまの歴史講座」開催:講師 中川利幸氏(市民学芸員)

市民の視点で郷土かどまの歴史を考える講座。講師の中川氏は日頃から研究熱心で博学でおられます。今回の講師を担当していただくにあたっても、丁寧に資料を作成していただきました。中川氏のノートには研究資料の転記がびっしり記入されています。門真について何か知りたいことがあれば、中川さんにぜひお聞きください!なんでも正しく回答してくれますよ!!


2018/6/13(水)「人生宝物発見講座」開催 講師:山之上裕子先生(はっぴい・ムーブメント心理カウンセラー)

今回は、「私の生い立ち」を各自がありのまま書いてみるという講義でした。父親のこと、母親のこと、家庭環境のこと、12歳ころまでで思い出すことを良いことも嫌なことも書いていいですよ、と言われ、なぜか素直に心の中にあるネガティブな感情も表現することができました。最後には「与えられた愛」を振り返って書く時間に…。すると、何やらポジティブな感情になり、心も軽やかになりましたよ!次回、7/11(水)の人生宝物発見講座はいっぱい笑う予定とのことですので、お楽しみに!☆飛び入り参加も可能(400円)

2018/6/13(水)「暮らしの法律を学ぶ講座」を開催 講師:喜多啓公先生(守口門真総合法律事務所弁護士)

前回の遺言に続き、今回はみんなの関心の高い相続について、とてもわかりやすく講義していただきました!相続に関連して、現在の社会的な課題の「空き家問題」の意見も飛び出しました。そして、先生からなんと可愛らしい「終活ノート」を皆さんにプレゼントしてくださいました。

次回、7/11(水)の講義は認知症になったら財産管理どうする?と題して成年後見制度などについて学びます。おたのしみに!(飛び入り参加も可能です。1回400円)

2018/5/19(土)「かどまの歴史講座」を開催 講師:中平勝重氏(市民学芸員)

市民から見た郷土かどまの歴史、ということで昨年の本校受講生の中平氏が今年度は講師として登壇してくださいました。参加された皆さんと、ざっくばらんに語り合いながら、かどまの歴史の魅力に引き込まれた時間となりました。年配の受講生の皆さんが、「昔の門真は~」と語られるお話に生きた歴史を感じることができ、さらにかどま愛が深まりました!

2018/5/19(土)「まちづくり講座」を開催 講師:小竹森晃

今日は、まちづくりに関して各自がどのような意見を持っているのかを議論しました。まちづくりは誰かがしてくれるもの…と思ってしまいがちです。そうではなく、まずは、自分の生活の周囲を見回して、各自が感じている課題をみんなで話し合うということの重要性を学びました。自分の意見を持ち、発言することは勇気が必要ですが、この講座ではお互いの価値観を尊重して意見交換をしています!

2018/5/9(水)「人生宝物発見講座~もっと自分を知ろう~」を開催 講師:山之上裕子氏(はっぴい・ムーブメント心理カウンセラー)

自分の性格ってわかっているようでわからないものですよね。色々な質問項目に回答しエゴグラムを使って自分の性格を分析しました。そしてなりたい自分も分析。どんな性格でもプラス面もマイナス面もあります。 自分の性格を知ることで他者とのコミュニケーションがうまくいきそうな気持ちがしてきました!

2018/5/9(水) 「暮らしの法律を学ぶ講座~遺言ってどう書くの?~」を開催 講師:喜多啓公氏(守口門真総合法律事務所 弁護士)

遺言を自分で作成するうえでのポイントを教えていただきました。娘や息子たちにも遺言を書いておいたことや保管している場所などは伝えておくほうがよいとのこと、確かにそうですよね。遺言は、残された家族がもめないために作成することが大切なのだそうです。

2018/5/9(水)前期講座がスタートしました!

本日より、みんなのかどま大学の前期講座がスタートしました!期間途中から受講申し込みも可能です。また、飛び入り参加(1回400円)も可能ですので、お気軽にご参加くださいね!

2018/4/8(日)「春のオープンキャンパス」を開催しました!

昨年度から継続して受講されている方、そして、初めてご参加いただく方など、たくさんご参加をいただきありがとうございました!本学をいつも応援してくれている大阪国際大学の田中優先生からは、本学で市民同士が学び合うことで一人一人が変容し、そして成長することにより地域社会を変えていくことができる!と熱いメッセージを頂きました。みんなのかどま大学が、受講生の皆さんと共に地域社会に良い影響を与えられる存在になれるように、知恵を絞っていきたいと考えています。ぜひ皆さんで一緒にみんなのかどま大学を創り上げていきましょう!

2018/4/8(日)「春のオープンキャンパス」を開催します!

2018年前期講座開講を前にオープンキャンパスを開催します。大阪国際大学の田中優先生による講演と、大学及びカリキュラムの説明会を予定しています。本校へ入学ご希望の方や、「どんな大学なのかな?」と関心のある方はぜひご参加ください!

