Operations Research Laboratory

中央大学 数理モデル研究室

Analysis of Traffic Flow in Public Transportation Networks based on Time-space Network and User Equilibrium Principle

中央大学 数理モデル研究室は公共交通機関,時間依存交通流,時空間ネットワーク,利用者均衡について研究しています.


2018/10/09

田口東教授の解説が、週刊ビジネス誌『日経ビジネス』2018.10.8号に掲載> 詳細

2018/09/20

田口東教授,高松瑞代准教授が日本応用数理学会に発表した論文「通勤時間帯の駅構内における購買行動の数理モデル」が2018年論文賞(実用部門)を受賞> 詳細

2018/08/22

田口東教授が8月23日(木)夕方6時台放送予定 東京MXテレビ『TOKYO MX NEWS』において、東京オリンピックについての取材に協力> 詳細

2018/08/20

『小池都知事肝いり! なぜ、時差Bizが成功しないか』に対する田口東教授の解説が、ビジネス誌『プレジデント』2018.9.3号に掲載 > 詳細

2018/07/25

田口東教授が「東京オリンピック」関連ニュースで連日メディアの取材に協力・出演 > 詳細

2018/07/20

田口東教授が読売テレビ『ウェークアップ!ぷらす』にて「東京オリンピック」の取材に協力 > 詳細

2018/07/17

「東京五輪は通勤混雑緩和の好機」ー田口東教授の東京五輪における混雑緩和に関する提言が日本経済新聞「私見卓見」に掲載 > 詳細

2018/07/09

NHKニュース『首都圏ネットワーク』にて「時差Bizとオリンピック開催時交通混雑緩和について」の取材に協力 > 詳細

2018/07/01

五輪開催時における首都圏交通網の予測と混雑緩和策に関する記事がYOMIURI ONLINEから配信. > 詳細

2018/06/04

五輪開催時における首都圏交通網の予測に関する動画解説記事が朝日新聞デジタルから配信. > 詳細

2018/05/28

五輪開催時における首都圏交通網の混雑予想と解決策に関する記事が朝日新聞 be on saturdayに掲載 > 詳細

2018/05/15

五輪開催時における首都圏鉄道網の混乱の予測とコメントが夕刊フジに掲載. > 詳細

2018/05/09

AFP通信の取材に協力し、世界各国に記事が配信. > 詳細

2018/05/02

TBS「あさチャン」にて「オリンピック開催期間中の首都圏鉄道ネットワークの混乱」の取材に協力. > 詳細

2018/05/01

五輪開催時における首都圏鉄道網の予測が朝日新聞に掲載.

『東京五輪、朝ラッシュ時に鉄道止まる恐れ 中大教授試算』 > 詳細

2018/04/20

鳥海 重喜 准教授,東京海洋大学 渡部 大輔氏と共著にて,日本都市計画学会に発表した論文「東京オリンピック・メインスタジアムへの観戦客に対する新宿御苑を活用した動線計画 -時間拡大ネットワークを用いた徒歩流動モデルによる評価- 」が2017年年間優秀論文賞を受賞. > 詳細

2018/04/12

4月12日放送 NHKニュース 首都圏ネットワークにて,「五輪期間中の首都圏の交通の課題 」の取材に協力. > 詳細

2018/04/06

五輪開催時における首都圏鉄道網の予測が朝日新聞に掲載.

『前例なき「祝日の大移動」 五輪の混雑緩和以外に思惑も』 > 詳細

2018/02/02

2月1日放送のTBS News23にて,「降雪時の電車混雑の原因」の取材に協力. > 詳細

2017/11/23

11月25日放送 TOKYO MX『田村淳の訊きたい放題』において「通勤時の満員電車問題」のインタビュー取材に協力. > 詳細

2017/09/04

五輪開催時における首都圏鉄道網の予測が朝日新聞に掲載.

『議連「五輪開会日を祝日に」 法改正案の来年提出を確認』 > 詳細

2017/08/03

東京五輪開催時の交通混雑予測に関する取材に協力し,2017年7月24日(月)テレビ朝日「スーパーJチャンネル」の「東京五輪・開幕まで3年・観光客急増で混雑予想」トピック内で放送. > 詳細

2017/03/15

日本オペレーションズ・リサーチ学会 2017年春季研究発表会(沖縄県市町村自治会館)にて, 田口 東 教授の近藤賞受賞・特別講演 「電車・駅の旅客流動を高精度に推定する数理計画モデルの作成プロセス ―2020 東京オリンピック・首都圏公共交通ネットワーク・新宿駅―」. > 詳細

2016/07/19

株式会社ナビタイムジャパンが独自に開発した, 交通利用情報サービス「電車混雑予測」がJCOMMデザイン賞を受賞. 田口 東 教授が進めている「首都圏電車利用客の均衡配分」の研究の視点が活かされています. > 詳細

2016/04/30

東洋経済ONLINEの記事 「満員電車は回避可能?電車の混雑予測が進化-東京オリンピックの鉄道、現状では混乱必至」 の取材に協力. > 詳細

2016/03/02

慶応義塾大学日吉キャンパスにて,「日本オペレーションズ・リサーチ学会 2016年春季シンポジウム(第75回)」 が開催. 田口 東 教授が「東京オリンピック観戦客輸送の余裕を首都圏電車ネットワークは持っているか」について講演. > 詳細

2015/10/23

1999年度情報工学科卒業 (田口研究室卒業研究) の鈴村賢治氏が白門祭「父母のための就職セミナー」で講演. 鈴村賢治氏はウェブ・マーケティングを専門とする企業の経営者であり,その分野のリーダーとして活躍しています. > 詳細

2015/05/06

毎日新聞 (5/6全国版防災面) の避難情報の伝達に関する記事取材に協力.

2013/04/25

高松 瑞代 准教授,田口 東 教授が日本都市計画学会に発表した論文 (国土交通省赤星健太郎氏他と共著) が2012年年間優秀論文賞を受賞. > 詳細

2013/04/22

「首都直下地震による鉄道利用通勤・通学客の被害想定」に関するアニメーションを公開. > 関連リンク

2013/03/04

日本OR学会春季シンポジウムにおいて「時空間ネットワークを使って電車・バスを円滑に接続する」について講演. > 関連リンク

2012/09/04

e-サイエンスに向けた革新的アルゴリズム基盤第3回シンポジウムにおいて「東日本大震災後,節電時の首都圏電車ネットワーク混雑シミュレーション」について講演.

2011/04/04

「東日本大震災による電力供給不足に対応した首都圏鉄道網運転調整の影響と分散乗車」を公開.

2011/03/22

日本オペレーションズ・リサーチ学会第12回業績賞を受賞. > 詳細

2006/03/09

鳥海 重喜 准教授 (当時院生),田口 東 教授が,日本オペレーションズ・リサーチ学会 第26回事例研究賞を受賞.> 詳細

Contact in English / Japanese