卒業後の進路

群馬大学 理工学部 化学・生物化学科

伝統と豊富な人脈

化学・生物化学科には100年を超える歴史があり、現在は毎年約180名の卒業生を社会に輩出しています。これらの卒業生達は社会で大いに活躍しています。

この豊富な卒業生達が皆さんの将来を様々な場面でサポートしてくれます。

注. 3年次編入生や総合理工学科 化学・生物分野の学生を含む

平成28年度卒業・修了した人の進路・就職先

学部生の進路

学部を卒業した学生の約6割が群馬大学大学院理工学府(修士課程)に進学します。

大学院修士課程の学生の進路

高い進路決定率(99%)

99%の人が就職したり、博士後期課程に進学したりと進路を決めています。

注:「その他」のうち3名は留学生で、帰国後に就職活動を行っています。進路決定率は、この3名を除いて計算しています。

主な就職先

化学系製造業:アキレス、関東化学、関東電化工業、セントラル硝子、東洋エアゾール工業、日清紡ホールディングス、日東電工 、日本カーリット、日本製紙、日立化成工業、丸善石油化学、ユニチカ ほか

医療・医薬系製造業:大塚製薬、小野薬品工業、富士薬品 ほか

食品系製造業:赤城乳業、第一屋製パン、滝沢ハム ほか

その他製造業:曙ブレーキ工業、いすゞ自動車、太陽誘電、リガク ほか

官公庁:東京消防庁、埼玉県庁、前橋市役所 ほか

高校教員:岩手県立大槌高等学校、桐生第一高等学校

その他:東京大学(知財関係)、量子科学技術研究開発機構(国立研究所)、横浜銀行 ほか

卒業生の活躍など

花王株式会社 伊平 寛

大学時代に得られた幅広い知識が、今でもアイディアの発想・実現の原動力となっています。

詳細、他の卒業生の紹介はこちらから

Copyright © 群馬大学理工学部化学・生物化学科, All Rights Reserved.