MC研究会

冬期講習

趣旨

生体運動制御の理解はBehavior, Biomechanics, Brainの3つのBによってはじめて可能になると言われています。このことからも生体運動制御は学際的分野であることが分かります。そのため、研究をスタートするまでに比較的多くの知識が必要であるのに対して、これら知識を体系的に勉強する機会が整っていませんでした。

そこで、MC研究会では冬期講習と題し、主に本分野の研究をスタートして2年以内の学生や研究員を対象に、計算論から神経生理までをコンパクトに勉強する機会を用意しました。 運動制御を構成する基盤として神経基盤、計算基盤、機能回復の基盤の3点に関して各専門家が講義を行います。


プログラム&実行委員会:井澤(筑波)、石川(東京都医学総合研究所)、神原(東工大)

開催情報

期日:2019年1月5日(土曜日)、1月6日(日曜日)

場所:国立精神・神経研究センター 研修棟(多目的室・ユニバーサルホール)

対象:運動制御分野で研究を始める段階、もしくは研究を始めて2年以内の学部生、院生、研究員

参加費:1000円

プログラム

1日目

9:30 受付開

I. 運動制御の神経基盤

10:00-11:30 脊髄・筋・末梢神経 (武井)

11:30-13:00 昼食+学生プレゼン(一人5分程度)

13:00-14:30 中枢ネットワーク (筧)

14:45-16:15 眼球運動システム(平田)

II.運動制御の計算基盤

16:30-18:00 運動計画と実行・学習(井澤)

2日目

9:00-10:30 力学・自由度・最適化(平島)

10:45-12:15 制御メカニズム(船戸)

12:15-13:00 昼食

III. 運動機能の回復基盤

13:00-14:30 機能回復の実際と電気生理的手法(牛場)

14:45-16:15 修復・回復のメカニズム(西村)

閉会の挨拶

16:30-17:30 ファカルティミーティング


Important Dates

2018/12/21 レジストレーション締め切り(募集人員(35名)に達し次第締め切り)