会期:平成29年11月18日(土)〜11月19日(日) 会場:桐生市市民文化会館

第11回東北糖鎖研究会・GlycoTOKYO 2017開催にあたって

例年、独立に開催している研究会ですが、本年は群馬大学が両会の世話人を担当することとなり、関東平野のはじまる地、東北地方とも接する群馬ということで両研究会を合同シンポジウムとして群馬県桐生市にて開催する運びとなりました。両会で培ってきた歴史を尊重しつつも、東北を拠点としている研究者と関東地方を拠点としている研究者の交流により、糖質科学の新たな潮流が生まれるようなシンポジウムにできればと考えています。両会を合同で開催するにあたり、特別企画として博士課程の学生が企画するシンポジウムを開催します。若い世代の糖質研究者の横のつながりが生まれることを期待します。

桐生は古くから絹織物の産地として知られ、桐生織は京都・西陣の西陣織と並び称されています。桐生市内には数多くの歴史的建造物、史跡などの文化財が残されています。渡良瀬渓谷の紅葉も色づく季節の開催となります。糖質科学とともに昭和風情あふれる桐生の街をお楽しみいただけたらと思います。

みなさまのご参加をお待ちしております。

開催概要

会期 :平成29年11月18日(土)〜11月19日(日)

会場 :桐生市市民文化会館 4Fスカイホール

〒376-0024群馬県桐生市織姫町2−5

http://www.kiryu-piif.jp/index.html

懇親会 :

【日時】平成29年11月18日(土) 17:30~

【会場】桐生市市民文化会館 4F国際会議室


主催 : 東北糖鎖研究会・東京糖鎖研究会

世話人問い合わせ:

群馬大学大学院 理工学府 分子科学部門 松尾 一郎

E-mail: kiryuglyco@chem-bio.gunma-u.ac.jp

Copyright © 東北糖鎖研究会・東京糖鎖研究会合同シンポジウム, All Rights Reserved.