日時:2018年4月8日(日) 10:00~12:00

場所:門真市民プラザ3階 会議室

費用:無料

*どなたで参加していただけます!申込不要、先着40名様まで。

2018/03/10 「2017年度 後期卒業式」開催

11月から始まった2017年度後期カリキュラムを修了し、卒業交流会を行いました。学生の皆さんが、大学以外で活動されていることなどを発表してもらいました。ハーモニカ演奏、太極拳、手品、幸福の最中の試作品発表、介護者家族のおしゃべりサロンの活動などの発表がありました。皆さん、いつまでもキラキラされていて素敵でした!みんなのかどま大学が設立して早や1年。2018年度も「出会い ふれあい かどま愛」を大切に、皆さんで楽しく過ごせる大学をめざしたいと思います!!

2018/2/17 「門真市第5次総合計画を見てみよう」(まちづくりコース) の講義を実施:講師 小竹森 晃

「わがまちが、どのような計画でまちづくりが進められているのか?」ということにあまり関心を持たずに暮らしている方も多いのではないでしょうか。本日の講義では、門真市第5次総合計画の冊子(かなりのボリューム!)に目を通してみました。市民としてこれらの計画が実行されているのかをチェックする視点も必要です。門真市ホームページでもダウンロードできますので、皆さんぜひご一読くださいね!

2018/2/10 「大阪国際大学ツアー」特別講義を受講

大阪国際大学の先生方及び地域協働センターのご協力により、みんなのかどま大学の学生だけを対象に特別講義を開催してくださいました。テーマは「地域における大学の意義・連携、学生さんの地域での実践事例」。なんと3名の先生方が講義をしてくださいました。どの先生のお話も、とてもわかりやすく、心打たれる内容でした。今後も大阪国際大学と連携しながら、みんなで学びを深めていきたいと思います!大阪国際大学の先生方、地域協働センターの皆様、貴重な機会をつくって頂き、本当にありがとうございました!!(とても素敵なキャンパスでした!)

2018/2/7 「門真の未来マップを作ろう」(ひまつぶしコース)の講義を実施:講師 新谷 純子

私がおすすめする門真のスポットを各自が持ち寄り、マップを作りました。知っているようで意外と知らないこともたくさんあります。みんなで付箋を貼ってマップを眺めると、とてもたくさんのおすすめスポットが見つかりました!もっとたくさんの人に聞いてみたら、もっとたくさんの魅力ある場所が発見できるかもしれませんね。

2018/2/7 「認知症、でも大丈夫!~認知症になっても暮らしやすいまちづくり~(社会福祉コース)の講義を実施:講師 森 安美

私たちのまちは、自分が認知症だと想像したときに暮らしやすいまちになっているのでしょうか?どんなまちだったら、認知症になっても暮らしやすいのでしょう?そのためにどうすればいいのかな?ということをみんなでディスカッションしました。やはり地域のつながりが希薄であることが大きな課題であり、その解決策のためには、認知症の方もこどもも大人も自然につながることのできる取り組みが必要ではないかとの意見もありました。来年度は、認知症の方にとって居心地がよく誰でも集える認知症カフェを創る講座を検討していますので、実践してみたいと思います!!

2018/2/7 「認知症、でも大丈夫!~福祉用具の活用方法~(社会福祉コース)の講義を実施 講師:伊波葉月氏(フランスベッド㈱)

福祉用具といっても杖から介護ベッドまでいろいろあります。そして一人ひとりの生活スタイルや身体状況に合わせてどのような福祉用具を選べばいいのか、実際に福祉用具を見ながら学びました。いろいろ用具の種類があって大変!!でも大丈夫。福祉用具専門相談員が訪問して選定してくれるんです。「介護保険ではレンタル料の1割(2割)で利用できるなんて知らなかった!」との声も聞かれました。

2018/1/20 「今さら聞けないバブル崩壊を解説!」(グローカルコース)の講義を実施 講師:川上俊二

バブルとは?なぜバブルは崩壊したのか?そして、2018年は好景気になるのか???私たちの暮らしに経済、政治、生活は切り分けられません。バブル時代の学びを活かし、どこに価値をおいて生きていくかを自分自身の明確な考えを持っておくことが、これからの時代を生き抜く術であることがわかりました!


2018/1/20 「総合計画って何だろう?」(まちづくりコース)の講義を実施 講師:小竹森 晃

全国にあるちょっとユニークな条例を検索!京都の日本酒で乾杯条例や、鹿児島県志布志市の子ほめ条例、和歌山県みなべ町の、梅干しでおにぎり条例など地域性豊かな条例がたくさんあることがわかりました!

次回は、門真市第5次総合計画」をみんなで見る予定です!お楽しみに!

2018/1/10 「リサイクルプラザ」へ社会見学に行きました!

私たちのまちのゴミは、いったいどのようにして処理されリサイクルしているか知っていますか?今年初めてのひまつぶしコースの講義はリサイクルプラザへの社会見学を行いました。職員の方からのレクチャーとゴミが焼却されるまでの工程を見学。百聞は一見に如かず、本当に深い学びとなりました!(詳細はレポートをご覧ください!)

2018/1/10 「認知症、でも大丈夫~自宅での暮らしを支える~」をテーマに講義を実施。

講師:名本あゆみ氏(牧リハビリテーション病院デイケア門真)


2018/1/10「認知症、でも大丈夫~安心できる暮らしの場~」をテーマに講義を実施。

講師:矢野大輝氏(街かどケアホームれんか 施設長)